FC2ブログ

PCオーディオ(その35)


Macbook自作電源のマイナーチェンジ。

National Semiconductorの資料に、三端子レギュレーターLM-338Tのadjust端子にある電圧調整抵抗に10μF程度のタンタルコンデンサーをパラってやると更にリップル抑制力が増して安定するとの記述がありました。

早速、実行あるのみです。昔買った金田式部品のニチケミ・タンタル2.2μFを容量不足かもですが、入れてみると・・・う~ん、素晴らしい!弦の表情も一層多彩になり、低弦の力も増してきます。


数日後、金田式DACの記事の中に、OSコンデンサー10μFとニッセイ積層フィルムAPS0.1μFと同1,000pFコンデンサーを電源に使っているのを見て、これだ!と思って、再度、弄くってみました。

OSコンデンサー10μFは、金田氏の指定はないながらSPモデル(無酸素銅足)を使用。

音出ししてみて・・・少々解れず硬いけれど、恐ろしい程のリアリズムが感じられます。コントラバスの音階が実に明確で深く力強い~これはイケる!


さて、タンタルかOSコンか?
タンタルも根強い支持者がいるだけあって、一種の色付けがあるものの音楽と同化している趣が感じられて、なかなかの表現力です。OSコンはまだエージング不足な感じですが、聴けば聴く程に音が良くなってくるという凄みが尋常ではありません。


数日後の今日、判定を下しました。OSコン&ニッセイ組の圧勝です。やはりOSコンは、エージングに時間が掛かりますね。タンタルの10μFも試さずにはいられませんので、ビシェイのタンタル10μFも入れてみましたが、期待に反してこれは音色が変化に乏しく、固有の響きが付き纏ってNGでした。


Macbookの電源グレードアップ・・・冗談抜きで、物凄い効果があります!!!(^^♪

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ