FC2ブログ

PCオーディオ(その36)






金田式DAC、着々と製作進行中です。

MHIさんの基板を使わせて頂いて、ほぼ部品をハンダ付けし終えたところです。何せ、部品一つ一つの足をポリマールで磨いて、更にワンダーウォッシュで拭き取った上で装着・ハンダ付けですから、時間が掛かること掛かること!

USB入力基板もお気楽さんのところからゲットして、ICとUSB入力端子以外は例によって金田式部品を取り入れました。そのUSB入力基板の右上にあるのが、偶々ネットで発見した12MHz温度補償型高精度水晶発振器です。京セラキンセキ製と思しき発振器ですが、精度がどのくらいあるか?のちょっと怪しいブツ。ネット情報では実際に使用した方のコメントがあって、かなり音質向上に寄与しているとのことなので、これは期待が持てそうです。

そのUSB入力基板がデフォルトではUSBバスパワーなので(お気楽さんのところでは、敢えて簡便の為にUSBバスパワーを採用されています)、特性・音質の観点からセルフパワーに変更してあります。パターンを3箇所ほどカットして、必殺空中配線。PCM2704(SSOP)の足に直にハンダ付けするのは少々手間が掛かりますが、思ったほど大変でもありません。

DAIのCS8416の外部クロック入力端子OMCKは金田式ではアースにプルダウンされていますが、ここではIC下のパターンをカットして、外部クロックに繋げる様に変更してあります。ハードウェア・モードでは外部クロックを入れられない可能性もあるので、サーラス・ロジックに直接メールで照会中です。ソフトウェア・モードでないと駄目なら、それならそれでトライさせて貰います。

テクニカルサンヨーに特注したトランスが未着なので、まだ5V電源以外の調整・動作チェックが出来ていません。ケースも未だなので、考えないといけませんねー。(^^♪

スポンサーサイト



コメント

No title

こんにちは、初めまして。自分もPCオーディオをやっています。S9500もとても興味のあるSPなので今度是非お会いできればと思います。
http://akimitsu-audio.seesaa.net/

No title

y_akimitsuさん、初めまして。
貴HPも興味深いですね。最近、バタバタしておりまして、落ち着いたら日程を調整したいと思います。他に先約がありますので、かなり先の話になるかもしれません。

No title

Kapell様

初めまして。「お気楽オーディオキット資料館」から遡ってKapellさんのブログに辿り着きました。

自分も、頒布されたUSC-DACを作製しようとしている所で、Kapellさんと同じく、バス・パワーではなくセルフ・パワーでの作製を検討しています。

つきましては、セルフ・パワー化についてお教え下さい。

自分、セルフ・パワー化、USB端子のVBのところにUSB端子の出力を接続せず、+5Vを供給すれば良いのではと考えておりました(具体的には、VB→C3へのパターンを切断し、C3の+に+5Vへ供給)。

Kapellさんのブログには、「パターンを3箇所ほどカットして、必殺空中配線。PCM2704(SSOP)の足に直にハンダ付けするのは少々手間が掛かりますが、思ったほど大変でもありません。」とあり、悩んでしまいました。

セルフ・パワー化、自分が考えた方法で宜しいのでしょうか(Kapellさんはどの様にされたのでしょうか?)。

お手数ですが、宜しくお願い致します。

No title

赤いハリネズミ様、初めまして。

私のセルフ・パワー化方法は、以下の通りです。
PCM2704の4番ピンとCP間のパターンを切る。4番ピンはアースに接続。
同21番ピンからのパターンがTEST0&TEST1からVddに繋がるパターンに至る手前でパターンを切る。21番ピンはUSBジャックのVb(USB+5V)へ接続し、それとアース間に1MΩの抵抗を入れる。
(L1は取り去らない。)
10番ピンVbusは、7番ピンVddに接続。
10番ピンVbusからC4に至るパターンを切る。
7番ピン(Vdd)、13番ピン(Vccl)、16番ピン(Vccr)、20番ピン(Vccp)に外部から+3.3Vを繋ぐ。

これでうまくいくはずです。有難い時代でして、ネットでいろいろ検索すると、役立つ情報が沢山あります。取捨選択も大事ですが・・・。(^^♪

いずれにしても、改造は自己責任でお願い致します。

No title

Kapell様

早々にお教え頂き、有り難うございました。

教えて頂きました内容を理解してトライしたいと考えています。

> いずれにしても、改造は自己責任でお願い致します。
承知しております(^^)。

ブログ、引き続き拝見させて頂きます。また、色々お教え下さい。

No title

赤いハリネズミ様、ご健闘を祈ります。
今後共、ご贔屓にお願い申し上げます。♪

No title

Kapell様

今晩は。赤いハリネズミです。

漸くパーツ、集め終わりました。基板、回路図、PCM2704のデータシートとKapellさんから頂きましたコメントを照らし合わせて、理解に努めている所です。

頂きましたコメントの中の7番ピンについて判らないことがあるのですが、お教え頂けますでしょうか。

> 10番ピンVbusは、7番ピンVddに接続。

> 10番ピンVbusからC4に至るパターンを切る。

> 7番ピン(Vdd)、13番ピン(Vccl)、16番ピン(Vccr)、20番ピン(Vccp)に外部から+3.3Vを繋ぐ。
とコメント頂きました。7番ピンにはR5からの出力(VDD)が繋がっていると思われますが、この部分のパターンは切らなくて宜しいのでしょうか。今日、一日考え込んでいたのですがらちがあきませんでした。

お忙しいところ、お手数ですが、御教示頂けると有り難いです。

宜しくお願い致します。

No title

確かに7番ピンはVddに繋がりますが、R5を介してその先はR3ではなくR4です。8番ピンとD-を繋ぐのがR3です。
配線図にも時に間違いがありますので、ご注意下さい。大切なことは、いつも基本に立ち返ってです。(^^♪

No title

Kapell様

早々にお教え頂き、有り難うございました。連日遅く、しかもお礼を書き込める状態でなく(^^;)、お礼が遅くなってしまいました。

R3とR4、回路図と基板のパターンで入れ替わっていたとの由。やっぱり、そうだったんですよね。自分も、そうなのではと思っていました。

あと、Vcc、回路図ではC4のCp(10番ピン)の間から出ていますが、基板ではL1とC4の間から出ている様です。

質問させて頂いた件、7番ピンから伸びるパターンは切らず、3.3Vを供給すれば良かったのですね。勘違いしたようです。

有り難うございました。

パーツ、シャーシを除き揃いましたので、組み立て始め、まずはバラックでの動作確認を行おうと思っています。何せ、のろくて(^^;)。

それにしても、シャーシは高いですね。一番高いパーツかも知れません。

No title

赤いハリネズミさん、問題が解決した様で何よりです。♪
愈々組み立てですね。また何かご質問等がありましたら、ご遠慮なくどうぞ。
シャーシは音質上も大事なパーツなんですが、優先順位的に後回しになりがちで、余計な出費(高い)というイメージを持ってしまいますよね。(^^ゞ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ