FC2ブログ

PCオーディオ(その40)



金田式DAC、お陰様で何とか完成しました。

MHIさん、この場を借りて更めて御礼申し上げます。m(__)m

ただ、一つ問題なのは・・・USB入力がうまく出来ず、PC側で認識しないのです。12MHz温度補償型高精度水晶発振器に電源を繋ぐとDACから音が出なくなるので、既存の電源では何か問題が起きている様です。Fujiwaraさんの基板をバスパワーモードからセルフパワーモードに変更した部分も、少々怪しい気がしております。この辺はじっくり解明していきたいと思います。

それからUSBはondate.jpさんからのご指摘もありまして、いずれはFirewireを直接繋げるようにしたいと考えています。Firewire入力用の基板乃至回路を探して参ります!

金田式DACとは言え、純正からするとかなり変更してあります。カウンターポイントやアリアのアンプで知られたマイケル・エリオット氏ご推奨の部品Continental Capacitor Type Aも加えて、例によって出川氏のCPMも投入です。♪

Continental Capacitor Type A(無極性)は、5V電源のコンデンサー4,700μF×2(ニチケミKMG)を補強する意味で入れてみました。この大きさでたったの35μFしかありません。エリオット氏は、このコンデンサーについて「ボーカルの親密度が増す・・・」といった様なことを書いています。このDACでも、電気的に云々ではなくて厭くまで音質向上を狙っての投入です。

外部クロック注入端子も設けました。内部クロックも使える様に切替スイッチもリアパネルに配置。

S/PDIFでの音質・・・兎に角、恐ろしく鮮度の高い音で、分解能が物凄いです。低域の力・深みが半端じゃありません。無論、中高域の表現力も時間を追って増してきます。バックグラウンドの静けさ・・・エリオット氏曰く”dead quiet"のキャンバスに音楽が浮かび上がるのは、プライトロンをトランスに入れた効果です。う~ん、これはエージング後が本当に楽しみです!

スポンサーサイト



コメント

No title

>Firewireを直接繋げるようにしたいと

おお、是非是非 できれば比較試聴できるようにしていただけるとうれしいですね。

No title

jbls9500さん、いつも有難うございます。

Firewireインターフェース、良いものがなかなか見つかりません。うまく導入出来たら、凄いことになると思うのですが・・・。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ