FC2ブログ

PCオーディオ(その45)




高精度クロック用電源=金田式シリーズ・レギュレーター

クロックの電源は、アナログ・アンプ部分の電源と同様に極めて重要です。

ここに+24V金田式シリーズ・レギュレーターを導入します。部品は金田式をベースにして、いつものDynamicap・マイケル・エリオットご推奨品を加えております。基板は金田式デフォルトのベーク板ですが、配線は2497素線7本撚りではなく、オーグ・ラインで行いました。

尚、MHIさんから回路図をご提供頂きました。この場を借りて、更めて御礼申し上げます。m(__)m

夜なべ仕事で、まだ製作途上(ダーリントン接続で2N3055も付きます)ですが、こんな感じということで。

整流ブリッジはどうするか・・・FRDかSBDか、思案中。CPMも入れなくては。

シリコン・バッテリー電源の方も、この後、作っていきます。

とか言って・・・肝心の高精度クロックを何にするか決めなくては、始まりませんよね。水晶かルビジウムか、はたまた・・・?

スポンサーサイト



コメント

No title

ディスクリートで、作動AMPが構成されているんですかね
高級そうなCRで迫力あります。。
ペアートランジスタは、向かい合わせの方が
温度カップリングよさそうですが、そういう問題でもないのかな
しかし、発振器にルビジウムが視野にあるとは感嘆です。

No title

higashiojiさん、コメント有難うございます。
仰る通り、ペアTrは向かい合わせが良いのですが、ちょっと基板上のやりくりが大変なので・・・後で熱伝導性の高い素材でペアTrの周囲を覆う予定です。
高精度クロックは、水晶・ルビジウム・セシウム等々あって、精度だけでなく位相雑音の低さも大切です。とどのつまり音質第一なのですが、コストも考えないと・・・辛いですね。(^^ゞ

No title

はじめまして。見事な石ですね!写真では見えにくいのですが、C1400、A726ですか有る所には有るのですね。

No title

iwakiさん、はじめまして。
実は、この石、数十年前に秋葉で少々購入したものなのです。諸般の事情でそのままお蔵入りとなっていましたが、今回、当PCオーディオ・シリーズで陽の目を見た訳です。持ってて良かったです!(^^ゞ

No title

こんばんは
kapellさんがおっしゃっておられるVISHAYのNAKEDバージョンとはこんなものでしょうか? 入手できないので作ってみました。教えていただければ幸いです。お忙しいのに申し訳ございません。http://hamond715.blog50.fc2.com/blog-entry-48.html

No title

wadiaさん(で良いのでしょうか?)、はじめまして。
VISHAY VSR のNAKEDはちょっと色が違う様にも思うのですが、大体そうした容姿のモノです。 部品としての入手は出来ないのですね。マイケル・エリオットは、VISHAYに特注したのかも・・・その辺はよく分かりません。

No title

ありがとうございました。ややこしくてすみません。ニックネームの変更の仕方がわからないのでwadiaと表示されていますが、私は先日初めてコメントさせていただいたhamondです。VISHAYもやっぱりスケルトンがいいのですね。手持ちのVSRを順次剥いていこうと思います。貴重な情報をありがとうございました。今後とも宜しくお願い致します。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ