FC2ブログ

PCオーディオ(その50)


金田式DAC([MHI氏基板&マイク・エリオット推奨パーツ&出川式CPM] with USB入力)への高精度クロック注入プロジェクト

金田式DACに使用されているDAIのCS8416、そのOMCKピンに11.2896MHzの外部スーパークロックを注入。

全く問題なく、きちんと動いております。ただ、左チャンネル・中高域ドライバー用のパワーアンプが故障して音が出ないので、まともに聴けないのが非常に残念です。

とりあえず動作が確認出来たので、一安心しました。現状はAntelope OCX単体の状態ですが、水晶またはルビジウム発振器(電源は先日製作した金田式)を繋いでやれば、金田式DAC外部高精度クロック版の完成となります。

音質についてのレポートは、次回以降ということで。(^^ゞ

《訂正とお詫び》
上記記載には誤りがあります。CS84169は11.2896MHzの外部スーパークロックを直接受けられない模様です。内蔵クロックが生きている状態を外部クロック同期と勘違いしておりました。ここで訂正させて頂き、お詫び申し上げます。別途SRCを入れて、そちらのセカンダリーに外部クロックを注入する方向で検討していきたいと思います。

スポンサーサイト



コメント

No title

いよいよ、高精度クロックの思案に入りますね!
ルビジウム発振器ってどんなものか知りませんが、その響きからすると
高精度・高繊細な感じがします。

No title

ルビジュームクロックは10Mhzのサイン波ですよね!

分周して、逓倍して11.2896にするんですか?
ここでクマの頭はフリーズしてしまって、先へ進みません(笑)

基準電波の10Mhzを受信してクロックに入れる方が、ルビジュームよりいいって聞いた事がありますがどうやってやるのか、難しいです、確かにエソのルビジュームよりも音が自然でしたけど。


くま

No title

higashiojiさん、実はその後CS8416がうまく外部スーパークロックを受けていないことが判明して、高精度クロックの思案に至るまでは、少々時間が掛かりそうです。(^^ゞ

No title

くまさん、
>分周して、逓倍して11.2896にするんですか?
Antelope OCXが内部PLLによって生成するそうです。私も素人ですので、詳しくは分かりません。

>基準電波の10MHzを受信してクロックに入れる方が、ルビジュームよりいい・・・
基準電波の元は、セシウム原子時計でしょうか?限りない世界ですね。(^^♪

No title

>分周して、逓倍して11.2896にするんですか?

いえいえ、10MHzはOCXの水晶の制御信号として使います。で、OCXが10MHz精度で動作する、という訳です。
>基準電波の10MHzを受信してクロックに入れる方が、ルビジュームよりいい・・・

GPSのことだと思います。衛星はセシウムベースで動いているのですが、なにせ電波ですから受信状況が決定的に影響しますし、電離層だって揺らぐので、住宅の立地によっては効果が何処まで出るか難しいところも多々あるようです。
まあ最悪はGPSDに入っているOCXOだけ使う、という手もあります。

No title

ondatejpさん、有難うございます。
高精度クロックが音楽再生に持つ意味の大きさは、計り知れないものがあると教えて下さったのは貴殿です。人間の耳ってアバウトな様で、実は凄く高性能な器官なのですね!

No title

自分はまわりから「マニア・オタク」とお褒めの言葉をいただきますが、当記事は何とな~くしか理解できず、まだまだオーディオは奥が深いなと気付かされます。。。
今度、ウチのB&Oをクロック改造してください!(マジで)
宜しくお願いいたしますm(_)m

No title

diatonemanさん、B&Oはデザインの美しさと洒落た音がマッチしていますよね。クロックを入替える場合、そのデザインを殺さない様にするのが難しいと思います。

No title

ご入用が10MHzか11.2896MHz、またサインか矩形波か読み取れませんが、水晶発振器も電源と温度(恒温)管理してあげると超安定してますよ~
温度管理は、排気するのではなく逆にヒータで暖めてあげます。
矩形波の場合は、2倍、4倍の原発を高速デバイスで分周すると
簡単にデュティー50%が得られます。
発振周波数の微調整には、ちょっと高級なトリマコンデンサを使った方が良いと思いますが、
GPSとかデファレンシャルGPSから正確な周波数が得られようでしたら、それで、ゼロービートをとれば良いと思います。(10MHz)

No title

higashiojiさん、凄くお詳しいのですね。私は素人の受け売りですが、プロの方のアドバイスはとても有難いです。m(__)m
DAIのCS8416が直接Antelope OCXのスーパークロック11.2896MHzを受けられない模様なので、10MHz矩形波(温度制御付2重オーブン低位相雑音水晶発振器OCXOを使用予定)を外部クロックとしてAntelope OCXに入れ、そこから44.1KHzを得てFireface400のワードクロックとして注入します。Antelope OCX単体でも44.1KHzは出力可能ですが、精度のより高いOCXOを使う訳です。
http://www.sekitech.co.jp/product/srs/Frequency/index.html
http://www.synthax.jp/products/fireface400/index.html
そして、Fireface400からS/PDIFでDACに繋ぐという流れです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ