FC2ブログ

ツェンダーのブラームス、そしてシューマン


シューマン:交響曲第2番ハ長調作品61

ブラームス:交響曲第4番ホ短調作品98

ハンス・ツェンダー指揮
南西ドイツ放送交響楽団

CD・ステレオ・録音:2003年3月
Disclosure CLASSICS DS 0008-2



今やシルヴァン・カンブルラン率いる南西ドイツ放送交響楽団。その先日の素晴らしい新日フィルを振ったコンサートは、鮮明な印象を残すものでした。一方、こちらは名匠ツェンダーが南西ドイツを振った2003年3月の録音。

ツェンダーの創り出す、そのあまりにも素晴らしい音楽に、CDを捜し捲くっている今日この頃。

偶然、あるサイトでツェンダーのマイナーレーベル盤を発見し、喜び勇んでクリックしたのがこのCD。

期待に違わぬ名演です。シューマンの心の揺らぎ・危うさ~憂いを滴らせる響き。そして、その格調の高い構築感!ブラームスの密度の高い感情移入は主題に生命を与え、現代にロマン派を咽び語らしめるのです!

ツェンダーの決め打ちの鋭さは、真に衝撃的です。タクト捌きの妙!

惜しむらくは、ブラ4の録音があまり良くないことです。歪を伴って、第1楽章に至ってはビープ音の様なノイズも入ったり・・・。しかし、そのことでこの演奏を遠ざけることがあったなら、その損失はあまりにも大きいかと思われます。

ブラ4の第1楽章コーダの第1主題はリタルタンドして欲しかったですが、細かいテンポのコントロールが巧いので不満にはなりません。この解釈も見事ではないでしょうか。

ツェンダー・シリーズ、この後も続けさせて頂きます!(^^♪

スポンサーサイト



コメント

No title

ツェンダーに絶賛ですね。また珍しいCDもゲットされ、嬉しいでしょうね。とことんツェンダー指揮者を聴き込んで、また記事をアップしてください。

No title

JUNOZAさん、このCDについて貴ブログのゲストブックにコメントを差し上げましたので、ご覧下さい。ツェンダー、本当に傑出していると思います!♪

No title

今日到着しました。週末聞き込んでみますね。

No title

色々と調べてみましたが、こちらもそう簡単には入手できそうもないですね。シューベルトやモーツァルトなら手に入るかな?

No title

jbls9500さん、もう入手されたのですね。
是非、感想をお聞かせ下さい。♪

No title

あまでおさん、貴ブログのゲストブックにコメントを差し上げましたので、ご覧下さい。(^^♪

No title

ありがとうございます♪
確かに録音にはかなり難がありますが、それを補ってあまりある名演ですね(^^)

No title

あまでおさん、畏れ入ります。
ブラームスの心象世界が私達の心にダイレクトに訴えかけてくる様な、深いロマンティシズムと抑制の美を併せ持った圧倒的な名演だと思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ