FC2ブログ

PCオーディオ(その55)




高精度クロック用リニア電源=金田式シリーズレギュレーター&マイク・エリオット推奨パーツ&出川式電源パーツ版の改訂

「MJ無線と実験」9月号の金田式DCアンプシリーズNo.198レコード再生システムの安定化電源+15V電源をモディファイして+24Vに作り替えました。MJ10月号に配線パターンが出ていますので、OSコンデンサーを耐圧の関係で増設している部分以外はオリジナル通りに製作しました。

因みにSC10・10MHz高精度水晶発振器には+15V電源仕様もありますが、シリコンバッテリー(+12V×2個シリーズ接続)でのドライブも考えていた為、敢えて+24V電源仕様にした訳です。

C1400、A726G、C959、B541と持てる希少Trを総動員。そういう意味では、オリジナル以上? しかし、あぁ、もう残り少ない金田石・・・(^^ゞ。基板は指定のベークですが、裏配線は0.18mm7本撚りではなく、0.6mmオーグラインを使用しました。

この電源は一発で発振もなく、安定に動作しています。(^^♪ 最新版の金田式シリーズ・レギュレーターは、安定度が高い様です。

SC10もケーシングして、デザインも統一しました。勿論、新電源できちんと10MHzを発振していることも確認。ケースの中の粒状充填物、何かと問われれば・・・鉛の粒。昔、アナログ・プレーヤーの防振対策に購入していた物ですが、実験の結果、計画変更となってお蔵入りしていました。

まだNP220が入院から戻らないので、聴くことが出来ません・・・トホホ。
とりあえず、エージング中です。

スポンサーサイト



コメント

No title

お~スゴイ発振器ですね!精度高くて、質が良さそうです。

No title

こんばんは。jillartでございます。
わたしもSC10注文しました。(^^v
先行く人がいてくれると助かります。ところで、SC10の出力~シャーシのBNC中継端子の間はどうなっているのですか。もしかすると直結ですか?

No title

恒常温槽入りの水晶ですね、これで精度はぢれ位出ているのでしょうか?
-10乗程度出ているのでしょうか?
大学の研究棟にある水素メーザーは-16乗出ているそうで、プリスケーラー入れてNet経由でクロック送れないか考えていますが、どうでしょうね?

くま

No title

higashiojiさん、畏れ入ります。
これで、どの位の音楽を聴かせてくれるかです。♪

No title

jillartさん、SC10注文されたのですね。(^^♪
SC10の出力~SMA端子から直結になっています。この後、インピーダンス変換器を経てAntelope OCXへと繋がります。

No title

kumataro845さん、精度は2×-12乗とのことです。そちらの大学研究棟にある水素メーザーは-16乗ですか!Net経由でのクロック伝送、不確定要因が増える気がしますが、未体験ゾーンなので何とも申し上げられません。
位相ノイズや電源の質も音質に関係してくるので、私なりに出来るだけのことをしているつもりです。(^^ゞ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ