FC2ブログ

PCオーディオ(その57)「OSコン逝く」





「OSコンデンサー逝く」

高精度水晶用の電源に早くもトラブル発生。

一週間程度慣らし運転をしていたのですが、ある日、自宅へ帰ると家族から私の部屋で変な臭いがすると言われ、もしやと最初に目をやったそこに、電源を切ってもいない高精度水晶用電源のLEDが消えているではないですか!

ゲゲゲ、相当ヤバい。

部屋に入るとプラスティックが燃えた様な異臭が・・・気持ち悪る~(ーー;)。
まず窓を開け放ち、早速、シャーシーを開けてみると、おぉ、OSコンが爆発しているではないですか!

無極性接続で20V耐圧のOSコンをシリーズに繋いでいるので、一応、計算上は耐圧40V。そこに31Vしか掛かっていないのだから、あり得ないはずのことなのに・・・。もしかして、OSコンのESRってばらつきが大きいのでしょうか?それとも部品の初期不良か?シリーズ接続の片方に過大な電圧が掛かって、一週間の間に徐々にダメージを受け、爆発・破壊に至ったと思われます。

写真に見られる様に、ベーク基板も焦げて、電解液が結構広範囲に飛び散っています。恐らくOSコンの1個が先に爆発して、連鎖的に逝っちゃったのでしょう。道連れパターンは、OSコンの場合、よくあることらしい・・・結果、完全導通状態になってギンギンに電流が流れ、遂にはプライトロンまで導線剥き出しのところまで焦げて、ダイオキシン?大量発生となった模様です。

大ショック!

最大の懸念は、高精度水晶がやられていないかどうか、金田式の貴重なTrも無事かどうか・・・検証の結果、高精度水晶も金田石も大丈夫でした。不幸中の幸い。

さてさて、修理ですが・・・OSコンは耐圧の少々大きい56μF25Vをシリーズ無極性接続(別途マイク・エリオット推奨のContinental Capacitor 35μFがパラってあります)として、トランスはあり合わせのNuovotemを入れました。基板の中央、黒いシールみたいなモノは電波吸収テープで音的な意味は殆どなく、恥ずかしながらの絆創膏「お焦げ隠し」です。全部作り直そうかとも思ったのですが、流石に気合が入りませんでした。

ついでに平滑コンデンサーも、金田式指定のニチケミKMH22,000μFにしておきました。この方が、やはり精神衛生上も良いですから。トランスはいずれプライトロンに入替えるつもりですが、暫くは大人しくしております。

ヒューズを入れてあったものの、1Aの手持ちがなくて2Aのスローブローだったので、被害を拡大してしまいました・・・激しく反省。いやぁ、でも火災にならなくて良かった・・・自作は怖いですよー。(^^ゞ

スポンサーサイト



コメント

No title

OSコンはクマも飛ばした事がありますが、凄い臭いですね、ダイオキシン?なるほど、だったかもしれませんね~~え!
地下のオーディオルームなので、換気で大変苦労しました。

くま

No title

kumataro845さん、そうですか!地下とは手ごわい・・・。
私は、プライトロンの焦げた臭いだと思っておりましたが、OSコンも似た臭いなのでしょうね。本当に具合が悪くなる様な臭いで、吐き気や頭痛が致しました。(^_^;)

No title

初めまして。
コンデンサを直列に繋いで耐圧をアップさせる際は同じ抵抗値のバランス用抵抗(ブリーダー抵抗の様な扱い)を各コンデンサーに並列に付けないと2つのコンデンサに均一に電圧が掛からず事故の元になりますよ。

No title

東海さん、はじめまして。
アドバイス、有難うございます。
上記2008/10/04付コメントでmhi3514さんからも同様のご指摘を頂き、なるほどと反省した次第です。(^^ゞ

No title

時々、ブログを拝見して楽しませていただいています。
記事中、OSコン無極性接続とありますが、通常の直列接続の記述違いだと思いますが、老婆心ながらちょっと心配でした。

No title

訂正

No title

無極性接続をさらに直列していたんですね。
ごめんなさい、読みが足りませんでした。

No title

chicchiさん、コメント有難うございます。
耐圧と容量を確保する為に、47μFを2つ直列無極性接続として、更にそれと同じものを並列にしていたのです。
今後共、ご訪問・アドバイス頂けましたら幸いです。m(__)m

No title

kepellさん、
おはようございます。遅いコメントで申し訳ありません。
事故ですが大変でしたね。

コメントしようか悩みましたが、安全のためですのでコメントします。
導電性高分子アルミ電解コンデンサに逆電圧を掛けるのは禁止事項だと思います。
http://www.edc.sanyo.com/pdf/oscon/J10_16.pdf
http://www.chemi-con.co.jp/pdf/catalog/al-1001l/al-precautioncp-j-080829.pdf

通常の電解コンデンサも、最近、メーカは無極性接続を禁止しているようです。無極性接続の2個の内の1個はどうしても逆電圧が掛かるためだと思います。
http://www.chemi-con.co.jp/pdf/catalog/al-1001l/al-precaution-j-080829.pdf

No title

へいぞうさん、アドバイス有難うございます。
無極性接続・・・ニチケミは、明確に内部ショートの危険がある旨を指摘していますね。サンヨーは、OSコンでそこまでのことは書いていないのですが、敷衍して考えるべきだということですね。m(__)m

No title

こんにちは

OSコンの破裂は初めてみました。
普通の電解コンデンサーは内部劣化ショートの時は
自己復旧しますが、OSコンの場合は短絡事故となりますネ
内部はアルミ電解コン同様で巻取り素子です。
温度特性やインピーダンス特性はタンタルコンより
はるかに優れリップル電流に対する耐量は
タンタルコンの10倍以上・・・と大変gooですが
メーカーは使用時の注意事項ははっきり
明記してほしいものですネ。。。

写真では高精度水晶はどのようなものか
分かりませんでしたが
温度補償型だったのでしょうか
無事だったのでしょうか?

No title

TUBE研究室さん、はじめまして。
仰る通り、OSコンの無極性接続については、メーカーが使用時の注意事項として明記していないのです。
高精度水晶は上記記事(文章欄の中央少々下)の通り、無事でした。(^^♪ 高精度水晶はStanford Research Systems SC10(10MHz Ovenized Quartz Oscillator)で、PCオーディオ(その55)にその写真がアップしてあります。
安定化電源の入力側のOSコンが駄目になっただけでしたので、それより下流の素子・機器関係は難を逃れました。

No title

「耐圧と容量を確保する為に、47μFを2つ直列無極性接続として、更にそれと同じものを並列。」

接続方法がもしこの文章の通りなら、問題がありそうです。
(私の理解が間違っていたら、お許しください。)

一組の無極性接続について取り上げてみますと、
20V 47μFの2個を無極性接続にした時は、耐圧は20Vと考えるべきです。
無極性接続の時に逆電圧がかかった方のOSコンの内部がどのようになっているのか分り難いのですが、内部は導通状態のはずです。
すると20V耐圧の素子に、31V(近く)を掛け続けたということになり、絶えられなくなって破壊されたのではないかと思います。

対策後の
「OSコンは耐圧の少々大きい56μF25Vをシリーズ無極性接続」
も、耐圧不足で、このままではまた破壊される恐れがあります。
安心のためには、耐圧31V以上のOSコンを使用すべきです。
(OSコンの耐圧30V以上はあるのかな?)
更に言えば、無極性接続は使用しない方がもっと安全と考えます。

No title

lab**ohさん、アドバイス有難うございます。
>20V 47μFの2個を無極性接続にした時は、耐圧は20Vと考えるべきです。
・・・なのですね。仰る通り、逆電圧で破壊されたと言うより耐圧オーバーで破壊されたのかなと思っておりました。
今も結構危ない動作状態との認識で、フィルムコンに置き換える等の対策を講じたいと存じます。m(__)m

No title

OSコンにしろ、電解で無極性接続というのは避けるべきものでしょう。 OSコンの場合はある程度逆耐圧もありますが電流は流れるので、順方向側に100%の電圧がかかります。仮に逆耐圧がなくパンクするとショートするタンタルで無極性接続をすると1秒も持たず、多数の部品を引き連れていきます。おっしゃるとおりフィルムなどのほうがよいと思いますが、あまり大きいものですと高周波の飛びつきや発進を誘発するので、様子を見る事がいいのでは。

No title

mka*i*aauさん、コメント有難うございます。
なるほど、フィルムでも発振等の虞があるのですね。暫く、様子を見て対処したいと思います。

No title

>>無極性接続で20V耐圧のOSコンをシリーズ

ってそれは駄目でしょう。タンタルコンにも同じ事が言えますが。
更にOS-CONは耐圧に対して実際のマージンが狭いため耐圧ギリギリ
までかけて使うのも駄目です。
そもそも低ESRがウリのOS-CONをそういう直列接続するのがナンセンス
ですね、それをやるなら最初からOS-CONである必要がないし。
タンタルコンもそうですが故障時ショートモードになるコンデンサを
そういう使い方するのがそもそもの誤りです。

ともあれ大事に至らなくて良かったですね。

No title

a_z_1973さん、仰る通りです。
素人の追究シリーズですので・・・しかし、危険過ぎましたね。OS-CONが耐圧にシビアなのは、その後にも実感致しました。(^^ゞ

No title

なにもわかってない素人は止めた方がいいですよ。

No title

あさん、重ねて仰る通りです。
m(__)m

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ