FC2ブログ

海外ネットショッピングって何でもあり!?



某世界的ネットワークを持つ大手ネット販売業者、そのカナダのサイトのショッピングモールで探していたCD「ツェンダー指揮/ザールブリュッケン放送交響楽団のマーラー交響曲第6番」を発見したので、即注文したのですが・・・。

3週間ほど待たされて送られきたのは、何と、
Mahler Symphony No.6, San Francisco Symphony Orchestra, Michael Tilson Thomas(conductor)
でした。(ーー;)

おいおい、違うだろー。私の拙い英語でクレームを付けて差し上げました。
I received the CD "Mahler Symphony No.6, San Francisco Symphony Orchestra, Michael Tilson Thomas(conductor)" that is materially different from my order.
My order is "Mahler Symphony No.6, Saarbrucken Radio Symphony Orchestra, Hans Zender (Conductor)" CD.
Please check my order and send me correct CD immediately.

すると、
We are very sorry for the mix-up. Would you consider keeping the item for a 66% (2/3) discount off the item price? Which would save the trouble of returning it.
などというお返事が来ました。ふざけろー!いくら割り引きでも要らんCDを買わすなよー!

頭にきたので、
Isn't the correct CD in stock? I ordered the following CD.
"Mahler Symphony No.6, Saarbrucken Radio Symphony Orchestra, Hans Zender (Conductor)" CD
Please send me above CD as soon as possible. I don't need materially different CD from my order.
The shipping cost for returning materially different CD is due to yourselves. You should pay the shipping cost. Please send me the stamp for returning materially different CD.
とぶつけてやりました。

先方のお返事、
We regret the mix-up with your item. We will send you the correct item shortly and apologize for the inconvenience this has caused you. It is not necessary to return the item you received by mistake.
初めからそう言えば良いのです。よし、よし。CD1枚、期せずしてタダになりました。

で、更に待つこと2週間、待望のCDが・・・あれっ?梱包を開けてびっくり、
"Mahler Symphony No.6, London Symphony Orchestra, Harold Farberman (Conductor)"
送られてきたのは、またもや違うCDでした。

いい加減にしとけよー!怒り頂点に達しまして、
Today, I received following incorrect materially different CD again! It may be your intention that you make mistakes twice!
Incorrect materially different CD : "Mahler Symphony No.6, London Symphony Orchestra, Harold Farberman (Conductor)"
Isn't the correct CD in stock? I ordered the following CD.
"Mahler Symphony No.6, Saarbrucken Radio Symphony Orchestra, Hans Zender (Conductor)"
Please send me above CD immediately. I don't need materially different CD from my order. Please don't make me say the same words.
The shipping cost for returning materially different CD is due to yourselves. You should pay the shipping cost. Please send me the stamp for returning materially different CD.
かなりドギツイ内容で文句を申し上げました。

すると、
We regret you have received the wrong CD again. A full refund has just been processed through xxxxxx. It is not necessary to return the CD to us.
We apologize for the inconvenience this has caused you.
何だ・・・ツェンダーのマラ6、結局、在庫ないんじゃないの。でも、またCD1枚、タダになりました。

しかし、酷い話ですよね。日本人を馬鹿にしてはいけません。要らないCDを割引価格とは言え買わそうとしたり、1度ならずも2度までも、間違ったCDを送ってくるいい加減さ。この杜撰な管理体制って、一体?

マラ6に2枚のCD、マイケル・ティルソン・トーマスとハロルド・ファーバーマンがライブラリーに加わりました。複雑な心境ですが、じっくり聴かせて頂いてます。

前者は米国同時多発テロの直後に演奏されたもので、特にAndanteの盛り上がりが印象的です。後者は豹の様な身のこなしを感じさせ、打楽器と金管がモノを言っています・・・録音も良くハンマーのド迫力がうまく録られていることでは同曲の中でも屈指かと思われます。

海外相手の買い物は、注意して掛かりましょう!(^^♪

スポンサーサイト



コメント

No title

はじめまして!
日本人だからクレームが来ないと思ってとんでもないことをしている業者もいるようですから、こうしてしっかりとクレームを伝えるのは本当に大切ですね。
私もファン登録させていただきます。私の方は拙いブログですが今後とも宜しくお願い致します♪

No title

ちょっと嬉しい悲劇的ですね(笑)
我が家も定期的にカナダからLPなど取り寄せてるのでちょっと心配になって来ました(今のところ大丈夫ですが)。

No title

かなりひどい話ですね。感覚が日本人と違うんですね。
カナダ人が経営しているのかしら?
あまりにも馬鹿にしているので、カナダ人ではなくアジア系の某国人かも知れませんね(怒)

No title

mamanさん、コメント有難うございます。
相手にかなり執拗に言わないと駄目ですね。最初のクレーム・メールの後、なかなか返事が来なくて数回トレースしたのです。
mamanさんのブログ、とてもお洒落ですね。♪こちらこそ、宜しくお願い致します。

No title

Hirokoさん、「ちょっと嬉しい悲劇的」とは言いえて妙です。(^^ゞ
用心に越したことはないです。万一、何かあったらクレームは出来るだけ早くした方が良いですよ。一週間放っておくと、自動的に認めたことになってしまうこともあるやに書かれておりました。

No title

JUNOZAさん、そうですね、感覚の違い。
呆れる様なことが、当たり前に起きてしまうんですから。同じカナダでも、オーディオ・パーツを扱う(某その道では有名な)店などは迅速・丁寧で信頼出来るのです。まぁ、担当者次第ということもあるでしょうね。

No title

私もこの間酷い目に遭いそうになりました。
クレジットカード決済で注文したところ、「クレジットカードの承認が降りないのでどうするか?」と返事が来たためキャンセルのメールをして、「キャンセルを了解した。」メールを受け取りました。
その2週間ほど後、キャンセルしたはずの品物を「発送する。」とメールが来たので、あわてて「それはキャンセルするとアンタいうたやろ」とメールしたところ、「私はその後バケーションで休んでおり、代りのスタッフが勝手にやったものです。」と返事が来ました。
トラブルの時自分に日があると察すると、こういう子供じみた言い訳をしますね、あちらの方。
ところで、差し支えなければそういう危ない目にあったサイトは実名で書いていただいて情報共有したいですね。(^^;

No title

welshdog_f01jさん、クワバラクワバラですね。(ーー;)
確かに、笑っちゃう様なことを臆面も無く言って来る図太さ。こういうことを前向きなことに生かしたら、さぞかしと思うのですが実に愚かですね~。
危ないサイトは実名で・・・仰る通りですが、一応、refundをきちんと受けましたので、今回はそこまでしないでおきたいと存じます。
しかし、この世知辛い世の中、愈々景気悪化となるでしょうし、似たようなことが数多く生じてくるのではと危惧しております。m(__)m

No title

こんにちは。
海外の場合こんなことがあるので、怖くて手が出せません。
本当は欲しいものがたくさんあるのですが、あきらめています

やっぱりクレームが少ないと踏んでいるのでしょうね 怖いですね~

No title

jbls9500さん、そんなに恐れることもないかと思います。
私も、こんなのは初めてでして、通常は相手の方が気を遣ってくれてスムーズにいくのですがねー。
常にこうしたことを想定しつつ、きちんと脇を固めておくことも大切ですね。(^^

No title

私は英国やドイツ、オーストリアのサイトをよく使うのですが、幸い今までひどい目に遭ったことはありません。それぞれにお国柄が出ているようには思いますが..。
カナダは要注意ですかね!?..全体がそうであることはないとは思いますが(><)

No title

あまでおさん、カナダが特に危ない訳ではないと思います。
新たなパターンがあるかもしれないので、これからは全世界的に用心モードで参りたいと存じます。(^_^;)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ