FC2ブログ

マルチアンプ化の苦悩


以前はメインシステムのプリアンプにカウンターポイントSA-5.1を使い、チャンネルディバイダーもクレルKBXではなくて、自作の金田式だったのです。双信電機のSEコンデンサーやスケルトン抵抗を使って内部配線材にも気を配り、調整を重ねてフレッシュ且つウェルバランスの音になったのですが・・・。

プリをコヒレンスに替えたのが、トラブルの始まり。かなりハムが出るのです。んで・・・自作チャンデバのシャーシーをコヒレンスのシャーシーにアースしてやると殆どハムは消える~多少残るが、我慢は出来るレベル。

暫く、ランニングさせて様子を見るに・・・この我慢は精神衛生上良くないと強く思うようになり、クレルKBXを導入する羽目になったのです。これはJBL S-9500専用となっていてクロスオーバーは触らなくてもO.K.で、更にパワーアンプからユニット直付けが出来るとありました。ユニット直付けとは、S-9500にはネットワークとは別に個別ユニットにイコライジング回路が入っているのですが、これをジャンプ出来るという意味です。つまり、音は更にピュアになることが期待されます。

さて、KBXを繋いでの音出し。あ”~駄目じゃ!今度は、ホーンからシーシーノイズが出るではないの?輸入元のアクシスやハーマンに訊いても分からず。どうにもこうにも仕方なく、ユニット直付けは諦め、バイアンプ駆動の通常端子にて結線、何とか事なきを得たのです。しっかし、おかしな話。謳い文句に偽りあり?直付けでうまくいった方、おいでですか?私の場合、パワーアンプとの相性の問題があったかもしれませんけど。

さてノイズはなくなったものの、肝心の音質がNG・・・低音肥大で脂っこい料理のような質感。エージングで直る部分もありそうな気配でしたが、更に工夫が必要と判断。ここからが帯域毎のレベル見直し、セッティング、ケーブル選び、電源廻り、等々、只管調整の世界・・・疲れる(とは言え、やりがいのある)作業が続いたのでした。

S-9500は非常に鋭敏で、僅かな変化もモロに出してくるので怖い。剃刀のような切れ味とスピード、原寸大のパワーを併せ持っています。

まぁ、何とかそこそこの音になったかなという今日この頃・・・。今後共、慢心することなく精進して参りたいと存じます。

スポンサーサイト



コメント

No title

すごいなー!機会おんちの私には無理だぁぁぁ

No title

今晩は、本日ご訪問頂きました「伊豆の国から」のEVAです。 メールが不調だったので改めて投稿の形でご連絡させて頂きます。 素晴らしいシステムと拘りの電源周り、今の私には真似が出来ません。 出来るだけ安上がりを考えて対応をしています。 貴ブログをお気に入りに登録して拝見しております。今後とも宜しく御願い致します。これからもドンドン情報を発信して下さい。 「伊豆の国から」www18.ocn.ne.jp/~lzg5でした。

No title

ぴ~こさん、コメント有難うございます。「機会」=「機械」と粋に読ませて頂きました。すみません、マニアというのは困りものです。まぁ、こういう人もいるのかということで大目に見て・・・これからも宜しくお願い致します。

No title

Izg5etさん、コメント有難うございます。こちらこそ、いろいろとお教え頂きたく存じます。いやぁ、今日、更めて拙宅システムの音を聴くに・・・大言壮語の謗りは免れないかと・・・ガックシ(~_~;)m

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ