FC2ブログ

アルヴィド・ヤンソンスのモツレク


Wolfgang Amadeus Mozart

Requiem in D minor, KV.626

Ruzanna Lisitsian, soprano
Karina Lisitsian, mezzo soprano
Ruben Lisitsian, tenor
Pavel Lisitsian, bass

The Lithuanian State Choir
The Lithuanian RTV Symphony Orchestra

conductor Arvid Jansons

CVDE 04335

CD・ステレオ・録音:1976年5月5日、The All-Union Radio、モスクワ放送コンサートホール



アルヴィド・ヤンソンスのモツレク

アルヴィド・ヤンソンスは、マリス・ヤンソンスの父。
旧ソビエト連邦、往年の名指揮者の一人。しかし、ムラヴィンスキーやザンデルリンク等に比べて知名度は低く、世間では正当に評価されていない知る人ぞ知る真の芸術家。

オケのトレーニング・鍛錬の腕は、ムラヴィンスキーからのお墨付きもあったほどです。練習の厳しさは、それはそれは大変なものだった様です。

DokuOhさんのお薦めで、速攻ゲットしたモツレクです。♪
これは本当に素晴らしい!


バッハのマタイ受難曲…その全ての罪を焼き尽くすかの眩い光に満ちた峻厳たる世界。この演奏には、その峻厳がモーツァルトの語法で表現されている気がします。瞑想と覚醒の響き…そこにワルター/ニューヨークと同一のものがあることをも感得させるのです。

ギュンター・ラミンの創り出す深遠を彷彿とするアルヴィド・ヤンソンスのモツレク。

オケは勿論、合唱の扱い・コントロールの見事さ!あまりに多彩な表現力には言葉を失います。
和声が空間に漂い交錯する…響きそのものが何より祈りを誘うのです。

彫刻の如く深く立体的な響き・・・ミケランジェロのピエタが音楽と化した世界。


十字架の純潔・・・永遠の刻印。

スポンサーサイト



コメント

No title

アルヴィド・ヤンソンスは聴いた事がありませんが、一聴の価値があるようですね。
バッハのマタイとモーツアルトのレクイエムはどちらも僕の「聴くのが恐い音楽リスト」に入っているので、違う曲で探してみます。(笑)

No title

モーツアルトが好きでよく内田光子さんの弾いたものを買っていました。最近はSACDがあるのでクラシック好きにはなんともいえないのでは?やはり音が良いに越したことはないですからね

No title

ほおっ、興味深いですね!
私のモツレクコレクションに入れちゃおうかな♪

モーツァルトのCDは少ないみたいですね。

No title

BeansSoundさん、アルヴィド・ヤンソンスの演奏は、とりあえず入手出来る物で、ベルリン放送響とのベートーヴェン交響曲第9番、レニングラード・フィルを振ったチャイコフスキーの交響曲第5番、同オケでショスタコーヴィッチの交響曲第5番があります。
私も第9は昨日購入で、それ以外は今し方ネットで注文したところです。♪ これは大変な指揮者ですよ!

No title

flattwinさん、音の良さも重要ですね。ただ、演奏が良いのに音が悪いからと言って遠ざけてしまうのも勿体無いと思います。幸いこのモツレクは、音も時代なりにですが充分鑑賞に耐えますので、非常にお薦めです。

No title

あまでおさん、モツレクはいろいろと聴いて参りましたが、個人的にこの演奏はワルター/ニューヨーク・フィル、シューリヒト/ウィーン・フィルと並ぶ素晴らしいものだと思っています。♪
アルヴィド・ヤンソンスは、録音自体が少ないのです。旧ソ連の秘蔵テープが発見されればと、願って止みません。

No title

こんばんは。

またまた御紹介いただきありがとうございます、Kapellさんの散財の手助けをしているようで少々心苦しく・・・(笑)。
第九もお買いになったのですね。オケの精度がイマイチではありますが、素晴らしい演奏です。今年の暮れも父ヤンソンスの演奏を聴いてみようと思います。

No title

本当にありがたい情報ですね。
モツレクは何枚か手にしましたが、イマイチ好きになれていません。
苦手分野かもしれませんね。
当然ポチっと注文しました。
年末に聞き込んでみますね。

No title

DokuOhさん、こちらこそ有難うございます。
いえいえ、散財ではなくて蓄財ですよ。(^^
アルヴィドの第9、近々拙ブログでも記事にしたいと思っております。♪

No title

jbls9500さん、きっとこの演奏はお気に召すと思いますよ。♪
自然に手を合わせたくなるかと・・・それで、もう嵌っています。(^^

No title

いつも感心してしまうのですが、本当に珍しいCDを探してGetされていますね!
ヤンソンスの親父さんのモーツァルト聴いてみたいですね。
息子のマリスの音楽と比べてどうですかねぇ?

No title

JUNOZAさん、畏れ入ります。
マリスはフレキシブル系で力強さと切れを標榜している感じですが、アルヴィドは音に峻厳たる情念を織り込んでいく職人タイプの指揮者です。♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ