FC2ブログ

トロンハイム・ソロイスツ/ディヴェルティメンティ


トロンハイム・ソロイスツ/ディヴェルティメンティ

・バルトーク:弦楽のためのディヴェルティメント
・グラジナ・バツェヴィチ:弦楽のための協奏曲
・テリエ・ビョルクルン:カルミナ
・ブリテン:シンプル・シンフォニー 作品4

オイヴィン・ギムセ(Vc、リーダー)
ゲイル・インゲ・ロツベルグ(Vn、アシスタントリーダー)
アンデシュ・シェルベリ・ニルソン(Vn、アシスタントリーダー)

録音:2007年11月 セルビュ教会(セルビュ、ノルウェー)
制作:モッテン・リンドベルグ
録音:ハンス・ペーテル・ロランジュ、モッテン・リンドベルグ
This recording was made with DPA microphones, Millennia Media amplifiers and
SPHYNX2 converters to a PYRAMIX workstation, all within the DXD-domain.

Lindberg Lyd AS 2L50SABD


【Hybrid SACD】
■Ordinary CD (16 BIT / 44.1 kHz)
■2.0ch DSD (2.8224Mbit/s per kanal)
■5.1ch DSD (2.8224Mbit/s per kanal)

【Music Blu-ray】
■2.0ch LPCM 24BIT/192 kHz
■5.1ch LPCM 24BIT/192 kHz
■5.1ch DTS HD Master Audio 24BIT/192 kHz
■5.1ch Dolby True HD 24BIT/192 kHz
■5.1ch Dolby Digital 48kHz

実に生々しい凄い録音!演奏もお見事!
ondate.jpさん、お薦めのアルバム。

2千円ちょっとのアルバムなのに、何とハイブリッドSACDとブルーレイ・ディスクの2枚組。ハイブリッドSACDには、通常CDフォーマットの2チャンネル・ステレオ音声の他、SACD2チャンネル・ステレオ音声とSACD5.1チャンネル・サラウンド音声が収録されています。
ブルーレイ・ディスクは音声トラックのみですが、2チャンネル・ステレオ音声「リニアPCM」、5.1チャンネル・サラウンド音声「リニアPCM(LPCM)」、「ドルビー・デジタル」、「ドルビー・トゥルーHD」、「DTS-HDマスター・オーディオ」の5種類のフォーマットが収録されています。
つまり、計8種類の音声が収録されているということになるのです。

これは超お買い得です。♪

クラシックを聴く方なら、持っていて損はありませんよー。
無論、オーディオ・マニアは必携です。(^^

おっと、拙宅にはまだブルーレイの再生装置がありません。いかん・・・こんなソフトを買うと聴いてみたくなるではないかー。まぁ、とりあえず、通常CDで(PCオーディオ・システム)日々感心しつつ聴いております。

スポンサーサイト



コメント

No title

これも注文しました。

でも 私もやっぱり44.1しか聴けませんね
残念ですね~

No title

jbls9500さん、いつも有難うございます。
44.1でも、凄いですよ。まだまだCDには、埋もれた音があると思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ