FC2ブログ

PCオーディオ(その62)《クロック・ケーブル聴き比べ》


《クロック・ケーブル聴き比べ》

高精度水晶SC10からAntelope OCX・クロックジェネレーターへのクロック・ケーブルを聴き比べてみました。

1.両端SMAケーブル SA21-50-142-D-100 ケーブル長:100cm ※1

2.両端SMAケーブル RG-316 ケーブル長:150cm ※2

3.Wonder Link Ⅰ 100cm ※3

4.モガミ2497&RCAピンプラグ(ホット穴なし・絶縁体ベーク)70cm ※4

※1~(株) 常盤商行
※2~(株) 秋月電子通商
※3~Mod Squad Inc.
※4~自作

以下の試聴結果は厭くまで拙宅の環境での話ですので、ご参考程度にお願い致します。
高精度水晶SC10の出力はSMA端子なので、両端SMAケーブルはAntelope側にBNC変換プラグ(絶縁体:テフロン)を使用しています。RCAプラグはSC10側にSMA・BNC及びBNC・RCA変換プラグ、Antelope側にBNC・RCA変換プラグ(各絶縁体:テフロン)を使用しています。

1: 2の上位バージョンという考えでいたので、大いに期待して試聴に臨みましたが、これは低域がダブついていて中高域との繋がりが悪いです。音場も平板。

2: 1より低域が引き締まり、すっきりしていてこちらの方が好みです。3や4を知らなければ、これでも良いと思えるレベル。

3: これは段違いに良いです。情報量が多く、くっきりとした表現力があり、聴感上のダイナミックレンジも広いです。音場の奥行き・高さも良く出します。ただ、若干ながら全体に固有の音色があり、木管楽器の音色が表現し切れません。S/PDIFで使用した際にはニュートラルな音色だったので少々意外ですが、クロック・ケーブルでは扱う周波数が遥かに高いので癖(導体に磁性体のニッケルを一部使用の為?)が出たのかもしれません。

4: これは素晴らしいです。3より更に情報量が多く、フォーカスがビシッと決まり、多彩な表現力があって、聴感上のダイナミックレンジも広大です。音場の奥行き・高さがグッと広がって一廻り大きくなるイメージ(音像がふやけることはありません)で、エージングで更に良くなりそうな音。木管にしろ弦にしろ、音色が自然で違和感がありません。エネルギー・バランスが見事に整っています。

結果、モガミ2497がトップでした。金田式御用達の2497は元々こんなに高い周波数用のケーブルではないのですが、恐らく金田式DCアンプのレスポンスが超高域まで伸びている為に、採用された2497も超高域特性が非常に優れていたのではないかと思われます。因みに金田式指定のS/PDIFケーブルも2497となっています(インピーダンス75Ω)。
  
尚、試しに50Ω・75Ω変換アダプターも入れてみたのですが、これは音のダイレクト感が殺がれてしまって(半殺しトーン)、まるで頂けません。これでは態々高精度水晶を使った意味が半減してしまいます。

スポンサーサイト



コメント

No title

モガミのケーブルは安価でいいですね~ 素敵な情報ありがとうございます。

No title

mogami良いですか!
モガミは加工が大変という話を聞いて躊躇しておりましたが、
おすすめの2497と2803で頑張ってみます。(^^

No title

jbls9500さん、安価で高音質がベストですよね!

No title

welshdog_f01jさん、モガミ~実に良いです!
加工もそんなに大変ではないので、トライしてみて下さい。♪

No title

問題は192KHzなどのハイレートできちんとロックできるかどうかですね。大抵のオーディオ径のケーブルはこれが出来ないものが多いです。
これからのHi-Res時代はケーブルをふるいにかける時代にもなるでしょう。

No title

>問題は192KHzなどのハイレートできちんとロックできるかどうかですね

今これで悩んでいます。
ベリンガーのアップサンプリングに関しては
ケーブルの問題なのかもしれません。

ノーマルのチャンデバを買って再度組みなおす予定なのですが...

No title

ondatejpさん、実験モードのご協力をお願い申し上げます。m(__)m
情報量と音楽性・・・ロック後にも難しい問題ですね。

No title

jbls9500さん、ケーブルによってかなり左右される模様です。
デジタルは、アナログと同等に繊細・微妙なのでしょう。(^^

No title

え~、本来20~35オームくらいの音声用のRCA端子はS/PDIFには使えない代物が大半です。BNCにすれば良かったのですが、でもまあ44.1ならなんとか鳴るし、というイージーさでずるずると来ている規格を守らないのがコンシュマーオーディオ業界です。
一方XLR端子のインピーダンスは概略100オームくらいで、ほぼ110オームにニアリーなので、最近やってみた結果では、XLR端子が有ればAES/EBU接続のケーブルでつないだ方が、クロックの安定度は高いですね。
全体に規格をきちんと守って真面目に作っている業務用の方が信頼性は高いですし、HiREsでの音も良いものが多いです。

No title

ond*tej*様こんにちは。
今ベリンガーのDCX2496のフルデジタルに改造したものを使っています。
ケーブルはオヤイデのTV用のケーブル 75Ωのものを使っています。
フルデジタルの改造では、ベリンガーのアップサンプリングの信号を
取り出しS/PDIFに変換し取り出しています。
その信号をパナのデジタルアンプにデジタルで入れているのですが、
すぐにロックしてしまい、雑音が入ったり音がグチャグチャになったり
ボリュームがパスされたりして、1曲も聴けない状態です。

やはりケーブルが悪いのでしょうか?

(カペルさんすいません m(_)m)

No title

え~と
1.パナのデジタルアンプ入力とべーリンガーの出力はフォーマットが合っているのですね?
2.クロックがロックするならちゃんと音がでるはずですよね?でないのはトラぶってロックしないからですね。
ちょっとややこしくて分からないのですが、基本的にアップサンプリングは元のデータを変えてしまうし、無闇にしない方がいいと思います。
これ以上は他人様の軒先なのでなので控えさせていただきますね。

No title

ありがとうございます。
そうですね、あまりここではと思いますね。失礼しました。
とりあえずノーマルで音質向上を目指していきますね。

No title

ondatejpさん、有難うございます。
お手軽RCA端子は、アバウトなところがありますから・・・。
今後、XLR端子&AES/EBU接続ケーブルも導入を考えていきたいと思います。♪

No title

jbls9500さん、何だか「音楽と戯れる会」の掲示板みたいになってきましたね。(^^

No title

ほ~~~お!クロックのケーブルで音が変わるんですね!

クロックの波形をケーブル変えてオシロで見てみたいですね、矩形波の肩が丸くなっているのもあるかもしれないですね!

凄く使いにくい同軸ですが、フジクラのRG/9AUって同軸ケーブルがありますが、RCAケーブルで今のSA Rabに変える前はリファレンスで使っていました。

くま

No title

クマさん、クロックのケーブルでも音は物凄く変わります。
フジクラのRG/9AUも、良さそうですね。昔、フジクラの3C2VをS/PDIFで使って結構良かった記憶があります。♪

No title

小生も永年のモガミ(NEGLEX)派で、ライン系は2803、SPケーブルは2804を愛用し、元メインのFIDELX製LZ-12プリアンプは内部配線を全て2803に交換する改造を行っています。
ただ、最近はWE系のケーブルが各所で侵食してきており、拮抗しているといった状況です。

No title

damaterraさん、なるほど、WE系ケーブルに嵌っておいでなのですね。
音楽を伝えるケーブルを探し求めておりますが、モガミ2497は極めてコスト・パフォーマンスが高いと感じています・・・少なくとも「大切なものを失わない」ケーブルかと。

No title

難しいですね~~~これは・・・
くまさんのところより難しそうな・・・感じがします・・・

(*>艸<*)ブフッ

男の人って頭の中に回路があるのではないだろうか・・・
と思ってしまいます(*∇)

No title

ayaさん、コメント有難うございます。
相当マニアックなお話で~微妙に危ない・・・。
私の頭の回路は、メンテが必要かも。(^^ゞ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ