FC2ブログ

ザンデルリンクのハイドン&ブラームス


ハイドン:交響曲第94番ト長調Hob.Ⅰ「驚愕」

ブラームス:交響曲第3番ヘ長調作品90

クルト・ザンデルリンク指揮
ウィーン交響楽団

CD・ステレオ・録音:1997年10月4日、ウィーン・コンツェルトハウス 大ホール

WEITBLICK SSS0087-2


カワサキヤさんのお薦めで買い求めたCDです。♪
この場を借りて、カワサキヤさんに御礼申し上げます。

ザンデルリンクのハイドンと言えば、曲は異なるものの、まず思い浮かぶのが1971年のベルリン響とのパリ・セットの録音ですが、この演奏はその26年後、ウィーン響を振ったものです。

1971年・ベルリン響の記事
http://blogs.yahoo.co.jp/william_kapell/26901844.html

ベルリン響との演奏は実に瑞々しく、緑の葉の上に転がる朝露の様に美しい輝きを放っていました。このウィーン響との演奏は26年の歳月を経て、深みを増し、老練で落ち着いた流れを感じさせる見事なものです。

ブラームスの方は、1972年のドレスデン国立管、1990年のベルリン響との録音があり、いずれも名演の誉れ高いものですが、このウィーン響盤も上記のハイドンでのイメージと同様、老練で落ち着いた流れが一貫していて・・・決して力瘤を入れず、充実した音楽を紡ぎ出す手腕には頭が下がる思いです。また、響きに一種の諦念すら感じられる場面があり、ザンデルリンクの現役引退が暗示されている気も致します。

1990年・ベルリン響の記事
http://blogs.yahoo.co.jp/william_kapell/4173660.html

このクルト・ザンデルリンク、そして、アルヴィド・ヤンソンス、ハインツ・ボンガルツ・・・旧東側の指揮者達が描く峻厳と優美には、真に心を揺さぶられます。

脈々と受け継がれた音楽芸術の粋を聴こうではありませんか!

スポンサーサイト



コメント

No title

おお、実は前回のパリセットでザンデリングの評価が一変しましたので、これも期待大ですね 次々来ますね うれしい限りです。

No title

音楽芸術の粋ですか!クオリテイが高そうで期待できますね。

No title

こんばんは。
ザンテルリンクは1972年の4番を持っていますが、ドイツ正統派の名演ですね。私の愛聴盤となっています。

No title

なるほど、なるほど・・これは期待できるかもしれないですね♪

私も聴いてみようかな(^^)

No title

ブラームスはやや大人しいので好き嫌いが分かれるかも知れませんが、ハイドンは見事に古典的な・・・古楽器世代が台頭する以前の、
安心して身を委ねられるスタイルの名演です。こうなると、まだCD化されていないドレスデン・シュターツカペレを振ったハイドンの45番「告別」の決定的名演のCD化が待たれます。原盤エテルナ(ドイツ・シャルプラッテン)日本盤LPはグラモフォンからヘリオドール・シリーズの廉価盤で出ていました。むろんステレオ録音です。

No title

jbls9500さん、是非、お聴きになってみて下さい。♪

No title

flattwinさん、ザンデルリンクに限らず、旧東側の演奏には時に格別なものがありますよ!

No title

ゼントさん、ザンデルリンクの1972年ブラ4、愛聴盤だったのですね。♪

No title

あまでおさん、ハイドンはオーソドックスな名演かと存じます。(^^
ブラームスは、意見が分かれる可能性があります。

No title

カワサキヤさん、個人的に・・・ブラームスはもっと迫力があっても良い気がします。その大人しさが一種の諦念(ネガティヴな意味ではなく)にも聴こえたりしますが。
ハイドンの45番「告別」、是非、聴いてみたいです。♪

No title

ブラームスと言えば「ザンデルリンク」=代名詞みたいな指揮者ですね。安心して身を任せることができる指揮者。
この魅力は何なんでしょう?!

No title

JUNOZAさん、ブラームスはザンデルリンクの気質に合っていたのでしょう。また、その根底には旧東側の伝統~峻厳と優美がある気が致します。♪

No title

人が進めてくれたオススメってなんでも
楽しみじゃないですか?

相手がどういうものに感動してたりどんなものが好きだったり
って考えながら聞いたり見たり・・・

人と同じものを感じたり分かち合えたり・・・
(*'ー'*)ふふっ♪

No title

ayaさん、他の方の「お薦め」は、痺れる共感や発見があって本当に楽しみですよね。♪

No title

やっと到着しました 意外と時間がかかりましたね。最近はここのサイトのものばかり購入しています(爆) もう1つのザンデリングの部ラームスも買おうかなぁ~(笑)

No title

jbls9500さん、それはそれは有難うございます。m(__)m
もう1つのザンデルリンクのブラームス、是非、聴いてみて下さい。♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ