FC2ブログ

ウルブリヒ弦楽四重奏団のハイドン


ハイドン:太陽四重奏曲集

1.弦楽四重奏曲第31番変ホ長調作品20の1
2.弦楽四重奏曲第32番ハ長調作品20の2
3.弦楽四重奏曲第33番ト短調作品20の3
4.弦楽四重奏曲第34番ニ長調作品20の4
5.弦楽四重奏曲第35番ヘ短調作品20の5
6.弦楽四重奏曲第36番イ長調作品20の6

Rudolf Ulbrich, Violin Ⅰ
Wolfgang Buelow, Violin Ⅱ
Joahim Zindler, Viola
Clemens Dillner, Violoncello

CD・ステレオ・録音:1970年4月、ドレスデン、ルカ教会

DENON COCO-70733→4


カワサキヤさんのお薦め、ウルブリヒ弦楽四重奏団のハイドンです。♪
ウルブリヒ弦楽四重奏団は、ドレスデン国立管弦楽団のメンバーによって組織された団体。

風格のハイドン、極めて完成度の高い演奏です。31番はやや雰囲気が解れず譜面を辿りながら演奏している感じがありますが、32番以降はどれも素晴らしい演奏だと思います。

流石はドレスデン国立管!

32番は東京クヮルテットと比べてどうなのかですが、繊細さでは東京クヮルテット、風格ではウルブリヒ弦楽四重奏団でしょうか・・・両方持っているのがベストかと存じます。(^^

スポンサーサイト



コメント

No title

クラシックは複数持たないとお互いの良さがわからないですよね。
そしてどちらも捨てがたいとなるわけで(笑)

No title

flattwinさん、そうですねー。同曲異演盤は、相当な数に上ります。(^^ゞ その中で、自分なりにこれが最高!と言えるものと、迷う~どちらもそれなりに良いというものが混在しています。♪

No title

いよいよウルブリヒ・カルテットの登場となりましたか。ご同慶の至りでございます。このハイドンは、格別の出来で、いかにも旧東独の奥座敷の音楽という趣きがあります。ハイドンのカルテットには各国、各団体そのすべてを聴き尽したいほどの愛着がありますが、まずコレクションの手始めに、絶対に欠かすことの出来ない名演です。
この頃のドレスデンは名手揃いで、ホルンのぺーター・ダム、フルートのヨハネス・ワルターなどもエテルナ=オイロディスクに名盤を残しております。

No title

カワサキヤさん、有難うございます。
ハイドンでは曲が異なりますが、DokuOhさんのブログにあるゲヴァントハウス四重奏団の第77番「皇帝」も是非聴いてみたいと思っております。♪

No title

ウルブリヒ、いいですね♪
このCDは持っています(^^)

20-4の第2楽章の変奏曲が大好きでして..☆

No title

あまでおさん、往年の名盤ですね。
やはり、お持ちでしたか!(^^

もし、同曲であまでおさんのお薦めがありましたら、お教え下さいますでしょうか?

No title

いや、私もあまりこの曲のCDを持っていないのですが、持っている中ではこのウルブリヒが一番です(^^)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ