FC2ブログ

シモノフの「火の鳥」


IGOR STRAVINSKY

1.LE SACRE DU PRITEMPS (THE RITE OF SPRING)

2.THE FIREBIRD - BALLET SUITE (1945)

The Royal Philharmonic Orchestra
Yuri Simonov (Conductor)

SACD:HYBRID・ステレオ・録音:1996年

Centurion Music Ltd 222880-203


チャイコ1812年の爆演を聴いた後、さて春祭はどうなのかと興味津々でした。

結論から言うと、個人的には大人しい演奏かと思いました。ゲルギエフの春祭の衝撃は記憶に新しく、これとはまた違ったアプローチで椅子から転げ落ちる様な演奏を期待したのですが、シモノフの演奏は寧ろ弱音に重きを置いたとでも言いましょうか、少々、物足りない想いが致します。

意外にも素晴らしいのが、「火の鳥」です。英国のオケ、ロイヤル・フィルから驚きの響きを引き出しています。ロシア物のストラヴィンスキーなのに、フランス物の様な描写が聴かれるのです。こんなことはこの曲で初めてのことです。色彩的で美しい・・・この色香は、ストラヴィンスキーの新たな一面を感じさせる驚くべきものです。

2009年からロイヤル・フィルはシャルル・デュトワを芸術監督兼首席指揮者に迎えますが、その辺りの背景がこの響きにあるのでしょうか?デュトワは1966年にロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団とロンドンでデビューを飾り、それ以来、長く非常に良い関係をこのオーケストラと築いてきた(本人の弁)ので、その影響があっても不思議ではありませんが・・・。

いずれにしても、この「火の鳥」、素晴らしい演奏だと思います。

チャイコの1812年同様、SACD:HYBRIDで音質も良く、廉価盤(因みにタワレコで752円)なので、これはお買い得・お薦めです。♪

スポンサーサイト



コメント

No title

へえー価格も安いですし、ジャケットが美しいですね。
当然、内容もいいですしね。

No title

Simonovさんのお勧めまだありますか?

買いたいのですが、ある程度揃わないと送料が無料にならず
もったいないかなぁ~と思っています。

良かったら教えてください。

No title

flattwinさん、何だか勿体無いような廉価盤CDです。
シモノフの可能性・行く先を占う上でポイントとなる様な気がする演奏です。♪

No title

jbls9500さん、シモノフのお薦め~これから聴こうとしているものがありますが・・・時間がなくて、すみません。
他のCDと纏め買いをされた方が、ひょっとして早いかもしれません。(^^ゞ

No title

はい、そうですね。今HMVで頼んでいるものをキャンセルしてこれらを追加します。少し価格が上がったので、HMVでも同じかもしれませんね。

No title

「火の鳥」はあまり種類を聴いたことがありません。レコードで昔買った、小沢征爾のを1枚持っているだけです。
こうしたSACDが出ているとなると無性に聞いてみたくなる曲ですね。

No title

jbls9500さん、ネット通販も値段が変わるので、よくチェックした方がいいですね。(^^

No title

JUNOZAさん、この盤はお手軽に買えて聴けますので、是非、聴いてみて下さい。♪

No title

フランスでバレエ音楽として定着し、繰り返し上演されていくうちに、いつの間にかちょっとフランスものっぽく演奏されるようになったのかもしれませんね。私はバレエが好きなのでストラヴィンスキーも好きです♪

No title

私の拙記事、TBさせてくださいね♪

No title

mamanさん、バレエはフランスが本場ですものね。
ストラヴィンスキーというと、ロシア物としての解釈が先入観になっていますが、フランスの彩色光を当てたところが私には新しく感じました。
仰る様にバレエの本場では、フランス物っぽく演奏されているのかもしれませんね。
TB、有難うございます。どうぞ、ご遠慮なく!♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ