FC2ブログ

ハーディングの「英雄交響曲」


1.R.シュトラウス:交響詩「死と変容」作品24

2.ベートーヴェン:交響曲第3番変ホ長調「英雄」作品55

新日本フィル・ハーモニー管弦楽団
指揮:ダニエル・ハーディング

コンサート・2009年3月11日(水)、19:15開演、サントリーホール大


過日、ハーディングの「運命」を友人から借りたカセットで聴いて、これは!♪と思っておりました。単に奇を衒ったものではなく、表現意欲に溢れた斬新な切り口を聴かせてくれたのです。

一方、ハーディングの生と言えば、前回は東フィルでマーラーの交響曲第6番「悲劇的」を聴きましたが、これは個人的にはもっと分裂的・分析的・破壊的にやって欲しかった・・・正直、喰い足りなかったのです。師匠のラトルがバーミンガムを振ったCDの方が、独自な視点の冴えを感じさせてくれます。いずれにしても、ボンガルツの境地には遠く及ばないと感じております。

さて、今回の「英雄」ですが・・・

第1楽章
う~ん、何だか不完全燃焼で中途半端な印象。調子が悪いのかも。例によってピリオド奏法を採り入れているのですが、無理してそこまでしなくてもという印象が拭えません。

第2楽章
第1楽章が不発だったので、注意力が途切れてしまい、よく聴いていませんでした。凄い演奏だと、それでもハッとする瞬間があるものですが・・・。

第3楽章
ここにきてエンジンが掛かったのか、ホルンも大きくはミスらなかったですし、ハーディングらしい溌剌とした棒捌きが、曲想とマッチしてなかなかの演奏でした。

第4楽章
これも第3楽章の勢いが続いていて、それなりに楽しめるものでした。これなら、このコンサートに足を運んだ意味があるというものです。

ハーディングには、これからも注目していこうと思っています。次回のコンサートは、4月のカンブルラン・・・ベートーヴェン、ベルリオーズ共に期待が高まります。♪

スポンサーサイト



コメント

No title

ALOHA:
Photograph that looks like the element place! (^_^)vvvvv

No title

Mr Sedona,nice to meet you.
Your hometown is Oxford,UK,isn't it?

No title

ハーディングはCDや映像でしか見ていませんが、間違いなく将来音楽界を背負っていく大器でしょうね。まだとてつもなく若いし、さらにかっこいいのです(笑)
そう簡単に日本に来てくれなくなるかも知れません。

No title

3楽章で勢いが出て良かったですね~ホッ^^
若くてルックスも良いハーディングですが、まだまだこれからの成長に期待できそうですね♪

No title

恵さん、そうですね。
ハーディングは、これからが本当に楽しみな指揮者だと思います。日本によく来ている内に、聴き溜めしておきましょう!(^^ゞ

No title

mamanさん、最初はどうなることかと思いましたが、持ち直したので良かったです。(^^
時折、妙に安全圏入りした面白みのない演奏をするのが、気になると言えば気になります。果敢なハーディングらしさを高めていって欲しいと、切に願っています!

No title

ハーディングはモーツァルトも上手だし、楽しみです♪
モーツァルトイヤーに演奏した第6番の交響曲は名演でした(^^)

No title

あまでおさんも、ハーディングに注目されていたのですね。(^^♪
私も、生でモーツァルトを聴いてみたいです。

No title

生演奏は当たりはずれは大なり小なりありますね。
また、私もピリオド奏法は真に曲に合えば素晴らしい成果が生まれるかも知れませんが、無理して何でもやっちゃえ!は、ちょっと勘弁して欲しいですね。
とは言え、未だハーディングの演奏はじっくり聞いたことがありませんので、今度是非聴き込んでみたいです。

No title

JUNOZAさん、ハーディングの新進気鋭・果敢なアプローチは、聴いていて一種の爽快感があります。是非、聴いてみて下さい。(^^♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ