FC2ブログ

河村尚子のショパン


河村尚子というピアニストを初めて知りました。偶々、ネットでハスキルの検索をしていて、「ハスキル国際コンクールに優勝した日本人ピアニスト・・・」という記事が目に止まったのです。

2006年、権威ある難関ミュンヘン国際コンクール第2位、続いて翌年、多くの名ピアニストを輩出しているクララ・ハスキル国際コンクールにて優勝。

ハスキルも個人的にショパンを弾くのを好んだとのことで、このハスキル国際コンクールに優勝した日本人ピアニストのショパンがどんなものか聴いてみたくなり、早速、ネットのショップにアクセスしてみました。

http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=3526581
(リンク切れの場合は、ご容赦下さい。)

とりあえず、舟歌と遺作の夜想曲第20番をダウンロード版で聴いた処…

何と素晴らしい!!!

この演奏は驚異的です。本当に、舟歌も遺作の夜想曲第20番も、第一音からして只ならぬ雰囲気…僅か数小節で耳が釘付けになり、何度も最初から聴き直してしまいました。こんなことは滅多にないことです。嗚呼、もう涙が抑えられない・・・。しかし、まだ20代の若さとは俄かに信じられません…舟歌の「虹色の和音」ディミュニエンドの優美、深い思索の跡もあって、とても一筋縄では行かない芸術家との印象を受けます。

結局、これはCDをまるごと買うしかないという結論に至りました。ダウンロード曲と重複しますが、そんなことを言っていられません。

1.華麗なる変奏曲 変ロ長調 Op.12 [8:34]
2.夜想曲 第3番 ロ長調 Op.9-3  [6:38]
3.夜想曲 第20番 嬰ハ短調(遺作)[4:50]
4.バラード 第3番 変イ長調 Op.47 [7:25]
5.即興曲 第2番 嬰へ長調 Op.36 [5:47]
6.ワルツ 第2番 変イ長調 Op.34-1「華麗なる円舞曲」[5:09]
7.夜想曲 第7番 嬰ハ短調Op.27-1 [5:18]
8.夜想曲 第8番 変ニ長調Op.27-2 [6:01]
9.舟歌 嬰ヘ長調Op.60 [8:38]
10.アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ 変ホ長調Op.22 [14:12]

 録音時期:2008年12月1日~3日(DSD)
 録音場所:ベルリン、ダーレム、イエス・キリスト教会(セッション)
 プロデューサー:フィリップ・ネーデル
 エンジニア:ミヒャエル・ブラマン
 調律:ゲルト・フィンケンシュタイン

 国内盤 SACD Hybrid
 発売日: 2009/03/25
 RCA Red Seal BVCC-31115


女流らしい繊細さに留まらず、ダイナミクスの幅も圧倒的。実にミュージカリティに溢れていて、美しい音色が冴え渡っています。何より音楽が自分のものになっており、響きが広い空間に立体的に展開するのです。ショパンの心象世界が目の前にワープして来た如く、その心に染み入る表現力の多彩さには只管唖然とします。既に大家の風格すら感じられるのです。

テンポルバートの妙、変幻自在の表現力。

河村氏ご本人の弁に拠れば2番目の先生がポーランド人だったそうで、やはり、この堂に入ったショパンには本場仕込みの味わいがあります。

私はショパンが好きで、ホフマン、ホロヴィッツ、ギュラー、フー・ツォン、パデレフスキー、ツィメルマン、アルゲリッチ、ルービンシュタイン、フランソワ等々軒並み聴いてきましたが、そうした中でも河村氏のピアノは、新鮮な輝き放っています。

これは大変なことになりました!♪

5月16日のフィリアホールでのコンサート・チケットも即入手しました。曲目は…
スカルラッティ:ソナタ ヘ短調K.466/ソナタ ハ短調K.158/ソナタ ハ長調K.357
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第4番変ホ長調Op.7
ショパン:舟歌Op.60/夜想曲嬰ハ短調Op.27-1/夜想曲変ニ長調Op.27-2/バラード第3番変イ長調Op.47/アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ変ホ長調Op.22

http://www.philiahall.com/j/series/090516/index.shtml

機会があれば、モーツァルトも是非聴いてみたいですね。

自分の響きを隅々まで聴いている、もう一人の自分がこのピアニストの中には居る様に感じます。

スポンサーサイト



コメント

No title

ああ、今月はお金がないのに・・。
見てしまったばかりに・・聞きたいです(^◇^)

ご紹介ありがとうございます

No title

素晴らしい若手ピアニストを発見されましたね!
感動が伝わってきました。
私もこのお名前、チェックしておきますね♪

No title

flattwinさん、とりあえず、ネットで試聴してみて下さい。(^^
1曲200円でダウンロードも出来ます。ただ、アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズだけは、CDのみに収録されているものです。

No title

mamanさん、ピアノでは久々の感動でした。
6月には、フェドセーエフの指揮でチャイコフスキー記念モスクワ放送響との共演が日本で実現するそうです。曲目は、チャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番で、叙情性とダイナミックさを併せ持つ名演が期待されます。♪

No title

随分と惚れ込んでますね(笑)♪
これだけ誉めてしまうのでは、相当な感動を得たのですね。また早速チケットも手配してしまうとは・・・!
是非、コンサートの感想もよろしく教えてください。

No title

モーツァルトもCDが出ているようですが、ちょっと入手が難しいかも..。是非聴いてみたいものです♪

No title

JUNOZAさん、いやぁ~感動致しました。
兎に角、生でも聴いてみなければなりません。ホールのチケット担当に、出来るだけ手と鍵盤がよく見える位置を探して貰いました。ペダル・ワークも見える位置かもしれません。
5月16日が待ち遠しいです!♪

No title

あまでおさん、モーツァルトのCDもありますね。ネットの大型店だと在庫切れでした。手に入りにくいと、手に入れたくなるのが人情なので、ちょっと頑張ってみますかねー。(^^ゞ

No title

ああ...我慢できなくなって買っちゃいました まだ聴いていないソフトも多いのに...そろそろまとめて聴きこんでみますね。

No title

JBLS9500さん、これはお買いになって大正解だと思います!
ハスキル国際コンクールの審査員が涙したという河村尚子のピアノ・・・ゴールデン・ウィークですから、じっくりとお聴きになってみて下さい。(^^♪

No title

お邪魔します
私もこのアルバム買いました。お気に入りです!
私ももうじきブログで取り上げる予定です

No title

ろじゃーすさん、初めまして。
表面がこれ見よがしでないところがいいですよね。内なる輝き・・・音楽以外のものを感じさせない直向さ。
これからも、本当に期待される芸術家だと思います♪

No title

色々と用事があってやっと落ち着いて聴きました。

実はショパンはなかなかいい盤がなく、聴き込めるものがありませんでした。 これは素晴らしいです。
非常に力強い表現ながらしなやかで色彩感にあふれた表現です。
ショパンのみならず、ピアノ単独で聴ける数少ない演奏!!!
音も抜群にいいですね、素晴らしい盤ですね
是非協奏曲もとっていただきたいですね

No title

jbls9500さん、いつも有難うございます。
本当に心に響く、素晴らしい演奏ですね。モーツァルトの協奏曲も、是非、聴いてみたいです!

No title

ご無沙汰しております。
遅くなりましたが,ようやく購入しました。おっしゃるとおり大家の風格を感じました。繊細でありながらダイナミックですね。
私もブログで紹介させてもらいました。

No title

gqb*f9*1さん、有難うございます。m(__)m
貴ブログの記事、拝見させて頂きました。

河村さんのモーツァルトKV488が、是非、聴いてみたいです♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ