FC2ブログ

PCオーディオ(その64)


金田式ソリッドステートDAC 5V電源のダイオード取替え

オリジナルの回路図でA872(私の場合はA726)のベースに繋がっているダイオード1S1588がディスコンなので、代替品の1S2076を使用していたのですが、これがずっと気になっていました。

弦に艶がもっと欲しいな。クリアだけど、どこか尖がっている様な・・・もしや。

1S2076はガラスエポキシ系接着剤でA726と熱結合してあるので、何だか面倒くさくてなかなか手が付きません。これをうまく外して最小限の手間で済まそうと考えると、次第にやる気が失せるではないですか・・・。

連休とは有難いものです。遂にやる気になりました。(^^ゞ

1S1588はネットのあるサイトで発見し、すかさずゲットしておきました。徐にカッターを取り出し、熱結合部分の分離に取り掛かります。カッター先端をポキッと折って新しい刃にした上で、執拗にトランジスターとダイオードの間隙にメスを入れていくと、思ったよりうまく且つ早く外れたではないですか!我ながら見事!

後は、ハンダを外してダイオードの交換と再度の熱結合だけです。スルーホールの基板で、部品が込み入っている場所でもあり、ランドの穴に詰まったハンダを除去するのが大変かもと思いましたが、これも「ハンダ鏝を基板裏から当て、表からハンダ吸取り器」作戦が功を奏してあっけなく出来てしまいました。

かくして、交換作業は完了。

交換後の試聴ですが・・・
弦の艶、出てきたではないですか!やはり、金田式指定部品は伊達ではありません。もっと早くやっておけば良かった。おっと、弦のパートの人数も増えているし、演奏の熱気も増しているぞ~これは凄い!エージング後が、非常に楽しみな音です。

その後、数日して更なる変化が訪れました。ダイナミックレンジが一層広がって、生々しい響きが部屋の壁を越えて広がります。驚愕のブレークスルー!手当たり次第にCDを聴き捲くっている自分に気付くのです。

たかがダイオード1本ですが、本当に侮れません。
今更ながら、指定部品に拘って損は無いです。畏れ入りました。m(__)m

写真は後ピンになってますが、コンデジですのでご愛嬌ということで。

スポンサーサイト



コメント

No title

Kap​ell​様

始めまして。部品感度も高そうな金田式ですので、ダイオード1つでも音が変わる
のですね。
オーディオ全般でも何か一つ変えると・・・で、もう困ったものです。

さてIS1588ですが、どちらにお住まいか?ですが秋葉原が近い
ようでしたら入手可能ですよ。金田式部品の中でも一番安価で
助かります。今回纏めてご購入かも知れませんが、一声掛けて
頂ければ、10個でも100個でのお送りいたします。

PCオーディオ については興味深くいつも読ませて頂いていま
す。
今後の発展 楽しみにしております。

No title

sar*880*さん、はじめまして。
一部を変えるとバランスが崩れることもあったりで、なかなか難しいものですね。
IS1588は、そんなに入手し易いですか・・・もしかして、部品関係の業者さんでしょうか?有難いお話です。今の処、ある程度余分に持っていますので大丈夫ですが、今後、お世話になることがあるかと存じます。その節は宜しくお願い致します。他にも金田式部品を取り扱っていらっしゃるのですか?
いつも記事をご覧頂きまして有難うございます。順調に発展していく様に(^^ゞ頑張ります。

No title

Kap​ell​様

ご返信ありがとうございます。趣味でアンプ作っている程度で、業者ではないで
すね(笑)。

最近、金田氏のDACは久々のヒットと試聴で感じましたので作ってみました。
ユニバーサル基板で頑張る体力が無いので、基板化して作りました。
オリジナルの通り作るより劣る部分は有ろうかと思いますが、簡単に負けま
したね。
基板の方は折角なので配布して希望者の方にお分けしてみました。

秋葉原の方は近いこともあり、ちょくちょく見てきてます。

では、発展を楽しみにしています。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ