FC2ブログ

アナログの世界~ターンテーブルシート


アナログ・レコードプレーヤーのターンテーブルシート

昔から・・・ゴムの一般的な物・単体、同左プラス豚皮、SAECの金属シート(表面:サファイア加工)、オーディオ・テクニカのテーパー付金属シート、同社のバキュアム・ディスクスタビライザー方式シート(表面:金属と豚皮の2種)・・・と使ってきましたが・・・今は、大事にしまってあります。

この10年は、ウィルソン・ベネッシュのプレーヤー付属のカーボンファイバー・シートの音の良さが気に入って、ずっとこれだけでした。

そこにネット・サーフィンしていて、偶々、あるシートを発見しました。

CFRP(Carbon Fiber Reinforced Plastics) 炭素繊維強化樹脂

ドライ・カーボンを使用したハイテク・ターンテーブルシートです。

http://www.carbon-goods.com/

CFRP、ドライ・カーボンについては・・・

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B9%8A%E7%B6%AD%E5%BC%B7%E5%8C%96%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%83%81%E3%83%83%E3%82%AF

・軽量且つ高い強度
・水平方向に対して、瞬時に振動を逃がす特性
・高周波やノイズ成分を効果的に排除
・全帯域でスピーディー且つクリア、奥深い低域までのリニアな再現に寄与

こうなると、試してみたくなるではないですか!ウィルソン・ベネッシュのカーボンファイバー・シートは2mm厚で、この製品は5mm厚と堅牢に出来ています。

早速、問い合わせしてみると、受注生産で入手まで1~2週間掛かるとのこと。評判も良い様なので、速攻注文。約1週間で手許にきました。

これは、素晴らしい!

最初は音が頭打ちの感じでガサゴソした音ですが、次第に壁が取れて靄が晴れてきます。余計な響きが付かない、克明な表現力。非常にクリアなのにドギつくならない、ハイスピード・サウンド。

スタイラスが音溝をトレースしているとは思えない。
深く澄んだ空間に、浮かび上がる・・・得も言われぬリッチで艶やかな響き。

この週末は、LPを聴き捲くります。(^^♪

因みに写真のプレーヤーは、MHI氏作の金田式モータードライブアンプ搭載・テクニクスSL-1200MK3Dです。

スポンサーサイト



コメント

No title

おお、また興味深々なアイテムが・・・
当家にも、vinさんのところからまた新しいプレーヤーがお仲間入りしたこともあり、後ほど直メでお問い合わせしたく。
逆に、お薦めしたいLPそれも最新のものがあります。あと、これはCDですが今年200周年のあの作曲家のもので、カワサキヤさんも大お薦めのものもついでに・・・

No title

damaterraさん、こういう系はお好みなのですね。
お薦めLP、有難うございます。この時期に最新のものとは!嬉しい驚きです。カワサキヤさんの一押しもですか!(^^♪

No title

おお!アナログのレコードプレーヤー、お持ちなんですね!Σ('◇'*)
父も昔持っていましたが、今はないです・・・。
黒いレコードが針を乗せてくるくる回る、あの雰囲気がいいんですよね~。(´-`*)

No title

たかあきさん、何となく世代の違いを感じるコメント・・・有難うございます。(^^ゞ
「円盤を廻して音声(データ)をピックアップする(読み取る)」という意味では、アナログもCDも一緒なんですけどね・・・。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ