FC2ブログ

シューベルト:交響曲第8番「未完成」


ワーグナー
1.歌劇<ローエングリン>より第一幕への前奏曲
2.歌劇<タンホイザー>より序曲
3.歌劇<オベロン>より序曲

シューベルト
4.交響曲第8番「未完成」

エフゲニー・ムラヴィンスキー指揮
レニングラード・フィルハーモニー管弦楽団

CD・ステレオ・録音:1977年9月27日(1・2)、10月12日(3~5)、東京文化会館大ホール、実況記録録音

MRAVINSKY in Japan Live Edition
キングインターナショナル ALT053



このCDの圧巻は、シューベルト「未完成」でしょう。

第1楽章
冒頭、弦のギリギリの弱音からして只ならぬ気配。弦に比して木管はやや強めに奏させることで、虚無的なまでの孤独感を漂わせるのです。魔術に掛けられた様に、思わずその世界に引き摺り込まれてしまいます。透徹した弦の美しさも無類で、幽玄の響きは夢と現実の狭間を彷徨うシューベルトの心を想わせます。
一方、意外なところでかなり思い切ったアクセントで気迫の強音を響かせる等、独自の視点から再構成された「未完成」ですが、有無を言わせぬ説得力を持っています。しかし、このオケのダイナミクスの幅は凄まじいものです。最強音でも普通のオケならこの辺で留まるであろう処が、更にその上が何気に出てしまうというレニングラード・フィルの力量には、真に感嘆させられます。

第2楽章
開始から背筋がゾクゾクする様な緊迫感が底流を流れ、オケの響きは壮絶なまでに悲壮感を高めていきます。それでいてムラヴィンスキーは、いつも冷静に音楽の内面を凝視している感があるのです。極めて完成度の高い演奏が繰り広げられます。

冷徹と燃焼が交錯する「未完成」、ムラヴィンスキーの芸術。

個人的には、クナッパーツブッシュ指揮・ベルリン放送交響楽団の演奏(1950年)が何よりお気に入りなのですが、このムラヴィンスキー盤も5本の指に入る名演だと感じます。

音質も、前回記事のモーツァルト39番よりは良いです。

スポンサーサイト



コメント

No title

ご無沙汰しています。
日本公演の「未完成」は名演だと聞いていましたが、記事を見て購入することにします。

No title

ムラヴィンスキーのドイツものはいいですよね♪
確か、このシリーズは最近とってもお安く出ているので、買って損はないですよね。

No title

Hirokoさん、ムラヴィンスキーならではの新鮮・鋭利且つ深いドイツものが聴けますね♪
音質は今○○ですが、音楽的価値からしたら勿体無い値段です。

No title

この来日シリーズはどれも貴重な名演奏ですね。
仕方がないのですがもう少し音質が良ければ、とも思います。
今、なぜこんなに安いのでしょうか(笑)定価?で揃えた私は涙ものです。
クナの演奏がお気に入りとは、とてもうれしいです!

No title

恵さん、すみません。
偶々安いところで、買わせて頂きました。m(__)m

クナがオーソドックスに振った時、却ってその凄さが分かったりします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ