FC2ブログ

河村尚子のモーツァルト




1.モーツァルト:ピアノ・ソナタ第18番ニ長調KV576
2.シューベルト:ピアノ・ソナタ第20番イ長調D.959
3.プロコフィエフ:ピアノ・ソナタ第2番イ短調作品14

河村尚子、ピアノ

CD・ステレオ・録音:2002年6月、Coservatoire Superieur de Paris

DiscAuverS AUVERS DAS001


河村さんのモーツァルト、入手難でHMVに注文後何週間か待ちましたが入荷せず、これは無理っぽいので河村さんの本拠地ドイツのアマゾンにアクセスしてみると、ありましたありました♪早速、注文ボタンをポチ。

驚いたのは配達の速さです・・・注文後、何と中3日で手許に来ました。カナダにオーディオ部品を注文した時も配達が速いですが、ドイツも流石です。国民性ですか・・・まぁ、店の担当者の対応如何でもありますね。CDの価格より送料の方が高くつきましたが、トータル3千円くらいで入手出来ました。


さて、このモーツァルトです。

本当に素晴らしい!宇野功芳氏が嫌うところの、女性的で小味なモーツァルトではありません。きりっと引き締まった清潔なタッチ、非常に繊細で陰影に富みながら、背筋のピンと張った芯の強さも併せ持っています。この、たった一音で「喜び」と「悲しみ」を描き分ける手腕には頭が下がります。こんなことは、ホルショフスキーで体験して以来のことです。どれ程の鍛錬をしてここまでの技術を身につけたのでしょうか・・・技術と音楽性が高次元で結びついた驚異の世界。

ハスキルやホルショフスキー・・・その演奏の神々しさ。河村さんも間違いなく、それらと同じ類のものを持っていると感じます。微かなテンポ・ルバートに籠められた深い思索の跡。

思わず、ワルター・クリーンとリリー・クラウス(68年録音)のCDを取り出して、KV576を聴き比べてしまいました。簡単に言うと、河村さんの演奏はクリーンより自然で、クラウスよりニュアンスが豊かです。河村さんの響きは、常に立体的(構造的)で生き生きとしています。

シューベルトもプロコフィエフも、見事な演奏です。作曲家の特質・語法を自らに取り込み、自在に音として表現する・・・その直観力は瞠目に値します。

河村さんは、ベートーヴェン、ブルックナー、ブラームス、シューベルトの交響曲もかなり聴き込んでいらっしゃるとのこと。そうした音楽が、少なからず河村さんの響きに深みを与えている様に思われます。

録音は2002年6月ですから、河村さんが21歳(1981年5月生)の時のものです。前回記事のそれから6年余り経たショパンも実に感動ものでした・・・これからも本当に期待されるピアニストです♪

尚、ジャケットにシューベルト:ピアノ・ソナタ第22番とあるのは、第20番の印刷ミスと思われます。当記事の方は修正しております。

スポンサーサイト



コメント

No title

本当に凄いですね~
うちでは最近、80年代、70年代のポップばかりが
流れています(^▽^;)

クラッシクッは唯一好きなフィギアスケートの
今日ばかりですね~!
チャルダッシュやマスカレードなどなどが入ったのです(*^.^*)

全く詳しくありませんが何かをキッカケに好きななるのも
縁のある曲なのかな~って最近は思います(*´σー`)

No title

私もAmazon.deをみて、どうしようかなあと思っていたのですが、購入されたのですね♪

Amazon.deは本当にいつも素早いですよね(^^)
私も送料には目をつぶって、よくお世話になります。

No title

日本では売ってないのですか?リサイタルの時に会場で買ったので持っていました。

No title

ayaさん、そうですよね~私も知らない曲は、最初BGMで聴くのです。「ながら族」でも、その内ハッとする瞬間が来ます。
その「アハ体験」が、何より楽しいんです!♪

No title

あまでおさん、いやぁ~買って正解でした♪
そうです・・・送料を気にすると、大事な物を逃しますよね。思い切ってーポチ!が吉かと存じます。(^^

No title

クリームシチューさん、その時、既にこのCDをHMVで注文済みだったので、リサイタル会場では買いませんでした。後悔先に立たず・・・です。(^^ゞ

No title

Kapellさま、すっかり河村さんの音色の虜ですね~♪
モーツァルトの録音CDをドイツアマゾンまで!さすがです。

アマゾンって本当に早いですよね。パリから日本に注文すると2,3日で届くと聞いてました。速さにお国柄も関係するかもしれませんね。世界は本当に狭くなりました♪

No title

mamanさん、いやぁ、虜かもしれません。(^^ゞ
アマゾンは各国で品揃えが違っていて、世界を巡ってショッピング出来ますね。
ネットのお陰で、世界は本当に狭くなりました・・・有難い世の中です♪

No title

kapell様
今晩は。河村さんのモーツァルトの録音は、存じませんでした。パソコンが苦手の私は、入手が難しいかも知れませんが、聴いてみたいです。
私は、彼女のショパンの録音を感心して、自分のブログに簡単な記事を載せました。私はそこで、彼女の「テンポ・ルバート」を賞賛しました。今、Kapell様のこの御記事を拝見して、すでにそれを指摘なさっていることを知りました。御慧眼に感服し、また、多忙のあまり、訪問させていただくのいを怠っていたとはいえ、Kapell様の鋭敏な評価に言及せずに、記事を書いたことをお詫びいたします。

No title

リラ1890様
>Kapell様の鋭敏な評価に言及せずに、記事を書いたことをお詫びいたします。
いいえ、お気になさらないで下さい。
お褒め頂きまして恐縮です。m(__)m

今後も、彼女の演奏・録音から目が離せませんね。
仰る通り、彼女のショパンはただ甘く感情に流されただけのものではなく、そこには「律せられた優美」があると感じます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ