FC2ブログ

PCオーディオ(その66)



Macbook自作電源MarkⅢ

PCオーディオ(その42・43・44・49)で、ユニエル電子の直流電圧可変型電源AVR-302AHを使用したMacbook自作電源MarkⅡを製作しました。本来は金田式の電源を使いたかったのですが、丁度良い物がなかったのでユニエル電子のキットにした経緯があります。

今回は、「MJ無線と実験」平成20年9月号の金田式DCアンプシリーズNo.198レコード再生システムの安定化電源・モータードライブ・アンプ用シリーズ・レギュレーター+15Vを流用して、Macbook自作電源MarkⅢを作ってみようと思います。Macbookは、電源電圧は約15Vと低いのですが電流が2A以上流れることもあって結構電源の安定度を要求されます。万一、不安定になる様だったら、FF400の電源に転用する手もありますので実験モードでトライしてみます。

例によって、希少トランジスターを惜しげもなく投入致します。A726G、C1400、B541、C959等々、大分残り少なくなってきました。(^^ゞ

基板は、MHIさん特製のガラス・エポキシのスルーホール・タイプです。金フラッシュおよび銅箔厚みに70μを採用した物で、音の良い重量感のある基板です。金田式指定の基板はベークですが、このMHIさんの基板も見事な音だと思います。


うまくいくことを祈って!♪

因みに各部品は電極から本体まで、ポリマール等を使って綺麗に磨き上げてあります。

スポンサーサイト



コメント

No title

電源は重要ですね!
昔!トランジスターでアンプ作ってた頃、手元にあったチョークを入れてみたんですが、音の変化に驚きました!
チョークコイル恐るべしですね!

2A流せるチョークは少ないですね!

くま

No title

くまさん、電源は本当に重要ですね!
チョークコイルもプライトロンが素晴らしいですよ。
http://www.plitron.com/audio_chokes.asp
リストに2A流せる物はないですが・・・特注すれば別です。(^^

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ