FC2ブログ

PCオーディオ(その67)



Macbook用自作リニア電源MarkⅢ

「MJ無線と実験」平成20年9月号・金田式DCアンプシリーズNo.198レコード再生システムの安定化電源・モータードライブ・アンプ用シリーズ・レギュレーター+15VによるMacbook用電源MarkⅢ


PCオーディオ(その66)に引き続いて、金田式Macbook用リニア電源の製作記事です。

前回のリニア電源はエアライン・アダプターを使用していましたが、今回はACアダプター補修用のApple純正ケーブルを見つけたので、喜び勇んでゲットしました。

MagsafeのACアダプター、そのPC側プラグには5つのピンがあり、夫々以下の電圧となっています。これにはPCオーディオ(その44)でも触れました。
[1]0V
[2]6.7V
[3]16.5V
[4]6.7V
[5]0V
試しに補修用のApple純正ケーブルに15Vの電圧を掛けてみると、[2]と[4]にそのまま15Vが出力されます。これで大丈夫なのか?・・・どうも腑に落ちないので、ネットで執拗にググってみると、何と海外のサイトにありました♪
しっかし、海外にもマニアックな方がいるものですね~。(^^ゞ
http://pangea.stanford.edu/~schmitt/magsafe/#more

上記の[2]と[4]の電圧は無負荷時の電圧なのです。負荷が掛かると[2]と[4]は16.5Vまで上昇することが分かりました。本リニア電源では負荷の有無を感知する回路がないので、負荷の「ある」・「なし」に拘わらず[2]と[4]が16.5Vとなります。負荷の有無を感知することで、同時にプラグのLEDの点灯・消灯をコントロールしているのです。[3]のピンは、充電池の充電完了を検知するセンサーの役割をしている模様です。

となると、そもそもエアライン・アダプターなんぞ不要だったことになります。う~ん、何てこったい!

エアライン・アダプターには、PC本体充電池の充電機能をオフにする回路が組み込まれていることも書かれていました。説明書に「充電は出来ません」とあるのは、意識的にその回路が入れてあるからですね。なーるほど、航空機内での充電は、航空機の電源システムに余計な負担を掛ける為まずいのでしょう。リチウム・イオン電池が発火・爆発のトラブルを起こす可能性も考えたのかもしれません。

この補修用のApple純正ケーブルなら余計な回路を飛ばせる分、音質向上のご利益がありそうです。ここが最大のポイント・・・金田式リニア電源ダイレクト接続の世界!

さあ、それでは早速電源を組み上げてしまいましょう。シャーシーの放熱用の穴開けがいつもながら結構大変です。どうせなら、綺麗に仕上げたいですからね。

天板の穴開けはじっくりとするとして、とりあえず組み上げたので電圧をチェックの上、Macbookに繋いでみました。現状は15.2Vとしていますが、問題なく動いています。暫く様子を見て、本来の16.5Vに上げようと思います。

因みに本電源は、純正金田式にCPMとContinental Capacitor Type A 30μFをアレンジしてあります。

まずは通電して馴らし運転。明日、音出ししてみましょう!当面はエージングですが・・・♪

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ