FC2ブログ

ドライカーボン・インシュレーターのその後


写真右は「ドライカーボン無垢」、左は「ドライカーボン+ノーメックス®ハニカム」でいずれも20×20×約10mmのミニサイズとなっています。

今回、ワンオアエイトカンパニーさんから左のインシュレーターを購入しました。
http://www.1or8co.com/onlineshop01.html

さて、「ドライカーボン無垢」と「ドライカーボン+ノーメックス®ハニカム」の比較試聴です。

「ドライカーボン無垢」は、低域に量感があり、ハイファイ・オーディオ調になります。

「カーボン+ノーメックス®ハニカム」は、低域が無垢に比べると減りますが、すっきりと纏まりの良い音です。

更にエージングを重ねて夫々のキャラクターをよく把握して、2種を組み合わせてみるのも面白そうです。


たかがインシュレーター、されどインシュレーター、やはりインシュレーター。

ドライカーボンって、つくづく凄い素材ですね!♪(^^

スポンサーサイト



コメント

No title

オオーw(*゜o゜*)w
初めてみたものです(*>艸<*)ブフッ

覗いてみてもこれがどのように使われるか・・・
未知の世界だな~~~(*´σー`)

No title

ayaさん、すみません~オーディオ・マニアでないと分かりませんよね。(^^ゞ
簡単に言うと、アンプとかの下に敷いて音質を改善する物です。電磁波を吸収するので、もしかするとワイン等のお酒の熟成にも良いかも?

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ