FC2ブログ

金田式DCマイクによるモーツァルトKV493


モーツァルト:ピアノ四重奏曲変ホ長調KV493
シューマン:ピアノ四重奏曲変ホ長調作品47

フィルハーモニーカンマーアンサンブル
コンサート2008 in オペラシティ Vol.2

ヴァイオリン
青木 高志(東京フィルハーモニー交響楽団首席コンサートマスター)

ヴィオラ
曽和 万里子(東京フィルハーモニー交響楽団ヴィオラ)

チェロ
黒川 正三(東京フィルハーモニー交響楽団首席チェロ)

ピアノ
黒川 文子(聖徳大学・大学院講師/三光教会オーガニスト)

CD・ステレオ・録音:2008年4月23日、オペラシティ、ライブ

media CHAPA
吊りマイク用改造金田式DCマイクロフォンで収録
プレス版CD



ピアノが主導するアンサンブル。

自由闊達なピアノ、丸みを帯びた美しい音がさっと並べられます。ところどころミスはありますが、聴かせるモーツァルトだと思います。弦がちょっと緩い時がありますが、なかなか良い響きが出せているのではないでしょうか。

シューマンも自由闊達なピアノが印象的です。ただ録音が良いというだけのCDではありません。

音質は自然なコンサート・プレゼンス。
間接音が豊富ですが、ダイレクトな音も克明に記録されています。金田式ならではの超高感度マイクの世界♪

興味のある方、こちらで買えます。2,500円(税込・送料込)とリーズナブルなお値段。
http://www.mediachapa.com/

スポンサーサイト



コメント

No title

こういうコンサートのチケット代ってわかりませんが
2500円ってかなりお安いですよね?
このくらいの価格だとクラッシク知らない人でもいってみようかな~
って思ってモーツアルトの良さを改めてしったり出来るのかも
ですね(*'ー'*)♪

No title

ayaさん、そうですね・・・ホール、席、演奏家にも依りますが、2,500円なら安い部類です。気分もコンサートで、このCDを聴いてみるのも一興です♪

No title

KV493にシューマン・・本当にピアノ四重奏としては最高の曲ですよね♪

これは本当に興味アリです(^^)

No title

あまでおさん、この自由闊達で生き生きとした演奏は、そこそこのものかと存じます。
宜しければ、お聴きになってみて下さい。(^^♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ