FC2ブログ

古代ギリシャの音楽


古代ギリシャの音楽~ミューズへの賛歌

グレゴリオ・パニアグワ指揮
アトリウム・ムジケー古楽合奏団

XRCD・ステレオ・録音:1978年6月
録音技師:アルベルト・ポーリン

Victor JM-XR 24200(仏harmonia mundi原盤)



故・長岡鉄男氏が絶賛した超優秀録音。「外盤A級セレクション」中、トップとの声が高い逸品。

有名な録音なので、既にLPでお聴きになった方も多いかと存じます。

最近のハイレゾ録音と比べても遜色のない、と言うか、それさえも上廻るかという尋常でない質の高さを確かに感じます♪

豊かな間接音の中で、ダイレクトに立ち上がる直接音のスピードに驚きます。何というトランジェント!
非常にクリアな空間に定位する声や楽器の実在感!

金田式DCマイク録音ではないかと思ったりします。(^^ゞ

楽曲そのものは相当パニアグワ氏のイマジネーションの産物みたいですが、悠久なる音楽の源泉に想いを馳せてみたり~なかなかの面白さかも。

まだお聴きでない方、是非、この世界を体験してみて下さい!

スポンサーサイト



コメント

No title

懐かしい音源ですね!LP時代に私も購入して聞いておりました。
現在ではパニアグアの捏造であることが立証されているようですが、ここで聞かれる古代ギリシアの音楽はまたこれで一つの世界を築いていましたね!

CDかされた音源も所有していますが、アナログのあの名録音からするとやや音が纏まり過ぎた様な気もします。しかし「デルフィのアポロン神託」などは今聞いても新鮮ですね!!

No title

maskball2002さん、お持ちでしたか!
胡散臭いのですが、音が抜群に良いですし、こういうのもありかなですね。
アナログLPは持っていないので比較できませんが、更に凄いとなると探さないといけません。(^^

No title

古代ギリシャ人が奏でる音楽を生で聴いてみたいものです。
オリーブの実がたわわに樹に実る丘を吹き渡る乾いた風・・・。
奏でられたのは弦楽器だったのでしょうか・・・。

No title

たかあきさん、弦楽器、打楽器、管楽器、鍵盤楽器、声と様々です。
本当の古代ギリシャ音楽は、どうだったのでしょうか?今となっては知る由もないですが・・・。

No title

グレゴリアンチャントのCDがいくつか在りますがみんな読経を聞いている感じですよ!!

でもなにかスゴイ迫力を感じます!! ほんとうに古代の実際はどんなであったのでしょうかね?

No title

油食林間さん、グレゴリア聖歌の言葉の意味・内容は分かりませんが、
響きだけでも深遠を感じますね。
マンローのゴシック期の音楽を聴くと、これもお経みたいですよ。
当時の実際の演奏は知る由もないですが、録音に残された優れた演奏家の
洞察力には痺れますね♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ