FC2ブログ

PCオーディオ(その72)


D-Clock用金田式リニア電源の製作

高精度水晶、Macbook、Fireface400と相次いで金田式リニア電源を導入してきました。

このところ、愈々エージングが進んで、素晴らしい音楽を奏でております。CDを替える度にアンプやスピーカーまでが、更めてエージングされている驚きの事実!金田式リニア電源には、極めて強い支配力・制御力があることを思い知らされます。

さて、今回はCDドライブと1394変換回路の外部クロック・D-Clockの電源を金田式化します。

MHIさんが作られた金田式DACの5V電源基板を流用して、12Vに作り替えます。ツェナー・ダイオードと電圧調整抵抗を変更すればOKです。今回のケースでは扱う電流も20mA程度と僅かなので、虎の子2SA566は使用せず、2SA606を使い電流制限抵抗も合わせて変更します。

専売特許の「発振」が起きては一大事なので、負荷を掛けた上でオシロできちんとチェックし、妙に発熱するトランジスターがないか指先で慎重に確かめます。

D-Clockは動作電圧範囲が9.00~24.00Vと広いので、電圧調整はテキトーでも大丈夫です。一応、11.86Vでよしとしました。

とりあえず、2つあるD-Clockの片方用は出来たので、あともう1つをこれから作ります。

トランスやシャーシーまで新規調達して全部作り替えようと思ったのですが、ちょっと面倒なので易きに流れ、既存の三端子レギュレーター基板を外して入替えることにしました。

一方、高精度水晶とMacbookの電源については、近々、抵抗関係をZ201"Naked"に替える予定です。これも凄いことになりそうな予感♪

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ