FC2ブログ

テクニクス SL-7の修理






テクニクス SL-7の修理

手持ちのSL-10ですが、リニアアームの動作は快調なものの、ミューティング回路(リレー等)に不具合があって音が途切れてしまいます。このリレーが生産中止品で、ネットをいくら探してもありません。仕方ないので部品取りにと思って、下位機種のSL-7ジャンク品をオークションでゲットしました。

SL-7を開腹してみると、何とリレーは全然違う物が付いていました。ガーン!

それなら考え方を変えて、SL-7を生かして使うことに。

SL-7のリニアアーム駆動用のベルトが経年劣化でギリギリ状態なので、ネットで代替品を探しましたがうまく見つかりません。とあるサイトで、別の用途の物を転用して成功している例がありました。これです!早速、実行あるのみ。

http://kokoromomori.blog103.fc2.com/?no=116

もっちゃんさん、有難うございます。本当に助かりました。

エラストマー・ゴム脚の直径24mmを輪切りにして使うというアイデアです。

これは塩梅が頗る宜しい・・・エラストマーの柔らかさがプーリーにフィットしています。
快調に動作しております。

と思ったら、途中で演奏が止まってしまいます。リフトを上げて、アームをレコード内周に手動で移動させると、そこからの再生には問題がないのです。これはベルトを交換する前からあった症状なので、別の原因です。さぁ、これから究明しなくてはなりません。どなたか、こうした故障を修理した方、いらっしゃいますでしょうか?(^^ゞ

スポンサーサイト



コメント

No title

おはようございます、もっちゃんです。
参考引用、ありがとうございます^^

う~ん、おそらくアームを動作させている可動部分のパイプ、棒などのグリスが硬化、または乾いている可能性が考えられます。
もう20年以上の前の機種ですからね・・・

私自身、SL-D4のときは引っ掛かりもなくスムーズにいったんで(何度もテスト済み)、グリスぬる必要がなかったのですが、
SL-10の場合はかなり前というかベルト交換するまえでしたから、この時グリス塗り直したら直るかも?と思い実行したものの(わりあい、結構固着…というより乾燥してた)
微々たるもので・・・^^;
んで、エラストマーゴムの輪切りをはめただけでスムーズにうごいたんで、たぶんこのグリス塗り直しが効いているのかもしれませんね。
SL-10編
http://kokoromomori.blog103.fc2.com/blog-entry-183.html

続きます~

No title

続きます(コメントが500文字制限みたいで・・・)


ちなみにこちらは「SL-DL1」機種は違いますが、
グリス塗りなおしなどの分解の仕方はここに詳しく載ってます。
http://yasshin.hp.infoseek.co.jp/boron'sdiary3.2.htm
中段あたりの記事です。

それにしても懐かしいソニー製アンプとチューナー・・・ついつい見とれてました^^また訪れますね(^^♪

http://kokoromomori.blog103.fc2.com/

No title

もっちゃんさん、有難うございます。
稼動部分のパイプ、怪しいと思ってテフロン潤滑剤を塗っておいたのですが、きちんと清掃してからが良かったですね。(^^ゞ
演奏が途中でとまった上、勝手にアーム・レストに戻ってしまうのです。次にPLAYボタンを押しても、低位置にアームが行くもののリフトが下りず、上でじっとしているという挙動不審状態。
ご教示頂いた方法で分解・清掃してみます。

No title

Kapell様
今日は。リニアアームのプレイヤーをお使いなのですね。私は昔、見惚れ、欲しかったのですが、買えないまま、過ごしてしまいました。さぞかし良い音でしょうね。修理が成功するように、祈っております。

No title

リラ1890さん、有難うございます。
このSL-7は、もっちゃんさんのアドバイスに従ってリニア・アームのメカも清掃・注油等したのですが、残念ながら復活しませんでした。そこで、オークションの出品者に説明のなかった故障がある旨を連絡した処、快く返品に応じてくれました。良い出品者に当たってラッキーでした♪

別途SL-10を持っていますが、これも再生が不調(ミューティング回路?)なのでメンテに出しています。お手軽プレーヤーとは言え、音は侮れないものですよ。

No title

あのゴムベルトは思ったよりクリチカルですよ。
千石の角ベルト22-25mmがいいです。

No title

mot**igenkiさん、やはりそうですか。
千石電商に角ベルトがあるとは!貴重な情報、有難うございます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ