FC2ブログ

買ってはいけない?季刊ステレオサウンド


ステレオサウンド誌との付き合いは、私が中学生の頃に始まりました。

最初に買ったステサンは「プリメインアンプの全て」という試聴記で、デンオンPMA-700とヤマハCA-1000が圧倒的な高得点を得ていた記憶があります。

その後、この採点法にメーカー側からクレームが付き、評論家先生方の対話形式に変わってしまいました。先生方のご発言の真意を汲み取るのは・・・行間を読むのが楽しいと言うか、面倒と言うか、得点評価の方が分かり易いですよね。どの先生がどんな点数を付けているかで、ある程度、製品の音質傾向等が分かるものです。

このステレオサウンド、私的には「買ってはいけない雑誌」なのです。買うと記事にある製品を欲しくなってしまうから~~~です!

ステサンを買いさえしなければ、余計な物を買わずに済むという訳。

それでも、久々にステサンを買ってしまったのです。近頃のオーディオ製品に疎くなっているので、ちょっと知識をリニューアルしようかと・・・。

これがいかんのかも。(^^ゞ

スポンサーサイト



コメント

No title

メーカーさんが圧力をかけるとその業界は衰退していきますね。
どこもいっしょでしょうけど

No title

あはは、ちょっと傾向は違いますが、私にも『買ってはいけない雑誌』..ありますねえ(^^;

まったく面白いものが沢山あって、困ったものです♪

No title

ステレオグランプリの冬号だけは、ときどき買っています。
オーディオ、カメラ、音楽、車など趣味の雑誌は全て財布の重さと関わりなく物欲を刺激しますね。
ですから立ち読み程度にして深みにはまらないように戒めています。

No title

flattwinさん、メーカーも自分の製品に自信があれば、変な要求はしないでしょうね。一方、お金を出して良い記事を書いて貰うケースもあるかも・・・。

No title

あまでおさん、『買ってはいけない雑誌』ありますか!
PCオーディオ&自作系がメインになっていますので、ステサンは本当に参考程度にしようと思っているのですが・・・困ったものです♪

No title

yymoonさん、グランプリは買われることもあるのですね。
私も普段は立ち読み程度ですが~今回は魔が差してしまいました。(^_^;)

No title

Kapell様
おはようございます。私は、たぶん20年以上前から、この雑誌を毎号買ってしまいます。最初は、特に冬季号の採点を参考にしていましたが、最近では、カタログ集として見ることにしています。記事で製品を誉めるだけでなく、短所を指摘してあれば、と思うのですが、この種の雑誌の性格上、それは無理でしょうね。広告を出してくれる会社の製品をけなすことはできないでしょう。行間を読み取るのは大変です。実際に使用されている方たちの感想の方が、私には有益です。

No title

高級雑誌ですね。ステレオサウンドは!
これを買うと本当にその気にさせられ、つい高価なアンプやスピーカーが手に入るような錯覚を覚え、それが現実となりそうです。
それが「怖いな」

No title

リラ1890様
ステサン、毎号買われているとは!なるほど、カタログ集として見られるのですね。実際に使用している方達の感想や意見は、機器の欠点も教えてくれるので、私にとっても有益です。

No title

JUNOZAさん、確かに高級雑誌です。
雑誌としてはそれなりの高価格で、長年の高級オーディオ誌としてのステータス、リッチ・ハイソなイメージがありますね。
今回のステサンに買い気をそそられる製品がなければいいのですが・・・。(^^ゞ

No title

この雑誌、よく書店で見かけます!
Kapellさんには危険な雑誌だったのですね^^

私もショパンやレッスンの友、ムジカノーバなどを何年も読んでいたのですが、一度やめて2,3年後に手にしたら別の世界かと思うほど情報が更新されていました。たまに読むとリフレッシュできます。でもこちらは刺激されて買ってもせいぜい楽譜くらいなので大丈夫です(笑)

No title

mamanさん、その見掛けていらした雑誌が危険なのです。(^^ゞ

お読みの雑誌から、音楽を身近に嗜まれている雰囲気が伝わって参ります。mamanさんがピアノを弾かれている姿が浮かんできました♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ