FC2ブログ

SONY ST-5000F復活か・・・




SONY ST-5000Fの電解コンデンサーを全数交換したものの、シュルシュル・ジージー・ジリジリというノイズが消えません。Bluessさんのアドバイスでは、ステレオ復調回路に問題がありそうとのこと。

こうなったら、全体のメンテも含めてオーディオサービスさんにお願いするしかないでしょう。通算で3週間くらい掛かりましたが、やっと修理が完了しました。

早速、聴いてみると・・・ソリッドな美音が奏でられます。おぉ、往年のソニートーン復活!

かなりの数のトランジスターを代替品に交換しているので、オリジナル通りではなくなりました。電解コンデンサーも自前で交換しているので、そもそもオリジナルではありませんね。

音質がリフレッシュされたぞーと喜んだのも束の間、グッと音量を上げてみると・・・ゲゲゲ~例のノイズがまだあるではないですか。(^_^;)

これは、また原因を究明しないといけません。オーディオサービスさんのところでは、ノイズの再現がないとのことで、少々厄介な問題になってきました。

ヤマハのCT-1000ではそうしたノイズが出ないので、やはり、ST-5000Fのどこかに不具合があるとしか思えません。

都内に別の修理業者さんを見つけたので、更めて修理に出そうと思っています。

ノイズ追放の暁には・・・

オーディオ・タイマーなる物もオークションでゲットして、今や死語となったエアチェックをしてみようかと思っています。録音もカセットデッキです。

スポンサーサイト



コメント

No title

今でも現役で活躍しています。
半年前にメンテナンスをしましたが、その後、右側の音がでなくなり
修理(MPX回路に信号が流れない)をして、本来のいい音が出ています。

No title

fukaeさん、SONY ST-5000Fは真にチューナーの名機ですね。
拙宅では、その都内の業者に修理を依頼しました。電源のブリッジまで交換してやっとノイズが収まり、快調に動作しています。最近、フィルムコンデンサーも全部取り替えようかと考え始めました。中身がディスクリート構成ですから、純正に拘らなければメンテには困りませんね。

No title

電界コンデンサーの劣化が気にはなりますが、今の所問題なしに機能しています。いずれ、取替の時期がきたら手間を掛けて実行します。

No title

fukaeさん、問題のない間はオリジナルを保つのがいいですね。
電解コンも沢山取り替えるのは、かなり骨の折れる作業です。この機種は手配線の部分が多くて、その配線を都度外さないと部品を外せませんので余計に大変です。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ