FC2ブログ

PCオーディオ(その78)



今までFirewire400のケーブルは、カテゴリ7のLANケーブルを使って自作していました。今回、プロケーブルさんのところで興味深いFirewire400ケーブルを見つけたので、早速、試してみることにしました。

http://www.procable.jp/products/firewire400.html

20cmの物が3,200円、50cmの物が3,400円と、これまたリーズナブルな価格なので、お試しも気楽に出来ます。とりあえず20cmと50cmを購入して、Macbookとハブ間、Fireface400とハブ間に入れてみました。私のシステムでは、このハブを経由してCDドライブも繋がっています。このハブについては、恐らく「そんな物を入れない方が良い」というご指摘がありそうですが、MacbookにはFirewire400のジャックが1つしかないので止むを得ません。処理スピードは、スペックを見る限り問題ないと思われます。

さて、この米国製Firewire400を繋いでみて・・・

これはカテゴリ7自作ケーブルを凌ぐものです。(実際、カテゴリ7という規格は存在しないとのこと)
ダイレクト感が凄い!上には上があるものだと実感させられます。克明な表現力を持っていながら、きつくなりません。凄みのある自然さとでも言いましょうか、よくぞこんなケーブルを探し出したものだと思います。

これはお薦めです!ただ、長さが20cmと50cmしかないので、機器のセッティングを工夫しなければならないことがありそうです。

しかし、ベルデンにカテゴリ6オーバーのLANケーブルが存在し、それがまた素晴らしい音とのこと。

http://www.procable.jp/products/lan.html

こうなると、このベルデンLANケーブルでFirewire400のケーブルを自作するという発想が自然に湧いてきてしまいますよね~。(^^ゞ


次に、金田式ソリッドステートDACとプリ間のケーブルですが、モガミ2497とベルデン88760の聴き比べをしてみました。

http://www.procable.jp/products/Belden88760.html

ここは金田式御用達のモガミ2497との戦いになります。ベルデン88760を繋いでみると、一聴してリジッドなものを感じます。ケーブルの感触はかなり硬く突っ張ったものですが、音はキンキンした様な癖がありません。正にフラット、情報量・表現力も見事で流石と思わせますが・・・

モガミ2497に繋ぎ替えます。こちらの方が音が緩い感じですが、くっきりした表現力も備えているので良い意味での個性になっています。余韻の出方と言うか残り方が、ベルデンとモガミで結構異なります。モガミの方が、余韻がホールの隅々に響いていく様をリアルに再現しています。意外にも、ベルデンの音の方が響きが減って聴こえるのです。

88760というケーブルの非凡さは良く分かります。ただ、プラグ(ノイトリック製・細身ケーブル専用バネ付)の首にあるスプリング・スリーブに磁石を当ててみると見事にくっつくので、これが多少なりとも音に影響していそうです。

ここはモガミの勝利です。因みにピンプラグはピン穴なしで、絶縁体もベークの物です。この結果は拙宅の場合でして、環境が違えば異なる結果でしょう。それ程に実力のあるケーブルだと感じますが、鉄のスリーブだけは頂けないかも・・・。

スポンサーサイト



コメント

No title

モガミ(NEGLEX)さすがですねー!永年のユーザーとして嬉しいところです。さて、相島技研さんのHP「きょうのニュース」11月26日号に、興味深い(きっとKapellさんにとっても)記事が載ってました。
http://www5b.biglobe.ne.jp/~a-ag/
また、11月19日号の記事は当方依頼のものです。ARIA CLUB UNION(Vinさんのところ)には感想をアップしましたが、素晴らしいのひと言です。無節操にも、ほぼ同時期に新カートリッジ(SPU-Synergy)を導入してしまいましたが、そちらが霞んでしまうくらい・・・いや、やっぱり霞まずにいずれも喝采モノです!

No title

damaterraさん、フィデリックスのクロックには、大変興味があります。正式発売になったら、是非購入したいです。Vinさんのところにアップされた感想を拝見します。
アナログの方も、頑張っていらっしゃるのですね。(^^

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ