FC2ブログ

アーベントロート/後期交響曲集



懐かしい名前ですね~アーベントロート。

友人と飲んだ帰りに渋谷のタワレコに立ち寄った際、友人が手に取って・・・

「こういうのが好きなんじゃないかな。」と私に渡したCD。

(私は心の中で「おぉ、久々のアーベントロート!」と叫びました。)

私がアーベントロートで持っているのは、ブラームス:交響曲第4番くらいです。それもLPで長年聴いていませんでした。

このCD、前から聴いてみたかったベートーヴェンの第9も入っていて、他にも面白そうなものがあるので速攻ゲット致しました。


いゃあ~往年の響きですね。この指揮者の音楽への情熱が楽員ひとりひとりに伝わって、音楽が形作られていく様そのものが感動的です。

安心して聴けるというか、壺を外さない強かさは流石と思わせます。

ベト9では、気迫の籠もった表現ながら乱れない強靭さが印象的です。時に突き刺さるような金管が、聴く者の心に直に訴え掛けてくるのです。ここには、確かにベートーヴェンの意志の力が存在しています。

他の曲も、これからじっくりと聴いてみたいです♪


今も色褪せないアーベントロートの芸術

スポンサーサイト



コメント

No title

アーベントロート、懐かしいですね!
といっても私は彼のシベリウスの2番などはいまだに愛聴していますが!
西のフルトヴェングラー、東のアーベントロートと謳われ、一時代を築いた巨匠でしたね。

ベートーベン(ことに「田園」はお気に入りです)、シューベルト、ブルックナー、ブラームスなどいずれも正統派のドイツ色にあふれた、滋味深い演奏を聞かせてくれましたが、興が乗れば緊張感に満ちた魂魄の演奏もまた聞かせてくれましたね。
2009/11/28(土) 午後 2:05[ maskball2002 ]

No title

アーベントロートはベートーヴェンの第9、ブラームスの第1、チャイコフスキーの第6を持っています。
第9はフルトヴェングラーほどの深みはないものの、ダイナミックさは彼を上回るかも知れませんね。
また、チャイコフスキーの「悲愴」はこの演奏のベストワンだと思っています。

No title

大作曲家の晩年の交響曲ばかり・・面白いアルバムですね♪
何か『晩年』にかける意気込みのようなものがあったのでしょうか?

残念ながらモーツァルトも持っていません(><)
今度探してみようかな♪

No title

アーベントロートのブルックナーNo9をかなり昔(20歳前後の時だったか?)に聞いて以来、彼の第9番のとりこになってます。こんなCDのセット物があったんですね!
是非、私も欲しいです♪

No title

maskball2002さん、アーベントロート、正に巨匠ですね。
シベリウス2番も良いのですか~CD店で探してみます♪
こうしたハート溢れる正統派の演奏に懐かしさを覚える今日この頃です。現代に欠けたものを感じさせてくれるからかもしれません。

No title

ゼントさん、フルヴェンの第9との比較は仰る通りだと思います。
チャイコ「悲愴」は、終楽章にクライマックスを置いた上で手前の楽章は敢えて80%くらいの力で演奏している気がします。周到なドラマ設定ですね。

No title

あまでおさん、面白い企画CDですよね。
アーベントロートのディスコグラフィーについて詳しくは知りませんが、東側の指揮者なのであまり全集的な録音はしなかったのかもしれません。
モーツァルトも滋味豊かな演奏ですので、お聴きになってみて下さい。特に41番は、堅固な造形の中に清冽な美しさが光る見事な演奏と感じました。

No title

JUNOZAさん、アーベントロートのブル9をお聴きだったのですね。確かに虜にさせるものを持った、心に訴え掛ける演奏だと思います。
こうした企画物CDを店頭でチェックしてみるのも、また一興かと存じます♪

No title

こんにちは。アーベントロートはあまり印象がないので聴きこんでみたいですね。
ブログ開設しました よろしければ相互の情報交換お願いできませんでしょうか?

http://blogs.yahoo.co.jp/jbls9500

No title

どちらの方かと思ったら、jbls9500さんだったのですね。(^^
情報交換、勿論OKです。こちらこそ宜しくお願い致します♪

アーベントロート、是非、聴き込んでみて下さい。

No title

半分ほど聴いていないものがあるので、ぜひ手に入れたいCDですね。
アーベントロートも、どちらかと言うと若い人達は名前すら知らないようです。このようなCDで広く皆に聴いてもらいたいです。

No title

恵さん、そうですね~こうした企画物CDで皆に聴く機会を作って貰いたいです。現代人が忘れかけた大切な何かを思い出させてくれる、素晴らしい指揮者ですね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ