FC2ブログ

古典四重奏団の夕べ




古典四重奏団によるレクチャー付きコンサート

音楽が見える! in 新百合ヶ丘 2009年 夏・冬シリーズ

第11回公演「フーガの真髄」


damaterraさんのお薦めで、行って参りました古典四重奏団。

生涯教育的催しだけに止まらない、何より音楽を聴かせてくれるものでした。

前半は、チェロの田崎さんがレクチャーを行ないながら実演を交えていくスタイル。

後半が、画像にあるバルトークとベートーヴェンの演奏です。

第1ヴァイオリンの川原 千真さんを中心としたアンサンブルで、集中度の高い見事な演奏でした。

ただ、私見ですが、川原さんが主で他の方が従という関係が強すぎる気が致しました。川原さんの表情付けやダイナミクスに併せて他の奏者がきっちり合わせていくので、統制が取れている反面、他の奏者のいい意味での自発性が少々失われていると感じました。

例えばバルトークで第2ヴァイオリンやヴィオラの独奏部分になると、日本人的?な控え目さが出てきて、もっとダイナミックにアクセントを効かせて弾いて欲しいところが、やや喰い足りなくなってしまうのです。

各奏者が音楽を融通無碍に奏しながら、魔法の様に融合して、更なる高みに達していく世界を期待しておりました。そういう意味で、東京クヮルテットの演奏は、曲は異なりますが本当に驚異的鳥肌モノでした。

とは言え、これからがとても楽しみな実力ある団体ですので、今後もコンサートに通いたいと思っております♪

駄耳の戯言ですので、言いたい放題の段、どうかご容赦下さい。m(__)m

スポンサーサイト



コメント

No title

少し前にCDをゲットしており、気になる存在でした。CDはなかなかよかったです コピーコントロールがなければ最高なのですが(涙)

No title

SEEDさん、CDを既にお持ちでしたか。(^^
コンサート会場でもCDを販売していましたが、何を買うか迷ったので、考えてからネットでポチすることにしました。私も、CDをじっくり聴いてみたいと思っていたところです♪

No title

アマゾンでモーツァルトの試聴ができるようですね♪
ちょっと聴いた感じではなかなかいい雰囲気なので、私もCDを買ってみようかな(^^)...もっとも、コピーコントロールでiPodに入らないようでしたら止めます(笑)

No title

あまでおさん、アマゾンでモーツァルトをちょっと聴いてみました。
仰る通り、なかなかいい雰囲気ですね。バッハと一緒にウィッシュリストに入れておきました♪

No title

>東京クヮルテットの演奏は、曲は異なりますが本当に驚異的鳥肌モノでした。
実演?それともDGへの第二期メンバーによるアナログ末期の全集録音でしょうか?これらは確かに凄いですね!原田幸一郎さん在籍時の至宝として、ハイドンのプロシャ四重奏曲集作品50(こちらも6曲)と双璧をなします。
エイベックスへのモーツァルトは、ハイブリッドとはいえ私の忌み嫌うCCCDなので(かつてパイオニアのプレーヤーが異常回転を始め、それが原因で故障した実例の体験者です)手を出しかねていますが、SACDレイヤーのみを再生するなら大丈夫でしょうか?
実はその頃は同社の株主で、3回ほど株主総会とその後のシークレット・ライブに行ったので、質問&要望しとけば良かったかも・・・そういう間もなく消滅したCCCDはまさに時代の徒花でしたね。(ちなみにクラシック畑では森麻季さんが登場しました)

No title

damaterraさん、東京クヮルテットの鳥肌モノは、TDKレーベルのKV465《不協和音》やハイドンの《太陽四重奏曲》第2番です。
原田さん在籍時の録音は全て聴いてみたいと思っています。ハイドンのプロシャ四重奏曲集作品50~今では入手が難しそうですね。
エイベックスのSACDハイブリッドで、CDプレーヤーが異常回転して壊れた経験はありません。SACDレイヤーのみを再生・・・拙宅には、SACD再生環境がないので大丈夫かどうか分からないです。(^^ゞ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ