FC2ブログ

クリスマスのシャンパン



今年のクリスマス・・・
シャンパンは、このパイパー・エドシークにしました。

比較的リーズナブルなお値段で、そこそこ評判が良いシャンパンです。

ピアニストのエリック・ハイドシェックは、有名なシャンパン醸造元シャルル・エドシーク家の御曹司。
このパイパー・エドシークは、現在、シャルル・エドシークと同じレミー・コワントロー・グループが運営しているそうですが、シャルルが高級フレンチのガストロノミー向けなのに対して、パイパーはパーティー・ワイン系の物になっています。

謂わば大量生産ワインの類で、年号なしのスタンダード・タイプです。
当たりだと良いのですが・・・まぁ、駄舌の私ですから、飲んで酔えれば良いということで。(^^ゞ

エリック・ハイドシェックのモーツァルトでも聴きながら、グラスを傾けてみますか♪

スポンサーサイト



コメント

No title

シャンパンが何がいいか 迷ってました。
先日 この記事をみてHPで調べましたが、値段までは分からず・・(^。^;) 今日もお店に行きましたが売ってなかったなぁ~!!
シャンパンの2リットルはないようですね(*^艸^*)

No title

アルコールを嗜んでしまうと「音」がわからなくなります。
でも、クリスマスの12月はおいしいシャンパンを頂きながらのモーツァルト、最高かも知れませんね♪

No title

む~ちゃんさん、このパイパー・エドシークを飲んでみました。
気が付いたら、いつものことですが1本なくなってました。
似たクラスでランソンとテタンジェがあり、私の好みはテタンジェ、ランソン、エドシークの順ですね。エドシークは、後味にちょっと炭酸の癖がある様です。
シャンパンの2リットル・・・炭酸の圧力が凄いので、紙パックという訳にはいかないのでしょう。でも、何とか工夫して欲しい!(^^

No title

JUNOZAさん、確かに適量を超えると駄目ですね。
聴く音楽に合わせて、シャンパン、ワイン、スコッチ、バーボン、等々を嗜むのも一興です。(^^♪

No title

エドシーク→ハイドシェック(えっ?)
ロトシルド→ロスチャイルド(なんと!)
固有名詞、特に人名の読みは難しいですね!
当家のクリスマスシャンパンは、「ドゥメニル」という銘柄でした。といっても選んで買ったものではありません。夏ごろだったか、東京駅大丸のワイン売り場で「シャンパン、ヴァン・ムスー(スパークリング・ウィン)6本入り福箱」なるものを売っていて、シャンパン2本、スパークリング4本で1万5千円程とお手ごろだったので買っておいた最後の1本です。でも折角ならブーヴ・クリコあたりに行きたかったところ・・・でもワイン系は味音痴なので単なるイメージで言ってるだけです!

No title

damaterraさん、日本語での表記は間違えると分かり難くなりますし、英独仏等と混ぜこぜになったりで困りますね。
私も適当に買っているだけで、ワイン系はよく分かりません。(^^ゞ
福袋類は、結構人気の様ですね。新年は、ランソンを飲もうかと思っております。いろんな料理に合いますし、飲むと盛り上がってくる味です♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ