FC2ブログ

ターンテーブル・シートについて


アナログディスク・プレーヤーのターンテーブル・シート。

オーディオ・テクニカのすり鉢型金属製のもの、同社のバキューム型のもの、SAECのサファイア・コーティングした金属製のもの、近所のガラス屋さんに作って貰ったガラス製のもの・・・以前はデンオンのDP-3000を使っていた(今は納戸に引退中)のですが、兎に角、色々と試しました。

スタビライザーの種類によっても音質は大きく変わります。オーディオ・クラフトのドリルチャック式のもの、オーディオ・テクニカのステンレス製のもの、トーレンスの9つの円柱を寄せた型のもの、等々。これらをシートとの組合せで詰めていくのは大変でした。

しかし、レコードに重しを載せれば、レコードそのものにストレスが掛かることになり、それが音になって出てきます。いい方向に作用することもあるのですが、必ずしもそうではないのです。いいはずだ・・・と思って聴いていて、暫くすると何かおかしいと思うようになるのです。

スタビライザーはごく偶に、トーン・コントロール代わりに使う感じになりました。

今、使用中のプレーヤーはトーレンスのTD-126Ⅲですが、オリジナルのシートは外して、ウィルソン・ベネッシュのカーボン繊維シートを載せています。このカーボン繊維シートは、メーカーから部品として取り寄せたもので(確か3千円くらいで安価でした)、普通に製品では売っていませんでした。帯域バランスが低音から高音までフラットで、非常に反応のいい音がします。

昔、某オーディオ誌のレポートでウィルソン・ベネッシュのプレーヤーの評価が高かったので、そのシートに興味が湧き注文した訳です。これは、大当りでした!しかし・・・今、知ったのですが、何と、このウィルソン・ベネッシュ、アナログ・プレーヤー製造から撤退してしまったのですね(T_T)。残念!

スポンサーサイト



コメント

No title

SME3009Ⅲが良そうですね!シートも色々使いましたが、あまりハード志向のモノより普通のタイプ?の方が好みでした。今は、ロクサンのシートを使っています。

No title

カナブンさん、コメント有難うございます。う~ん、画面の右側しっかりチェックされましたか!このアーム、見た目はか細いですが、安定したプレイバック振りです。シートは、確かにガチガチ系より普通が良いですね。過ぎたるは、何とやらかも・・・?

No title

昔、エクスクルーシヴP3aを使用していた時はガチガチ系で攻めてました。ボディーもアームもスタビも何もかも… それはそれでいい音だったのですが、リジット過ぎでしなやかさや艶気に欠ける音でした。(腕がないのも理由)トーレンスから拘りの音が写真から聴こえてきそうですね♪ カートリッジはシュアーでしょうか???私はあまり数をこなしておりませんが、シンプルな44Gが好きです。価格も安いし(^-^;)エクスクルーシヴP3a+44Gや103の音は濃口の素うどんみたいな音でなかなか奥深いものでした♪

No title

そのお話、大変、よく分かります。「リジッドに徹底すれば、いいはずだ」と私も考えました。ただ、音楽媒体が固有の弾性を持つ塩ビのレコードで、金属が相手では反作用も大きいと気付きました。カートリッジは、仰る通りシュアーV-15Ⅳです。M-44G、安くても侮れない、音楽を生き生きと再生してくれるものですね。デンオン103も、いくつかのバージョンを体験(今も一部保有中)しましたが・・・再現力の高さを感じます。

No title

「どうしても響いてしまうものは、ドダイ響かせないようにするのは困難であって却ってストレス音を聴く羽目になる・・・コツは美しく響きながら直ちに静粛になるようにする」ということなのかもしれません。

No title

これ、DJさんが使ってるやつですか?

No title

ぴ~こさん、いらっしゃいませ。DJさんがスクラッチで「ジュピジュピ」させているものと、基本的には同じです。ただ、DJさんのはターンテーブルの駆動方式がこのベルト・ドライブでなくて、ダイレクト・ドライブです。要はモーターが直にターンテーブルに繋がっている(ダイレクト)か、いないか(ベルト経由)の違いです。ベルトのものでスクラッチすると、機械がかなりヤバイ(>_<)です。カートリッジも、スクラッチ対応のもの(逆回転可)を使います。今はCDプレーヤーでも、スクラッチ機能があるものが出ているようですね(^^♪。

No title

オーディオ・テクニカのバキューム型のもの…入手したものの、面倒で放置されてしまいました・・・トオイ目。私は、めぐり巡ってM-44-7使用中です。イケマス(と思っています)

No title

kontora423さん、コメント有難うございます。実は私も同じATの製品を持っております。しかも、表面金属バージョンと表面皮バージョン双方。いずれにしても・・・レコードに埃がめり込むので駄目でした。シュアーM44-7、歴史の淘汰に耐えてきた名品だと思います。プロ好みのアイテムですね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ