FC2ブログ

アウリン四重奏団のシューベルト


FRANZ SCHUBERT

Quartet G Major op.161 D887
1.Allegretto molto moderato
2.Andante un poco moto
3.Scherzo. Allegro vivace
4.Allegro assai

Quartet Movement C Minor op.posth. D703
5.Allegro assai

AURYN QUARTET
Matthias Lingenfelder, violin
Jens Oppermann, violin
Steuart Eaton, viola
Andreas Arndt, violoncello

CD・ステレオ・録音:1989年?、デジタル録音、ブライバッハ、西ドイツ

TACET 5



DokuOhさんのHPで、同四重奏団のシューベルト:弦楽五重奏曲が採り上げられていたので、ずっと気になっていたのでした。偶々、ネットでこの弦楽四重奏曲の方のCDを見掛けたので、喜び勇んでゲットしました。

これは、本当に素晴らしい演奏です♪

身も心も空間に浮遊するかの如く、シューベルトの世界に誘い込まれてしまいます。危険な程に美しい・・・非常に表情豊かですが、決して嫌味にはなりません。

儚き優美~シューベルトの光と影を認めた深い響き

録音も以下の機材を使った拘りのものです。

Microphones : Neumann M49 ×2 ・ Neumann U47 ×2
Mixing console : Studer 961
A/D-Converter : Lexikon 480L(18Bit)
Loudspeakers : Generec 1022A

エレクトロニクス関係は、TACETオリジナルの模様です。これらの真空管式ヴィンテージ・マイクロフォンにTACETが労を惜しまず調整を加えた結果、近代のBruel&kjaer 4003やSchoeps MK2よりも優れた音質を得た旨のコメントがブックレットに(ごく控え目に)記されています。

このTACET、一部のオーディオマニアの間では、よく知られたHiFiレーベルだそうです。オーディオ的なところだけ前面に出てしまって、音楽の素晴らしさが広く語られないのはあまりにも残念です。

録音年月が今イチはっきりしませんが、1989年だとすると、東西ドイツ再統一1990年10月3日の直前のタイミングになりますね。

この場を借りて、聴く機会を与えて下さったDokuOhさんに御礼申し上げます。m(__)m

スポンサーサイト



コメント

No title

改めまして、明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い申し上げます。

アウリンを取り上げていただいてありがとうございます。また、コメントが遅くなってすみません。

この15番はTACETの旧盤ですね。ジャケットのメンバーの写真もすごい若いです(笑)。これは未聴ですがCPOの新盤で彼らの15番を聴いています。無論、私の中のベストの演奏です。新旧聴き比べてみたいです。

彼らこそは現代最高の弦楽四重奏団だと信じて疑いません。技術の高さもさることながら、その音楽性の高さは比類なきものがあります。おっしゃるとおり、自然で嫌味が一切ないところが彼らの美徳だと思います。彼らのファンが増えて嬉しい限りです。他にはフォーレのピアノ五重奏などの極め付きの名演がありますので、お試しください。

No title

これ持ってます!
TACET は 録音場所の自然な残響情報が上手く録れていて、楽しいです。 サックス と パイプオルガン の組み合わせ(埋もれて見当たらない)は、エコーが反射するさまが凄いです。ただ、ずっと効いていて楽しいかは別ですが・・・

本年もよろしくお願いします。

そうそう、クロックの実験楽しみにしております。

No title

DokuOhさん、いつも有難うございます。
こちらこそ、今年も宜しくお願い申し上げます。

アウリンは各奏者の技術がハイレベルで、夫々が豊かな音楽性を持ちながら、それらが高度に融合したバランスを持ち、しかも自然なところが本当に非凡だと思います。

フォーレのピアノ五重奏、早速、ネットでポチ致しました♪

一方、偶然ですが、時期を同じくして友人が英国でアウリンのコンサート~ベートーヴェン作品127を聴いて甚く感動し、その場で四重奏曲全集のCDを買い求めたとのメールが入りました。このCDも、ゲットせねばなりません!

No title

shin_pa_paさん、お持ちでしたか!
いろいろなジャンルの音楽を高音質で収録したCD等を手掛けるレーベルですね。しかも、演奏も見事なものが多い様です。
http://www.tacet.de/main/seite1.php?language=en&filename=welcome.php&layout=willkommen
http://www.hifijapan.co.jp/tacet.htm

こちらこそ、本年も宜しくお願い致します。

超低ジッタークロック、これも奥が深くて・・・ぼちぼちです。(^^ゞ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ