FC2ブログ

ツェンダーのベートーヴェン(その3)


シューベルト:交響曲第5番変ロ長調

ヴァレーゼ:エクアトリアル

ベートーヴェン:交響曲第8番ヘ長調

ハンス・ツェンダー指揮
南西ドイツ放送交響楽団

CD・ステレオ・録音:2004年1月
Disclosure CLASSICS DS 0060-2



ベートーヴェンの交響曲の中では、個人的に第3が一番好みで、次いでこの第8です。ベートーヴェン自身も、この曲がお気に入りだったそうですね。

余談ですが、「ベートーヴェン」と書いて(読んで)いますが、ドイツ語の発音としては「ベートホーフェン」が正しいんです。高校時代にドイツ語の教師がそう言っていたのをふと思い出しました。

第8の名演と言えば、シューリヒト/パリ音楽院やクナッパーツブッシュ/ミュンヘンフィルがまず浮かびますが、このツェンダーも凄過ぎです!

第8は、割と地味な曲との扱いであまり聴かれませんが、この晴朗と躍動の世界は、ベートーヴェンの高潔を殊更に感じさせるものです。

第1楽章冒頭の旋律は引き締まって美しく描かれ、シューリヒトの演奏を彷彿とします。ツェンダーの方が寒色系のイメージですが、冷徹にはなりません。この指揮者が振ると、ハーモニーが充実して聴こえるのは、オケ・トレーニングをきちんとしているからでしょうね。

第2楽章は、魅惑のメトロノーム・・・ベートーヴェンが興味津々にメトロノームを眺めているかの様で、好奇心・茶目っ気の中にもキリリとした味わいがあるところがツェンダーならではかと思います。

第3楽章、ちょっと裏を突いた拍の取り方、各パートを浮き立たせた生かし方、本当に見事です!微妙なアゴーギクが終始利いています。

第4楽章の後半がツェンダーの面目躍如たるところでしょう。この曲が、第9に連なるトンでもない巨峰であることを知らしめる驚異的な演奏と言って過言ではないと思います。

カップリングのシューベルトがまた素晴らしい演奏で、特に第2楽章の美しさは印象的です。緻密でありながらくどくならず、変化に富んでいて、よくもまぁここまで表現できるものだと感心・感激頻り!

エクアトリアルでも、ツェンダーの分析力が生きていますね。

音質は少々不鮮明なところがありますが、鑑賞に支障はないレベルです。




ツェンダーの響き・・・再現芸術の孤独。

スポンサーサイト



コメント

No title

お恥ずかしいことに第8は本当に久しく聴いていないです(><)
しかも、ベートーヴェン(NHKは今でもベートーベンでしたっけ?)の交響曲では唯一、1枚もCDを持っていないという酷さで(^^;

モーツァルト好きが1枚この曲のCDを買うとして、Kapellさんならば誰の演奏をお薦めになりますか?

No title

あまでおさん、そうですね~モーツァルトも素晴らしい指揮者が良いでしょうから、シューリヒト/パリ音楽院かと。
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00005GIYC/sr=8-10/qid=1264900491/ref=olp_product_details?ie=UTF8&me=&qid=1264900491&sr=8-10&seller=

No title

あまでおさん、文字数制限の関係で続きです。
私は全集で購入したのですが、第3・第6・第9(第9のみステレオ)も大変な名演です!
ネットで探してみると・・・これら以外にもあるかもしれません。全集は、中古しかないみたいです。ヘンスラーから出ているカール・シューリヒト・コレクションに収録されているかどうか・・・現物を見ないと分かりません。m(__)m
http://www.amazon.co.jp/gp/offer-listing/B000UVACRA/ref=sr_1_olp_3?ie=UTF8&s=music&qid=1264901783&sr=1-3&condition=used
http://www.hmv.co.jp/product/detail/1201545

No title

さっそく色々とご教示いただきありがとうございましたm(_ _)m

私も少し調べてみたいと思います!

No title

あまでおさん、ご丁寧に有難うございます。
モーツァルトに造詣の深いあまでおさんが、お気に召されれば何よりです♪

No title

ベートーヴェンの第8番というと、マイナーなイメージが先行してしまい、第6番、第7番、第9番と行って、8番は何故か飛んでしまいがち。
だけど、Kapellさんが言うとおり、この第8番すごくいい曲ですね。小ぶりなできですが、各楽章、魅力的ですね。

No title

JUNOZAさん、ある意味、この8番はベートーヴェンがその後期にモーツァルト的な佇まいで曲を書いたという気も致します。優美にして簡潔、それでいて情熱が溢れている・・・バランスの取れた名曲かと存じます♪

No title

シューリヒトの第8番、聴いてみました。
とりあえず中古レコードで!
TBさせて頂きますね。

No title

JUNOZAさん、それはそれは!
先程、そちらに訪問・コメントさせて頂きました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ