FC2ブログ

クララ・ハスキル ポートレート


CD1
・モーツァルト:ピアノ協奏曲第19番(録音:1953年 RIAS)
・モーツァルト:ピアノ協奏曲第20番(録音:1954年 RIAS)
  フェレンツ・フリッチャイ指揮、RIAS交響楽団

CD2
・モーツァルト:ピアノ協奏曲第13番(録音:1953年 RIAS)
  フェレンツ・フリッチャイ指揮、RIAS交響楽団
・シューベルト:ピアノ・ソナタ第21番(録音:1951年 PHILIPS)

CD3
・ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第5番『春』(録音:1957年 PHILIPS)
  アルテュール・グリュミオー(ヴァイオリン)
・モーツァルト:ピアノ・ソナタ第10番(録音:1957年 PHILIPS)

CD4
・バッハ:2台のピアノのための協奏曲 BWV.1061(録音:1956年 EMI)
・モーツァルト:2台のピアノのための協奏曲 K.365(第10番)(録音:1956年 EMI)
  ゲザ・アンダ(ピアノ)
  アルチェオ・ガリエラ指揮、フィルハーモニア管
CD5
・ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第32番(録音:1953年 SWR)
・ラヴェル:ソナチネ(録音:1953年 SWR)
・バッハ:トッカータ ホ短調 BWV.914(録音:1953年 SWR)
・ドビュッシー:練習曲集より『対比的な響きのための』(録音:1953年 SWR)

CD6
・ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第3番(録音:1950年 WESTMINSTER)
  ヘンリー・スヴォボダ指揮、ヴィンタートゥール交響楽団
・ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第18番(録音:1955年 PHILIPS)

CD7
・ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第4番(録音:1954年 RIAS)
  ディーン・ディクソン指揮、RIAS交響楽団
・ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第17番『テンペスト』(録音:1955年 PHILIPS)

CD8
・シューマン:ピアノ協奏曲(録音:1956年 TSR)
  エルネスト・アンセルメ指揮、スイス・ロマンド管
・シューマン:アベッグ変奏曲(録音:1954年 RIAS)
・シューマン:アルバムの綴りより4曲(録音:1954年 RIAS)

CD9
・バッハ:ピアノ協奏曲第5番(録音:1950年 SONY)
  パブロ・カザルス指揮、プラド祝祭管弦楽団
・D.スカルラッティ:11のソナタ集(録音:1950年 WESTMINSTER)

CD10
・シューマン:子供の情景(録音:1955年 PHILIPS)
・シューマン:森の情景(録音:1954年 PHILIPS)
・シューマン:色とりどりの小品(録音:1952年 PHILIPS)

 クララ・ハスキル(ピアノ)

CD・モノラル

Germany SONY MUSIC 232868 PC:321



ハスキルの芸術を堪能出来る10枚組CD。

何とネットの某ショップで1,132円の超お買い得価格で、LPやCDで既に持っていて被る曲目があってもポチですね。

リマスタリングしたのかどうか分かりませんが、音もバラつきはあるもののモノラルながら鮮明です。

それにしても、ジャケットのハスキル、本当に凄い形相ですね。繊細で愛に満ちた演奏の影には、恐るべき厳しさが潜んでいたに違いありません。


ハスキルの音楽には、孤独の中に聴く者を癒す響きが満ちています。類稀な音楽性と技術を持つ演奏家が、全身全霊を籠めて描く世界・・・それに触れられる喜びは、何より無上のものです。♪

音楽・・・それは生きる喜びであることを教えてくれる、ハスキル。

スポンサーサイト



コメント

No title

確かにお買い得ですね!
ただ演奏評が全く書かれていないのが残念!!

No title

マスクさん、演奏評ですね~すみません、手抜きかも。(^^ゞ
http://blogs.yahoo.co.jp/william_kapell/37993073.html
上記URLの記事に書いたことに変わりはありません。
当記事にも一部を再掲しておきますね。

No title

ハスキル・・本当に、繊細な中にも厳しさを感じさせる音楽ですよね♪

モーツァルト以外は聴いたことがないのが申し訳ないです(^^;

No title

あっ!買ったんですね。ハスキル
収録曲の何曲かはレコードなどで所有しているので、見送ってたCDです。しかし、安いから・・ちょっと未だ未練が??
渋谷のタワレコでも置いてありました。

No title

JUNOZAさん、ええ、被っている曲がありますが、特にスカルラッティをいつまでも良い音質で聴きたいので迷わずポチしました♪
タワレコ渋谷店ですか!私も、時々徘徊します。(^^

No title

音はいかがですか???

No title

SEEDさん、記事にも書きましたが、曲によってバラつきはあるもののモノラルながら鮮明な音だと思います。
ただ感じ方は個人差があるので、あまり期待しないで下さい。(^^ゞ

No title

私も注文していますが、未だ到着しません。
ハスキルの録音は、こんな言い方は変ですが、彼女のポートレート写真との相乗作用で感動を増すと思っています。
録音には入りづらい音色が、彼女の人間性を彷彿とさせる写真のイメージによって補完されている。
飾り気のない、一色の音なのに、タッチの一つ一つに強い思いが込められている。
スタイルとしては、クリフォード・カーゾンとも共通します。しかしデリケートな弱音を大切にするカーゾンに対し、ハスキルのタッチは剛直といっていいほどの打ち込みが感じられます。小柄で決して筋力が強くはないはずの彼女の全力のタッチとペダル遣いが、モーツァルトの音楽と絶妙に調和して、あの誰とも違う音楽を作り出していると思います。

No title

あまでおさん、失礼致しました。
亀レスで、申し訳ございません。m(__)m

ハスキルは、持病で調子が悪いのに無理して弾いている時がある様な気が致します。調子の良い時は、ちょっと誰にも真似の出来ない飛ぶ鳥を落とす勢いがありますね。(^^

No title

yositakaさん、ハスキルのタッチとペダルの妙は絶品だと思います。
飾り気のなさが高潔な音楽を生み出していますね。

精神の力というものの偉大さを感じます♪

No title

ようやく昨日とどきました。音質は思ったよりずっとよいです。
フィリップスが彼女の録音を多数手がけながら、いまひとつ音がぼんやりしたものが多かったのは一つの謎です。放送録音のほうがタッチを鮮明にとらえているのは、このセットの音源を聞き比べれば明らかでしょう。フリッチャイとの三曲の協奏曲の、オーケストラを含めての、底光りするような臨場感豊かな響き!
今回初めて耳にしたアンセルメとのシューマン ビアノ協奏曲。
このヴィクトリア・ホールでの録音は、オッテルローとのセッション録音やシューリヒトとのライヴ以上に、ハスキルの演奏をよく伝えていると思います。
ベートーヴェンの最後のソナタが含まれているCD5も初めて耳にするもの。期待して聴きたいと思います。

No title

yositakaさん、CD到着まで随分と時間が掛かりましたね。
私もこのCDは、期待より音が良いと感じました。放送録音は、あまり音を弄っていないせいか素直な音がすることが多い気がします。
これで沢山ハスキルの演奏を堪能出来ますね♪(^^

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ