FC2ブログ

カール・シューリヒト コレクション

Carl Schuricht Collection 1950-1966 [20CD+DVD]


 
合計収録時間:22:46:00
カール・シューリヒト・コレクション 1950-1966

【曲目】全てカール・シューリヒト(指)シュトゥットガルト放送SO.
=CD 1= モノラル(分売93.141)
[1] ベートーヴェン: 交響曲 第7番 イ長調 Op.92
[2] シューマン: 交響曲 第2番 ハ長調 Op.61
録音:
[1] 1952年10月24日 シュトゥットガルト=デゲルロッホ、ヴァルトハイム(ライヴ)
[2] 1959年10月31日 シュトゥットガルト、ゼンデザール・ヴィッラ・ベルク

=CD 2= モノラル(分売93.142)
[1] 交響曲 第9番 ニ短調 Op.125 「合唱つき」
 マリア・シュターダー(S)マルガ・へフゲン(A)マレイ・ディッキー(T)オットー・ヴィーナー(Bs)
 SWR声楽アンサンブル、シュトゥットガルト教員合唱協会、シュトゥットガルト・バッハ合唱団
[2] 序曲「コリオラン」 Op.62
録音:
[1] 1961年9月13日 シュトゥットガルト・リーダーハレ(ライヴ)
[2] 1952年9月25日 シュトゥットガルト、ゼンデザール・ヴィッラ・ベルク(ライヴ)

=CD 3= [1] のみステレオ / モノラル(分売93.143)
[1] ブラームス: 交響曲 第2番 ニ長調 Op.73
[2] 同: 運命の歌 Op.54
[3] 同: 悲歌 Op.82
 シュトゥットガルトSWR 声楽アンサンブル
録音:
[1] 1966年3月16日 シュトゥットガルト、フンクスタジオ・ベルク
[2] 1954年1月26日 
[3] 1954年1月25日 シュトゥットガルト、ゼンデザール・ヴィッラ・ベルク

=CD 4= モノラル(分売93.144)
ブラームス: ドイツ・レクイエム Op.45
 マリア・シュターダー(S)ヘルマン・プライ(Br)
 シュトゥットガルトSWR 声楽アンサンブル、フランクフルト・ヘッセン放送Cho.
録音: 1959年11月7日 シュトゥットガルト、ゼンデザール・ヴィッラ・ベルク

=CD 5= モノラル(分売93.145)
ブルックナー: 交響曲 第4番 変ホ長調 「ロマンティック」
録音: 1955年4月5日 シュトゥットガルト=デゲルロッホ、ヴァルトハイム(ライヴ)

=CD 6= モノラル(分売93.146)
ブルックナー: 交響曲 第5番 変ロ長調
録音: 1962年10月18日 シュトゥットガルト、リーダーハレ(ライヴ)

=CD 7= モノラル(分売93.147)
[1] ブルックナー: 交響曲 第7番 ホ長調
[2] ワーグナー: 楽劇「トリスタンとイゾルデ」より前奏曲と愛の死
録音:
[1] 1953年3月6日 シュトゥットガルト=デゲルロッホ、ヴァルトハイム(ライヴ)
[2] 1950年4月29日 シュトゥットガルト=デゲルロッホ、ヴァルトハイム

=CD 8 & 9= モノラル(分売93.148)
[1] ブルックナー: 交響曲 第8番 ハ短調
[2] 同: 交響曲 第9番 ニ短調
録音:
[1] 1954年3月10日 [2] 1951年11月2日 シュトゥットガルト=デゲルロッホ、ヴァルトハイム(ライヴ)

=CD 10= モノラル(分売93.149)
[1] グリーグ: 演奏会用序曲 「秋に」 Op.11
[2] ブルッフ: ヴァイオリン協奏曲 第1番ト短調 Op.26
 ハンスハインツ・シュネーベルガー(Vn)
[3] ヘルマン・ゲッツ: ヴァイオリン協奏曲ト長調 Op.22
 ロマン・シマー(Vn)
(収録内容続き1)
[4] ロベルト・フォルクマン: 序曲 「リチャード3世」 Op.68
録音:
[1] 1954年12月2日 [3] 1953年4月10日 [4] 1952年9月12日 シュトゥットガルト、ゼンデザール・ヴィラ・ベルク
[2] 1960年9月15日 シュトゥットガルト、リーダーハレ

=CD 11= モノラル(分売93.150)
[1] ハイドン: 交響曲 第100番 ト長調 「軍隊」
[2] 同: チェロ協奏曲ニ長調
 エンリコ・マイナルディ(Vc)
[3] 同: 交響曲 第95番 ハ短調
録音:
[1] 1958年4月8日 シュトゥットガルト、ゼンデザール・ヴィラ・ベルク
[2] 1950年11月5日 (ライヴ) [3] 1955年4月5日 シュトゥットガルト=デゲルロッホ、ヴァルトハイム

=CD 12 & 13= モノラル(分売93.151)
[1] マーラー: 交響曲 第3番 ニ短調
 ルート・ジーヴェルト(Ms)シュトゥットガルト放送声楽アンサンブル女声合唱、
 シュトゥットガルト・エバーハルト=ルートヴィヒ・ギムナジウム児童合唱団、
[2] R. シュトラウス: アルプス交響曲
録音:
[1] 1960年4月7日 シュトゥットガルト、リーダーハレ(ライヴ)
[2] 1955年1月4-7日 シュトゥットガルト、ゼンデザール・ヴィラ・ベルク

=CD 14= モノラル(分売93.152)
[1] モーツァルト: 交響曲 第35番 ニ長調 KV.385 「ハフナー」
[2] 同: 交響曲 第38番 ニ長調 KV.504 「プラハ」
[3] 同: 交響曲 第40番 ト短調 KV.550
[4] 同: コンサートアリア「いいえ、いいえ、あなたにはできません」KV.419
 ルート=マルグレート・ピュッツ(S)
[5] 同: 歌劇 「フィガロの結婚」より、愛の神よ、安らぎを与えたまえ
 エリーザベト・シュヴァルツコプフ(S)
[6] 同: 歌劇 「魔笛」より、なんと美しい絵姿
 フリッツ・ヴンダーリヒ(T)
録音:
[1] [2] 1956年7月4日 ルートヴィヒスブルク(ライヴ)
[3] 1961年5月19日 シュヴェツィンゲン音楽祭(ライヴ)
[4] 1959年4月9日 シュトゥットガルト・リーダーハレ(ライヴ)
[5] 1959年4月6日 [6] 1959年4月12日 シュトゥットガルト、ゼンデザール・ヴィラ・ベルク

=CD 15= モノラル(分売93.153)
[1] モーツァルト: ピアノ協奏曲 第9番 変ホ長調 KV.271 「ジュノーム」
[2] 同: ピアノ協奏曲 第19番 ヘ長調 KV.459
 クララ・ハスキル(P)
録音:
[1] 1952年5月23日 シュトゥットガルト=デゲルロッホ、ヴァルトハイム
[2] 1956年7月4日 ルートヴィヒスブルク城、バロック=テアーター(ライヴ)

=CD 16= モノラル(分売93.154)
[1] レズニチェク: シャミッソーの詩「悲劇的な物語」にもとづくバリトン独唱と大管弦楽のための主題と変奏
 バリー・マクダニエル(Br)
[2] R. シュトラウス: 歌劇 「グントラム」 第1幕前奏曲
[3] プフィッツナー: 劇音楽 「ハイルブロンのケートヒェン」 序曲
[4] レーガー: モーツァルトの主題による変奏曲とフーガ Op.132
 録音:
[1] 1960年2月12日 [2] 1956年3月20日-23日 [3] 1956年1月20日
 以上シュトゥットガルト、ゼンデザール・ヴィラ・ベルク
[4] 1950年11月5日 シュトゥットガルト=デゲルロッホ、ヴァルトハイム(ライヴ)
(収録内容続き2)

=CD 17= モノラル(分売93.155)
[1] シューマン: 「マンフレッド」序曲 Op.115
[2] メンデルスゾーン: 序曲 「静かな海と楽しい航海」 Op.27
[3] シューマン: 序曲、スケルツォとフィナーレ Op.52
[4] メンデルスゾーン: 序曲 「フィンガルの洞窟」 Op.26
[5] 同: 劇音楽 「真夏の夜の夢」より序曲 Op.21、夜想曲 Op.61-7、スケルツォ Op.61-1
録音:
[1] 1960年9月14-15日 シュトゥットガルト
[2] 1961年3月10日 [3] 1954年9月21日 [4] 1955年1月4日 [5] 1954年1月26日
 以上、シュトゥットガルト、ゼンデザール・ヴィラ・ベルク

=CD 18= モノラル(分売93.156)
[1] 「パルシファル」より 第1幕への前奏曲
[2] 「トリスタンとイゾルデ」より 第1幕への前奏曲
[3] 「神々の黄昏」より夜明けとジークフリートのラインへの旅
[4] 「神々の黄昏」よりジークフリートの葬送行進曲
[5] ジークフリート牧歌
[6] 「パルシファル」より聖金曜日の音楽
[7] 「パルシファル」より 第3幕フィナーレ(合唱なし)
録音:
[1] 1966年3月17日 [7] 1966年3月17-19日 シュトゥットガルト、フンクスタジオ・ベルク、ゼンデザールII
[2] 1950年4月29日 シュトゥットガルト=デゲルロッホ、ヴァルトハイム
[3] [4] [5] 1955年9月28日 [6] 1954年9月23日 シュトゥットガルト、ヴィラ・ベルク

=CD 19 & 20= モノラル シリーズ初出
[1] マーラー: 交響曲 第2番 ハ短調 「復活」
 ハンニ・マック=コザック(S)ヘルタ・テッパー(A)
 シュトゥットガルトSWR 声楽アンサンブル、シュトゥットガルト・バッハCho.
[2] ハイドン: 交響曲 第86番 ニ長調 Hob.I-86
録音:
[1] 1958年4月17日 シュトゥットガルト、リーダーハレ
[2] 1954年5月20日 シュトゥットガルト、ゼンデザール・ヴィッラ・ベルク

=DVD= モノラル(分売KDC.9002)
[1] ロルフ・ウンケル監修 「シューリヒト~生涯の肖像」
[2] ストラヴィンスキー: バレエ組曲 「火の鳥」 (1919年版)
[3] モーツァルト: 交響曲 第35番 ニ長調 「ハフナー」より 終楽章
収録: [1] 1957年 [2] 1958年 [3] 1956年
仕様: NTSC/リージョン0/4: 3/字幕:独英仏
 
 
maskball2002さんのブログに、タワーで激安販売中と紹介されていたカール・シューリヒト コレクション。
maskball2002さん、有難うございます!m(__)m
 
シュトゥットガルト放送響との名演の数々が収められたCD20枚に「シューリヒト~生涯の肖像」等のDVD1枚が付いて、この価格4,990円(通常価格:22,250円→17,260円オフ)は激安速攻ポチですね。(^^
 
初出のマーラー「復活」も素晴らしい演奏で、真に魂の高揚の世界が広がります。個人的にはエネルギーが凝縮され、終楽章コーダがビシッと決まっているフランス国立管との演奏を好みますが、これはこれで見事です。
 
今、ハイドンのチェロ協奏曲を聴いていますが、実にニュアンス豊かで深い響きが印象的です。
 
至福の時。
 
暫くシューリヒト三昧で参らせて頂きます♪♪♪
スポンサーサイト



コメント

No title

おはようございます。
早々に聞かれましたね!

私もいくつかの演奏を聞きましたが、やはりシューリヒトの音楽はこころを振るわせるものを持っていますね!
ブルックナーの7番あたり、今のところお気に入りになっていますよ。

No title

マスクさん、お得な情報、有難うございました。
モーツァルトのK.550も、既に持っていた同オケ・同日演奏のCD(archiphon ARC-2.10)より音質が鮮明で、細かいところがよく聴き取れます。良心的なレーベルですね。
ブルックナー7番、これから聴くのが楽しみです♪

No title

私もこのボックス買いました。無作為に最初に聞いたのはブラームスの2番でしたが、出だしから引き込まれるような演奏でした。

No title

こんばんは。
シューリヒトは私も大ファンですが、いい買物をされましたね。
CDはHMVの通販で購入していますが、このセットはタワーレコード店でしか入手できないのですか?
DVDの指揮姿も是非拝見したいものです。

No title

yymoonさん、買われたのですか!
何気に惹き込まれる・・・シューリヒトの演奏って(失礼ながら)BGMにしておいても、ハッとさせられることがよくありますよね。
ブラ2、これから聴くのが楽しみです♪

No title

ゼントさん、このセットはHMVのネットショップにもありました。ただ、お値段が桁違いです。タワレコでこのセットは送料も無料でしたし、超お買い得かと存じます。
DVDの指揮姿~ドレル・ハンドマンの言うところの素晴らしい音楽を生み出す「白い魔法」を目の当たりに出来ますよ♪

No title

先ほどタワーレコードに注文しました。
商品到着を楽しみにしています。
情報ありがとうございました。

No title

ゼントさん、間に合って良かったですね。(^^
私も、maskball2002さんのお陰でタイミングを外さずにゲット出来ました。持つべきは友ですね♪

No title

発売当時に購入しました。
この価格はうらやましいと同時に、心配になりますね。入手できるのもあとわずかなのかも。中でもモーツァルトとハイドン、そしてマーラーはとりわけ見事です。シュトゥットガルトでの最後のコンサートを収めたブラームスの第2は人生の感慨を感じさせる演奏。ブルックナーは他のオーケストラと比べて絶好調とは言えない気もしますが、貴重な第四は彼の解釈を知る上で重要。
音も大変聴きやすく仕上げています。もしも間に合うのなら、絶対のお薦めです。

No title

yositakaさん、貴殿の演奏評に同感です。(^^
モーツァルトのピアノ協奏曲はLP時代から名演の誉れ高いもので、ハイドン、そしてマーラー・・・実に素晴らしいですね♪

気高きシューリヒトの芸術。

No title

すばらしいレコメンド、ありがとうございます!早速注文しました。海賊版で、いくつかは聴いてますが、これほどの量でこの価格とは・・・。たしかに、少し怖いですね~
グレングールドの80枚組をようやく俯瞰したところなのに、またシゴトがふえました(笑)

No title

aun**xさん、グールドを好まれる辺り、クラシックをかなり聴き込まれている様ですね。80枚組とは凄い~。
確かに、この枚数はプレッシャーでもあります。(^^♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ