FC2ブログ

ショパン:ピアノ協奏曲第1番ホ短調作品11

ショパン:ピアノ協奏曲第1番ホ短調作品11
 
ハリーナ・ツェルニー=ステファンスカ、ピアノ
ロルフ・クライネルト指揮
ベルリン放送交響楽団
 
CD・ステレオ・録音:1966年
Disclosure CLASSICS DS0030-2
 

 
ステファンスカは、第4回ショパンコンクールでポーランド人として初めて第1位を獲得した人で、教則本で有名なカール・ツェルニーの直系の子孫になります。
 
ステファンスカ(1922 - 2001)と言えば、同曲の演奏がリパッティのそれと間違われて10年以上も売られていたのは有名な話です。リパッティの演奏だと確認したのは、未亡人のマドレーヌ・リパッティとEMI当時担当のレコーディング・マネージャー、ウォルター・レッグとなれば、お二人共それなりの方なので正に汗顔の至りだったことでしょう。その演奏は、ヴァーツラフ・スメターチェク指揮/チェコ・フィルハーモニー管弦楽団との協演でした。リパッティの方では、バックの演奏家は不詳とされていました。
 
リパッティの同曲は、後に別のテープが発見されました。1950年2月7日チューリッヒ・トーンハレの録音で、オットー・アッカーマン指揮/チューリッヒ・トンハレ管弦楽団と協演しているものです。この録音の信憑性は、リパッティがその時のコンサートで弾いた3曲のアンコールによっても確認されているとのことです。
 
さて、このCD、クライネルトとステファンスカの組み合わせとなれば、聴くしかありません!
 
第1楽章
外連味のない開始で、造形がしっかりとしています。オケの鳴りは深く、曲想にピタリと付けて遊離するところがありません。微妙なアゴーギクが見事に決まり、ちょっとした木管の響きにも隠し味があって、清楚なロマンティシズムにハッとさせられます。
 
ステファンスカのピアノも外連味がなく、ごく自然にショパンの音楽が流れていきます。凛としたタッチ、綺麗な音色が印象的です。過度に感傷的にならず、透明感、純白といったイメージを感じさせる演奏。
 
第2楽章
この楽章はヨゼフ・ホフマンやブライロフスキーの演奏が大のお気に入りですが、このステファンスカもなかなかのものです。ごく控え目に美しい想い出を辿る様に奏されていきます。妙に繊細振らないところも、音楽に安定感を与えていると感じます。
 
第3楽章
軽妙・可憐ですが力強さも秘めたステファンスカのピアノ、クライネルトのサポートも流石です。堂々として立体的な響きが、聴く者の心を豊かにしてくれます。
 
これは、本当に素晴らしい演奏です♪
 
 
クライネルトとステファンスカのショパン・・・花に隠された大砲。
 
 
 
スポンサーサイト



コメント

No title

面白いエピソードが残っているんですね^^
大御所を取り違えるなんて驚きですが、それほど双方素晴らしいということなのでしょう^^
私などはついピアノに集中して聴いてしまうのですが、ショパンの才能の萌芽(・・と言っても20歳でかなりのレベルですが)が感じられていつも胸が打たれます。

No title

mamanさん、大御所の取り違い~双方が素晴らしいという証ですね。
今、こうして天才ショパンの音楽を享受出来ることを感謝したいと思います♪

No title

私はピアノが弾けないので、この曲はオケで参加したことがあります。オケで弾く身には、この曲は決して良い曲ではありません..(^^;;
でも、他人が演奏するのを聴くのであれば、とても素敵な作品ですよね♪

ショパンイヤーの今年、久しぶりにこの曲を聴いてみようかな(^^)

No title

あまでおさん、この作品はオーケストレーションが今一なので指揮者が手を加える~腕の見せ処になっているとか。
>オケで弾く身には、この曲は決して良い曲ではありません・・・
私は弦楽器が弾けないので分かりませんが、弦楽器の扱いにも問題があるのでしょうね。

ショパンイヤーですから、是非、久し振りにお聴きになってみて下さい♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ