FC2ブログ

PCオーディオ(その81)

afplaydropletの音質の素晴らしさ~本当に「あり得へん音が出てくる」んですよね。
 
CDからのストリーミング再生(AIFF変換)にも対応しているので、大変使い易いソフトです。1曲まるごとメインメモリーに読み込んでから再生する方法ですと音質は更にハイクォリティですが、CDからの読み込みにかなり時間が掛かるのが難点です。今の設定・環境で8倍速ですが、30分の曲なら読み込みに4分近く掛かることになります。
 
そこで、ハードディスクに音楽ファイルを蓄えておく(非圧縮AIFF)貌にしてみました。これですと、CDから直接読み込むより断然速いです。肝心なのは音ですが、これが非常に素晴らしい! 通常はストリーミング再生の方が音が良いのですが、afplaydropletの場合(特に1曲まるごとメインメモリーに読み込んでから再生する場合)、ハードディスクに一旦蓄えて(リッピングして)から読み込んだ方が音が良いことが分かりました。
 
超低域がしっかりとしていて非常に安定感のあるピラミッド・バランス、しかもトランジェントに優れていてシンバルの音など真に生の響きです。音場は立体的で見通しが良く、個々の楽器や声に伸びやかさがあります。オケのパートが幾つも重なった時の音の厚み・ボリューム感の増大がとてもリアルに再現されます。これだけの音が出れば、本当に満足してしまいます。拙宅の音量は半端じゃないので、ハードディスクの方がCDドライブより振動の影響を受けにくいこともプラスに作用している模様です。
 
喜び勇んでCDをどんどんハードディスクに取り込んでいくと、すぐにMacbookのハードディスクが一杯になってしまいました。これでは困るので、外付けハードディスクを増設することにしました。
 
LaCie 3.5インチ 外付ハードディスク LCH-2Dシリーズ 1TB
eSATA 3Gb/s、FireWire 800、FireWire 400、USB 2.0 対応
 
 

 《能書》
■デザイナー名:Neil Poulton ■4種類のインタフェースに対応しています。eSATA 3Gb/s、FireWire 800、FireWire 400、USB 2.0 を搭載したハードディスクは、MacとWindowsの両方のユーザーにご利用いただけます。 ■Neil Poulton が特別にデザインした独自の頑丈なアルミヒートシンクボディは、ファンレスで熱を分散する設計により、静音動作を実現し優れた信頼性を確保しています。 ■FireWire800が2ポートあるので、デイジーチェーン接続が可能です。 ■多彩なインターフェースを持っています。Mac や Windows で最大限の互換性を確保できます。(eSATA、FireWire 400/800、Hi-Speed USB 2.0) ■電源連動機能はパソコンの起動・終了やスリープモードに対応して自動的に電源をON/OFFする便利な機能です。一度接続してしまえば、電源スイッチを操作することなく使用することができます。 ■初期設定時にはLaCie Setup Ass
istantのカスタマイズ機能によって、OSに合った最適なフォーマットを選ぶことができます。 ■EUの「RoHS指令(電気・電子機器に対する特定有害物質の使用制限)」に準拠
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 FireWire 400接続でこれを使用します。流石フランスのデザイナーで垢抜けしていますね。機能もきちんと押さえてあります。今日、配達される予定なので楽しみです♪ 電源は、例によって金田式で自作しようと思っております。
 
スポンサーサイト



コメント

No title

さすがフランスのデザイナー(?)、感じの良いデザインですね。
ハードディスクへのリッピングは、私の場合、音質もさることながらその利便性に抗し難い魅力があり、この1年間、暇を見つけてはせっせと行っております。CD1,000枚分ぐらいはハードディスクに落とせたと思うのですが、問題はハードディスクの寿命は短いということなんですよね。いつの日か、またリッピングをやり直さなければならない日が来ると思うと……。

No title

ハルコウさん、この製品はネットで偶然見つけたのです。
実際、現物を手にしてみるとフロントパネルが肉厚のアルミ製でシャーシー(放熱器兼用)もアルミ製でしっかりと作り込まれています。機能も◎ですし動作音も静か、これは掘り出し物でした!(^^
リッピングはなかなか大変ですよね。ネットから楽曲情報をダウンロードしつつ、違うところを直して・・・なんてやっていると結構時間が掛かります。
ハードディスクの寿命には困ったもので、壊れる前にバックアップを取っておくしかないです。Orz

No title

こんにちは
一体 どこまで音楽の幅は広がるんでしょうか?
無限ですね~!(^。^;)
金田式?自作物 増えますね。

No title

む~ちゃんさん、本当に音楽の幅=PCオーディオの可能性はどんどん広がっていますね。
自作は手間が掛かりますが、電源のファクターは非常に大きいので、きちんと金田式で作ろうと思っております。(^^

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ