FC2ブログ

マルグリット・ロンのKV488


 
MOZART :
 
1. Violin Concerto No.5 in A (K.219): I. Allegro Aperto
2. Violin Concerto No.5 in A (K.219): II. Adagio
3. Violin Concerto No.5 in A (K.219): III. Rondo: Tempo Di Minuetto
Jacques Thibaud, violin
Charles Münch, conductor
The Orchestre de la Societe du Conservatoire
recorded on 6/1/1941
 
4. Violin Sonata No.35 in A (K.526): I. Allegro Moderato
5. Violin Sonata No.35 in A (K.526): II. Andante
6. Violin Sonata No.35 in A (K.526): III. Rondo: Allegro
Jacques Thibaud, violin
Marguerite Long, piano
recorded on 12/7/1943

7. Piano Concerto No.23 in A (K.488): I. Allegro
8. Piano Concerto No.23 in A (K.488): II. Adagio
9. Piano Concerto No.23 in A (K.488): III. Allegro Assai
Marguerite Long, piano
Philippe Gaubert, conductor
The Orchestre Symphonique (de Paris)
recorded on 1935

10. Piano Concerto No.21 in C (K.467): Andante
arrengement for violin and piano by Camille Saint-Saens
Jacques Thibaud, violin
Tasso Janopoulo, piano 
recorded on 24/4/1930
 
CD・モノラル
 
Biddulph Recordings LAB114
 
 
モーツァルト:ピアノ協奏曲第23番KV488、私の大のお気に入りですので、幾つも異演盤を持っております。
その中でも、このマルグリット・ロンの演奏はとても印象的なものです。
時に恣意的であるとか批判を受けることがあるロンの演奏ですが、私にはきちんと客観も持った上で自己の解釈を表現していると感じられます。このテンポ・ルバート!こういうのもありなんだという目から鱗の演奏なのです。
 
第1楽章
楚々とした優美さ、弧を描きつつ上下に流れるように奏される旋律達、丸みを帯びた真珠の様なタッチ、トリル一つとっても内なる輝きに満ちています。
カデンツァはロンのオリジナルで、モーツァルトに対するロンの考え方がよく伝わってきます・・・このロマンティシズムが堪えられません。ワルター弾き振りのKV466、そのワルターのオリジナル版カデンツァをふと思い出してしまいました・・・儚くも美しいロマンの影。
バックのサポートもロンのピアノを生かしています。時折掛かるポルタメントが憧憬を切々と語って止みません。旧いスタイルとの一言では片付けられないものだと感じます。
 
第2楽章
暗く沈み過ぎない、抑制されたピアノ。過去の想い出を辿る様なモノローグの世界。背後の静けさが、音楽の一部になっているところが凄いです。
 
第3楽章
曲想に合わせて刻々と変化するピアノ、そのテンポ・ルバートの妙。決して嫌らしくならない自然さがあります。底流にあるのは、第1楽章から続く楚々とした優美さ。一方、オケはフランスならではの馨しさがあって、実に良い雰囲気が醸し出されています。
 
 
時代を超えた輝き・・・ロンのKV488。
 
スポンサーサイト



コメント

No title

ティボーのほうは、偽作の第6番の協奏曲(KV268)をよく聴きましたが、ロンの23番はたぶん聴いたことがないと思います。

一度聴いてみたいものですね♪

No title

あまでおさん、ティボーの演奏スタイルは旧いですが、なかなか得難い魅力がありますね。
ロンの23番、ネットのタワレコにある様です。
http://tower.jp/item/21084/Mozart:-Violin-Concerto-no-5,-etc---Thibaud,-Long
ご散財にはならないと思いますが・・・。(^^ゞ

No title

ご紹介ありがとうございます。アマゾンをみて、高いなあ..と思っていたのですが、意外に安いですね...迷います(^^;

No title

あまでおさん、畏れ入ります。
ネットのタワレコでしたら、ついでがあればお安くゲット出来ますね。ロンの演奏は、KV488の魅力を更めて味わわせてくれますよ♪

No title

こんにちは♪

このCDは興味ありますね
K488は勿論ですがK526のヴァイオリン・ソナタを聴いてみたいです

No title

プードルふぁんさん、それはそれは。
是非、お聴きになってみて下さい。感想をお聞かせ頂けましたら幸いです。(^^

No title

美味しいワインの評価を聞いているようです・・・。(´-`*)

No title

たかあきさん、畏れ入ります。
ワインの方は、専ら超廉価志向です。(^^ゞ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ