FC2ブログ

アキュフェーズDP-75→Wadia Digilink40→Wadia DMX-32(その2)

アキュフェーズDP-75→Wadia Digilink40→Wadia DMX-32(その1)の続きです。
 
遂にFIDELIXの中川氏から20ppmの水晶発振子が送られてきました。
PureRhythm1に装着して、早速、DP-75にインストール。
 

 

 
どうせやるならと、トランスもPlitronとし、ブリッジは定番のA&R Lab FCH10A15・FRH10A15、平滑コンデンサーはニチコンKZの5パラで勿論CPMも入れ、+5V電源には金田式DACのレギュレーターを導入しました。写真ではPureRhythm1の電源入力がHigh Voltage側になっていますが、この後、Low Voltage側に繋ぎ替えています。
 
金田式電源基板の写真手前でPureRhythm1を覆っている黒い筒状の物は、熱収縮チューブに電波吸収テープを貼り付けた物です。ちょっと隙間が出来るので、ドライカーボンの薄板を2枚両面テープで接着し外側を絶縁テフロンテープで巻いた上で、PureRhythm1の裏側に重ねて一緒に差し込んであります。
 
PureRhythmの基板に直接両面テープを貼って固定すると、強力に貼り付いてしまって剥がす際に基板を傷める虞があります。そこで、いつも私はこの熱収縮チューブ方式としております。
 

 
一番苦労したのが、トランスの固定方法です。DP-75のDAC基板の裏にスペースがあるのでここを間借りすることにしました。オリジナル・シャーシーに穴を開けるのはどうしても嫌なので、DAC基板の固定用ネジを長い物に入替えて裏から金具でトランスを固定しようと試みましたが、このネジのピッチが特殊でうまく噛み合う物がなく、仕方なく諦めました。それではと既存の基板とシャーシー側の固定用台座の間にトランスの金具を挟み込み、既存のネジで締め付けてやりました。コンマ数ミリ、ほんの少し基板が撓みますが気にしないことにします。基板のランドとの距離がギリギリですので、ショート等には注意を払う必要があります。
 
さて出来上がり。
きちんとWadiaと同期クロックがロックしています。問題なく動作中。万万歳!!!
 
暫しエージング・タイムです。苦節半年!?の成果がここに。
FIDELIX初代超低ジッタークロック&COSEL・DC/DCコンバーター(電源はDP-75の安定化電源から拝借)の音は、本当に見事なものでした。
立体的で瑞々しい。アナログの音が聴こえてくる・・・ニュアンスの豊かさは特筆に値します。
 
今回のものは更に電源を強化していますし、スイッチング電源のCOSELを外した効果も期待出来るでしょう♪
 
スポンサーサイト



コメント

No title

段々深みにはまって、どうなるのでしょうか。
次のを結果を、楽しみにしています。

No title

smart3158さん、段々深みに嵌って~愈々大変なことに。(^^ゞ
メーカー製の物に手を加える場合、元に戻せることを前提にしてやっております。そうすると更にいろいろ工夫しないといけなくなり、時間がやたらと掛かることになってしまいます。

No title

一層会社設立したほうがいいかも!?(^。^;)
なんか新しいもの作ってくれそうです。

No title

む~ちゃんさん、厭くまで趣味の範疇なので会社は作れませんよ。(笑)
新しいものと言えば~FIDELIXの中川氏は、新たな優れモノを次々と開発されています。目の付け処・アイデアが素晴らしい方だと思います。

No title

Kapellさん、
中川さん近じかオペアンプを出す予定だそうです、もうご存知ですね
最近L-D1に低ジッタクロックの載せて聴いていますが、何が違うて、アダルトぽいと言うか、パイオニアのPD-T07Aでは感じなかった、雰囲気を味わています、私もクロック専用電源にしようかな。

No title

凄いですね~~え!DP-75をここまでやる人は少ないでしょう!

くま

No title

ウッドさん、中川さんのオペアンプとは・・・
http://www.fidelix.jp/technology/OP%20Amp.html
これですね。(^^
L-D1、興味深いです。クロック専用電源はノイズ(ジッター)対策からも重要かと存じます。

No title

くまさん、やり過ぎかも~です。
しかし、実はまだやろうとしていることがあるのです。(^^ゞ

No title

Kapell様
今晩は。「立体的で瑞々しい。アナログの音」というお言葉は、まさに優れたアナログの真髄を表現されていると思います。それにしても、とかく無機的と言われるアキュフェーズ(私自身は、必ずしもそう思ってはいないのですが)から、そのような音を作り出されるKapell様の力量に感服いたしました。Kapell様の知識、経験、技術、そしてセンスによるものでしょう。私まで嬉しくなる御記事でした。

No title

リラ1890様
お褒め頂いて恐縮です。
いえいえ、私の力量など知れたものです。(^^ゞ
拘りの虫が疼いてくると、ハンダ鏝を握らずにはいられません。
音楽のニュアンスが豊かに再生された瞬間が病み付きになります♪

No title

Kapellさんの情報を元に、2種類のレギュレーター購入しました。近々、付け替えてみます。ありがとう御座いました。
クロックはルビやGPS等、色々弄っていますが 結局は「電源の音を聴く」ということに結論づけました。

No title

dora_maru1さん、いいえ、どう致しまして。
仰る通り、クロックは電源次第ですね。発振器や電源のノイズがジッターに化けてしまいます。水晶の精度は音程に関係するだけで、あまり音質には関係がない様ですね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ