FC2ブログ

ライトナーのブルックナー(その3)


 
ブルックナー:交響曲第9番ニ短調
フェルディナント・ライトナー(指揮)
シュトゥットガルト放送交響楽団
 
CD・ステレオ・録音:1983年11月14日、リーダーハレ、シュトゥットガルト
hänssler CD93.052
 
ライトナーのブルックナーの素晴らしさは、第6、第7と聴き進んできて愈々思い知らされるところとなりました。
そうなると、第9への期待は弥が上にも高まります。
米国アマゾンに在庫があったので速攻で注文、待つこと10日間ほどで入手出来ました。

第1楽章
第1主題のダイナミクスの取り方は真に圧巻。第1主題がこれほど雄大に奏された例を他に知りません。それでいて響きそのものにライトナーならではの透明感が一貫しています。オケは全力でライトナーの指揮に応えています。自在なテンポ・ルバート、木管のフレーズ一つに付けられたスフォルツァンドにも深い意味が籠められ、
各パートやパッセージを構築的に展開し、実に立体的な音楽が響きます。
恐るべき厳しさの中に永遠が語られていくことに気付くのです。もうこれは異次元の音楽!

第2楽章
テンポ・バランス共に中庸でいて、オケの鳴りが深いところが並みではありません。渦を巻きながら集中と拡散を繰り返す、時に壮絶なる響きの嵐。しかし、決して自分を見失うことがないのです。呼吸を戻すさり気なさの中にも名匠ライトナーを実感させる楽章です。
 
第3楽章
響きの背後に、実に広大なる透明・清澄が存在します。厳格な意志の力が抑制と解放をコントロールしつつ、深遠の世界を描き出す様は真に感動的です。ライトナーはどこまでも冷静な目で楽曲を見つめているのです。
音楽の流れそのものに思索と瞑想が感じられ、トゥッティでは壮絶なまでの高揚感が齎されます。弱音部もきちんと彫琢され、表現が美しいのもライトナーの特徴でしょう。
終結部ホルンのテヌート後の静寂がこれほど深く胸に迫る演奏は、滅多に聴けるものではありません。
 
個人的にこの演奏は、ヴァント/ミュンヘン・フィルのライブ盤(sardana SACD-105/6)、シューリヒト/ウィーン・フィルに並ぶ超名演と思います。音量の大きい部分でやや歪が感じられ、録音状態は必ずしも良くないですが、鑑賞には支障がないレベルと思います。
スポンサーサイト



コメント

No title

やはり、8番をライトナーの演奏で聞いて見たいものですね!
9番ではオイゲン・ヨッフムとミュンヘン・フィルの1983年の演奏もまた見事なものでした。

No title

ヴァントのsardanaCDの演奏は絶品ですが、それに匹敵する程の名演ですか?
私にとって第9番は特別な位置づけの交響曲ですから、名演で楽しみたいです。
「ライトナー」、私も入手しようと思います。

No title

maskball2002さん、仰る通りですね。
8番を聴いてみたい~どこかに録音があるはずですが・・・。
ヨッフム/ミュンヘン・フィルの9番、私の手許にある録音は87年1月ライブのものですが、83年もあるのでしょうか?

No title

Junozaさん、ライトナーも聴いてみて下さい。
ヴァントのsardanaCDに匹敵すると思います。ライトナーがこんなに凄い指揮者だったとは! 私もつい最近知ったのです。

No title

83年のミュンヘン・フィルとの9番はヘルクレスザール(ステレオ)のライブ録音で、WEITBLICKから発売されています。

http://www.hmv.co.jp/product/detail/2594613(HMVのサイト)

まだ聞かれていないのであれば、1聴してみることをお薦めいたします。ヴァント&ミュンヘン・フィルと双璧の名演です。

No title

maskball2002さん、今、HMVのお気に入りリストを見たらそのCDが入ったままになっていました。以前に買おうと思ってそのままになっていたのでした。(^^ゞ
恐らく後年87年の解釈と似ているのでしょうね?

No title

私はこの演奏をヨッフムベストの9番に挙げています。
ブルックナー・ファンであれば必聴の演奏の一つかと思われますが!!

私のブログでブルックナーの9番を記事にしています、よろしければ訪問してみてくださいね。(「交響曲」書庫)
http://blogs.yahoo.co.jp/maskball2002/57320255.html

No title

ところで、私が確認したところ87年のミュンヘン・フィルとの演奏を見つけ出すことができません。

はてさて、海賊盤の類でしょうか??

No title

maskball2002さん、海賊版のMEMORIES EXELLENCE ME1057/60です。
危ない系レーベルとは言え、第3楽章の終結部近くのトゥッティは並々ならぬ演奏と勝手に思っていたものです。
もしかして同一の演奏かも?

No title

私もこのライトナー盤は力強さと繊細さを兼ね備えた素晴らしい演奏だと思います。
残念ながらヴァント盤,ヨッフム盤ともに未聴ですが,私の場合,61年のシューリヒト/ウィーン・フィル,75年のカラヤン/ベルリン・フィルのスタジオ録音に次ぐ演奏と位置づけています。

No title

ヨッフムの9番には、64年のベルリン・フィル(旧全集のもの)、77年のベルリン・フィル(未聴)、78年のドレシデン国立(新全集)、そして83年のミュンヘン・フィルとの録音があるようです。

このディスコグラフィーから察するに、83年のミュンヘン・フィルとの演奏の可能性が高いと思われますが、実際にCDを所有しているわけではないので、断定はできません。

No title

あおぞらさん、9番は畏怖すら感じる名曲ですね。未完成なのが本当に痛恨です。
なるほど、シューリヒト/ウィーン・フィル(61年)をトップにですか、そのお気持ちも分かります。
カラヤン/ベルリン・フィル(75年)は「鳥の翼」ジャケットのLPでしたよね。

No title

maskball2002さん、有難うございます。
海賊盤のクレジットはいい加減ですね~。テンポや表現の感じからすると、80年代の可能性が高いと思われます。WEITBLICKの正規盤を買うしかないです。(^^ゞ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ