FC2ブログ

金田式バッテリードライブ多機能DCプリアンプ(その2)

DCアンプシリーズ No.210
金田式バッテリードライブ多機能プリアンプ~フォノイコライザーアンプのみ製作
 

 
前回、進工業のプレート抵抗が入手出来ない部分はリケノームを使うと申し上げましたが、FIDELIXの中川氏がCAPRICE(DAC/プリアンプ)に採用しているPRPのメタルフィルム抵抗を急遽導入することと致しました。
milonさん、情報有難うございます!
 
 
特筆すべき低ノイズの抵抗で、音質も定評があるとのこと。これはきっと金田式にも相性ピッタリでしょう。(^^
スポンサーサイト



コメント

No title

ほう!これはいいかもしれないですね!
アンプは抵抗のメーカーによって随分音が変わりますからね~~え!

くま

No title

くまさん、コンデンサーもそうですが、抵抗も音は激変しますね!
抵抗がノイズの原因になることがあって、「抵抗」という期待した機能以外の余計な部分が実に厄介です。

No title

早速アンプの製作に採用されるのですね。シンコーのタンタル抵抗も非磁性でしたが、このPRP抵抗も非磁性、中川さんの原音比較テストで出た結果なので磁性体の音との差は明確にあるようですね。

No title

milonさん、畏れ入ります。
中川さんの原音比較テストでの結果を踏まえてですか。
愈々、期待は高まりますね。(^^
磁性体の音は一聴すると切れ込みは良くなる様に聴こえますが、音が暗く表現がワンパターンになりがちかと思われます。

ただ鉄シャーシーでも音の良いアンプがありますし、金田式でも名器と言われるTrが見事に磁石にくっ付いたり、鉄とは言えある程度以上の厚みがあると影響の度合いが少なくなる気も致します。しかし、謎ですね・・・。

No title

抵抗でそんに音が違う物なんですね、
ケーブルによる音に違いを認識する時代ですから
電子素子は全て音に変化をもたらすんでしょうね。

No title

ウッドさん、抵抗は物凄く変わりますよ。
トランジスター等やコンデンサーもそうですが、音質を決める重要な要素です。
ケーブル、シャーシー、スタビライザーに至るまで音に影響するものはきりがありません。(^^ゞ

No title

おはようござい。

私もこの抵抗が欲しくて探してきました、「Garrettaudio」を
ご存知ですか、真空管アンプ主体の部品屋さんですが、ここに
ありました、1/2Wが100円で1/4Wが50円でした、到着したら
固定抵抗器に使って見ます。

No title

ウッドさん、
お早うございます。
「Garrettaudio」は存じませんでした。
円高ですので、PRP1/2Wを15本以上買われる場合は、送料を含めても、記事にURLを載せたカナダのPARTS CONNEXIONで購入されるとお得かと思われます。抵抗値の品揃えも一番豊富な様です。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ