FC2ブログ

ESOTERIC P-10のクロック換装 (その1)

ESOTERIC P-10のクロックをFIDELIX PureRhythm2に換装します。
ただ換装したのでは片手落ちなので、電源関係もグレードアップしておきましょう。
 
1.クロックをFIDELIX PureRhythm2に換装。
2.ダイオードブリッジをA&R LabのショットキーバリアダイオードFCH140A15・FRH10A15に交換。
3.三端子レギュレーター7805・7905・7815・7915をFIDELIXのオーディオ用超低ノイズタイプに交換。
4.PureRhythm2の電源に金田式+5Vレギュレーターを導入。
 

1.既存の水晶発振子をPureRhythm2に換装。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2.ダイオードブリッジ交換ですが、リードが交錯して工作が大変でした。洒落?(^_^;)
 
小型ヒューズも一応外してソケットと共に磨きを掛けておきました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

3.±5VラインをFIDELIX超低ノイズ三端子レギュレーターに交換したところ。
±15Vラインも同様に交換しました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

4.金田式+5Vレギュレーターですが、5.6Ω等の抵抗が注文中でまだ実装されていません。
 
進工業のプレート抵抗がない場合は、迷わずPRPの金属皮膜抵抗を使用するつもりです。PRPは金田式にも相性バッチリと思います!♪
 
 
 
 
 
 
 
 
 

金田式指定のトランジスタではない物が見えますよね。
 
中央右のC984はC1775では面白くないので実験的に採用した物です。これは金田石ですが、その左のSANYO B405は金田石ではありません。何と往年のゲルマニウム・トランジスター。いつか使ってやろうと思っていて、遂にここでA872の代打で起用となりました。(しかし、B405は回路が不安定になる為、後日、別の石に交換)
C984の右後ろに見えるのは、C943です。友情出演?
何か発振しそうな予感も・・・。
 

オリジナルから外した部品。
 
岩崎弥太郎さんも何気に。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
金田式レギュレーターの置き場所に暫し考え込みましたが、既存の基板に固定用の穴1箇所を開けて対処することにしました。メーカー製品に穴を開けるのは気が引けるのですが、綺麗に開ければいいでしょう?(^^ゞ
 
クロック系の電源トランスも独立させると更に良いでしょうが、ここでは従来の電源から拝借することにします。
 
数日で抵抗等が到着するでしょうから、今度の週末には音が聴けそうです♪
普段PCオーディオで使用している金田式DACに繋いで、PCオーディオと音質を比較するのも一興かと。
スポンサーサイト



コメント

No title

こんばんは。

これは楽しみですね、FIDELIX超低ノイズ三端子レギュレーター
欲しいですね、これは2個で足りるのですか、全て同時に改造すると
どれが効果があるのか分からなくなるので、私はゆっくりやります
でもKapellさんの音出し楽しみにしています。

No title

FIDELIX超低ノイズ三端子レギュレーターは合計4個必要です。+5V・-5V・+15V・-15Vの4個になります。
効果を確かめながらというのも大切ですね。今回の私は一気呵成モードになっております。(笑)
金田式レギュレーターを使わずとも、FIDELIX超低ノイズ三端子レギュレーターの+5V出力を直接PureRhythmに繋ぐ手もありますので、試してみるのも音質チェックにいいですね。

No title

ほう!クマもエソのDV50使っていますが、参考になるかな?
音が楽しみですね!

くま

No title

くまさん、エソお使いですか!
弄り出すときりがないので、ほどほどにしております。
既にほどほどを過ぎてますか・・・(^_^;)
今週末の音出しが楽しみです♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ