FC2ブログ

ESOTERIC P-10のクロック換装 (その2)

ESOTERIC P-10のクロックをFIDELIX PureRhythm2に換装。
電源関係もグレードアップ。
 

金田式+5Vレギュレーターですが、5.6Ω等の抵抗が到着しましたので取り付けました。
 
進工業のプレート抵抗が入手出来ない場合は、PRPの金属皮膜抵抗を使用しています。
 
A872の代役だったB405というゲルマニウム・トランジスターは、回路が不安定になり出力電圧が挙動不審になるので、今回は中止とし、代わりにA725を起用しました。
 
 
 
 

P-10の基板上に載せたところ。
 
この様に斜めに固定しないと、トランスポートのメカ等と接触してしまって具合が悪いです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
換装完了。
ということで、動作確認をして焦りました。CDを読み込まないのです。
 
暫し調査して原因を突き止めました。2N3741のケース(コレクター)がシャーシーに微妙に接触していたのです。
金田式+5Vレギュレーターを上の写真の様に斜めに固定することで事なきを得ました。P-10の基板はシャーシー裏からアクセスしなければならない上、1枚基板なので表面の出っ張りがどこと接触するか分かり難いときています。
 
さて、金田式DACで聴いてみると・・・何とノイズだらけで音楽は朧げに聴こえるだけ。FIDELIX PureRhythmは波形が急峻で方形波に近い為、DACによってはロックしないというトラブルが生じます。Wadia DMX-32でも同様の現象が生じましたが、水晶発振子に20ppm品(通常は100ppm品)を使うことで解決出来たのです。クロックが方形波(理想)に近づくと、クロック周波数ズレの許容範囲が狭まってしまうという現象です。金田式に使用されているDAIのCS8416がそうなるとは意外でした。
 
それならと、PSオーディオのDACに繋いでみると、見事、音が出ます。ホッと一安心。(^^ゞ
 
さて、これで本当に大丈夫。
暫しCDを入れてエージング・タイム。まだエージング不足ですが、静寂のキャンバスに深い響きが聴かれます。
スポンサーサイト



コメント

No title

なかなか難しい作業ですね~~え!

くま

No title

くまさん、なかなか難しいです。
そのままクロック換装ですんなりいかないこともあるので厄介ですが、勉強にもなりますね。壁に突き当たった時は苦しいですが、解決する喜びには替え難いものがあります。(^^

No title

こんにちは、

>解決する喜びには替え難いものがあります、
そうなんですよね、クロック周りはノイズが乗ったり
モーターが回りださない時も有りますから、成功すると
喜びも大きいですね。

No title

ウッドさん、クロックの波形と周波数ズレがロックしない原因と分かるまでに半年掛かりました。その際、FIDELIXの中川さんにも大変お世話になりました。
このアハ体験は貴重です♪

No title

こんばんは、

先ほど簡易的に低ジッタクロックを取り付けてみましたが、
動作が不安定で認識したりしなかったり、
又元に戻しました。

No title

ウッドさん、動作が不安定なのは水晶振動子の周波数ズレとクロック波形が原因ではないでしょうか。周波数ズレは通常では問題とならないレベルでも、波形が方形波(理想)に近づくとロックしない(ロックが不安定になる)という現象が生じることがあります。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ