FC2ブログ

年末の第9


 
今年の第9は、リリング/N響にしました。
リリングと言えばバッハが思い浮かびますが、ここでは意外にもベートーヴェン。
 
一体どんなベートーヴェンになるのでしょう?
「古典派やロマン派の管弦楽伴奏つき合唱曲の専門家としても評価が高い」そうで、期待は高まります!♪
 
皆さんは、どちらのコンサートに行かれますか?
自宅のステレオで往年の名演奏をゆったりと~もありですね。(^^
スポンサーサイト



コメント

No title

う~む、私の場合は年末もモーツァルトなので..(笑)

今日はモーツァルトの命日でしたが、今年はレクイエムは止めて別の曲にしました..。

No title

あまでおさん、年末もモーツァルトですね。(^^

12月5日はモーツァルトの命日~私もレクイエム以外の曲を聴いてみようかな♪

No title

年末の第九のコンサートには行った記憶がない(笑
CDのクレンペラーの1957年ライブ一択で聴きます^^

No title

年末の第九はデュトワがN響の音楽監督をやっていたときに聴いたのが最後だったような記憶です。
個人的には、リリングはロ短調ミサなどのイメージが強いのですが、どんな感じになるのか楽しみですね。

No title

N響の第九としては、ケーゲル以来の注目組み合わせと言えましょうか・・・
リリングはもう四半世紀近く前、NHKホールで「マタイ」を聴きました。記憶不確かですが、アーリン・オジェー(S)の第49曲、ユリア・ハマリ(A)の第47曲の名唱にも支えられ大変誠実な演奏でした。リヒターあたりと比較して「微温的」と評する向きもありますが、実演はまた格別なものが有りました。
年末は「第九」といわず、大晦日の巨匠マゼールによる全9曲連続演奏会(文化会館)!と行きたいところですが、小ホールでの古典Qほか3団体によるラズモフスキー3曲+後期6曲(大フーガを1曲とカウント)でまったりしたいかな?

No title

ひろちんさん、私も数年前までは年末の第9には殆ど行くことがなかったのです。
友人の影響ですが、生の第9もいいものです♪
クレンペラーの往年の名演も聴きたくなりますね。(^^

No title

yymoonさん、リリングのバッハ・イメージが第9でどう変容するか、本当に楽しみです。(^^
合唱の扱いが上手い指揮者となれば、終楽章への期待が高まります♪

No title

damaterraさん、そうですかケーゲル以来の注目とは!
リリングの第9と聞いて、「えっ?」という感じで思わず行くことにしてしまったのでした。(^^
リリングにとっても、N響にとっても、記念碑的な名演になることを大いに期待しております♪

No title

いよいよ今年も終わりになりますね。
2010年はどんな年でしたか・・? 何て思いながら聴く第九は、本当に素晴らしい音楽ですね。
リリング&N響のコンサートは明日ですね♪
是非感動して来てくださいっ!!
やはり、宗教音楽をたくさん手掛けてきた指揮者ですから、合唱の第4楽章に期待が行くでしょう。または天国的な第3楽章も楽しみですね。
では、またご感想を待っております。

No title

Junozaさん、一年も早いものですね。
2010年、まずまずの年でしたでしょうか・・・。来年への期待を籠めてリリング&N響の第9を聴いてみます。(^^♪
合唱曲が得意というリリングですから、仰る通り第4楽章が白眉かと思われます!! また感想を書かせて頂きますので、ご訪問下されば幸いです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ