FC2ブログ

アキュフェーズDP-75のクロック換装(その1)

アキュフェーズDP-75の水晶発振子には16.9344MHz以外にサンプリングレート・コンバーター用に12.2880MHzが積んであります。前者は拙ブログの記事「アキュフェーズDP-75→Wadia Digilink40→Wadia DMX-32(その1~その3)」で換装しました。後者はサンプリング周波数48KHzの場合に使用する物ですが、DP-75はアナログ出力の方も48KHzにアップサンプリングしてからD/A変換しています。
 
この際、アナログ出力もきちんとしておこうということで、ここもPureRhythm2に換装することにしました。
PureRhythm2も+5V金田式レギュレーターも何故か手許にあるので~と言うか、相性問題?でエソテリックP-10で使えなかった物を起用しただけです。(^^ゞ
 
因みにPureRhythm2に載せた水晶発振子は、40ppm精度の選別品としてあります。
 

 
下はPureRhythm1と2が並んだ図。熱収縮チューブで覆った上、電波吸収テープを貼り付けてあります。夫々に金田式レギュレーターを使用し、Plitronのトロイダルトランス(基板裏に設置)から本体とは別に電源を供給しています。整流はA&R LabのSBD、平滑コンデンサーは金田式御用達のニチケミ。
 

 
ここまでやるかという感じですが、やってしまいました。(^_^;)
 
デフォルトの+5V系電源に三端子レギュレーターμPC2405が使われていますので、これも近々FIDELIXのオーディオ用低ノイズ・低インピーダンス三端子レギュレーターに交換の予定です。
 
 
デジタルも電源には気を遣わなければなりません。ノイズはジッターの原因になりますので、徹底的に排除すべきです。
スポンサーサイト



コメント

No title

凄いですね~~え!
ここまでやると、別物のDP-75になるんでしょうね!

くま

No title

くまさん、やり過ぎかも~です。(^^ゞ
DP-75は元々物量を投入してある製品なので、グレードアップには敏感に反応します。しかし、クロック&電源は効きますね!

No title

こんにちは

徹底してますね、私の興味は
>低ノイズ・低インピーダンス三端子レギュレーター
やはりこれですね、これに換えた時の効果を教えて下さい。

No title

ウッドさん、こんばんは。

FIDELIXの三端子レギュレーターへのご興味は津々として尽きませんね。(^^ エソテリックP-10でも使用しましたが、クリアで情報量が多く、空間にストレスなく響きが広がるイメージです♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Kapell

Author:Kapell
音楽は心のオアシス
オーディオは音楽の為に

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ